1989/01/12-15 ホテル加宝で本を読みながら、だらだらと過ごしていたら、ビデオの情報が入って、もう1週間泊まると決意する

【ホテル加宝の部屋】
1989/01/12

昨日借りていた泡坂妻夫の本を2冊読了して、森村誠一の忠臣蔵に取り掛かる。
ジャパニーズビレッジプラザの書店で、ロサンゼルスの絵葉書を10枚買った。

何をするかというと、年賀状を出そうというわけだ。
海外からの年賀状は、日本の年賀葉書だとしても、日本では年賀状として取り扱われない(少なくともこの時代まではそうだった)。

海外からの絵葉書に「年賀状」と赤く書いても、日本では普通の郵便物として配達される。
年賀状と書いた絵葉書が、新年になる前に到着したら、これは間抜けだ。

だから海外から年賀状を出すならば、ゼッタイに年内に届かないように、出さなければならない。
1月半ばに出せば、まず間違いなく新年に届くからね。

というのはもちろん屁理屈で、ただ面倒で延ばしていただけだ。
ホテル加宝に泊まっていると、肉体も精神も、ダラーンとしている。

年賀状を書き始めたが、8枚書いたら疲れてしまった。
あとは、明日書こうっと♪

でもこれでは、1日何もしてないみたいなものだ。
数日前にヤオハンでチェックしていた目覚まし時計を買った(15ドル80セント)。

1989/01/13 

日米文化会館の図書館へ行って、読み終えた本を返却した。
さらに本を3冊借りてきた。

その3冊をベッドに横になってひたすら読む。
3冊を1日で読み終えた。

1989/01/14

残っていた年賀状を書いた。
結局15枚の年賀状を書いたことになる。

そのあと、また図書館へ行って、3冊借りた。
そのうち2冊を読み終えた。

海外旅行の準備として、ヤオハンで正露丸($6.50)、バンドエイド($1.99)と抗生剤入りの軟膏($3.89)を買う。

1989/01/15 Sunday

ホテル加宝のロビーでだらーっとしていた。
すると、リトル東京の高野山別院で天皇陛下のために祈る場所があるとか。

ロビーにいた人間に声をかけて、一緒に祈りに出かけた。
祈るとキモチがいいね。

さて、昨日書いた年賀状を出さなければならない。
切手は買ってあったので、絵葉書に貼って、ポストに入れた。

いろいろ話を聞くと、ホテル加宝にはビデオ放映装置があるとのことだ。
ホテル加宝のフロントにビデオデッキがあって、1回1ドルを払うと、部屋のテレビにビデオを流してくれるとのこと。

そのビデオはどうするかというとだね。
リトル東京にはレンタルビデオ屋がある。

つまり、レンタルビデオ屋からビデオを借りてくる。
それをホテル加宝のオフィスで手渡して、1ドルを払えば、自分の部屋でビデオが見れるというわけだ。

リトル東京のレンタルビデオ屋の品揃えをチェックして歩いた。
目立つのは、日本のテレビ番組だね。

それともちろん、日本語吹き替え版の洋画もある。
日本映画もあれば、もちろん、エッチビデオも揃えてある。

ということはだよ、日本のエッチビデオを借りてきて、それをホテル加宝のフロントに渡せば、自分の部屋でエッチビデオが見れるというわけだ。
ふーん。

これは試してみた方がいいかもしれない。
ただ、ホテル加宝の宿泊料を1週間払ったのが、月曜日だった。

最初は明日の月曜日に、中南米への旅に出るつもりだった。
でも、レンタルビデオ屋でエッチビデオを借りたら、中南米旅行に出れなくなる。

「どうしようか…?」と迷うことはなかった。
だって、世界旅行者としてはだよ、ただ旅をしているだけではつまらない。

「ロサンゼルスでレンタルビデオを借りて、それを見る」というのは、貴重な経験だ。
ロサンゼルスへ行ったのに、ロサンゼルスの生活を語れなければつまらないしね。

世界旅行者は、「あと1週間ロサンゼルス滞在を延ばそう」と考えた。
僕はもともとロンドンで語学学校に通って、下宿していた。

パリでは病気で寝ていた。
バルセロナでは、スペイン語学校に通っていた。

ナイロビでは、だらだらと過ごしていた。
ニューヨークでも、YMCAに泊まって、長期間ニューヨークのすべてを見ていたよ。

ロサンゼルスでもう1週間いたって問題はない。
ロサンゼルス名物のディズニーランドにも、ユニバーサルスタジオへも行ってないんだから。

と、このように、世界旅行者はもう1週間滞在することを決意したのだった。
これが何度繰り返されるかも知らずに…(笑)。
ホテル加宝」物語1989
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記