1989/01/11 ネックレスを送った後で、「友情」を旅行哲学し、「Franklin D. Murphy Library」の会員となる

【ホテル加宝】
昨日1月10日は、サンフランシスコにいる僕の友達にネックレスとイヤリングを送るために、封筒を買った。
1月11日になれば、当然、品物を送ることになる。

でも、これは、本格的な長期旅行者のやることではない。
本格的な長期旅行者になると、「封筒を買う」、「宛名を書く」、「封をする」、「切手を買う」、「封筒を送る」と分ける。

もちろん品物だけを突然送りつけるわけにはいかない。
すると別に手紙を書くわけだから、その「手紙を書く」、「手紙を送る」という手続きが必要だ。

つまり、友人に品物を送るだけでも1週間かかる。
これが、本格的な長期旅行者が、旅先でやっていることなんだ。

ただ僕はそれほどのこだわりはない。
他にやることもあるので、1日目に封筒を買ったあとは、2日目には封筒にネックレスとイアリングを入れて、宛名を書いて、封をして、封筒を送る。

別に絵葉書を書いて、送る理由を軽く書いたはずだ。
旅先からも絵葉書を送っていたし、彼女はサンフランシスコに住んでいるのだから、訪ねていけばいい。

でも僕は、友達を訪ねていくということが嫌いなんだよ。
というのは、友達には友達の生活があるからね。

自分だけ海外旅行中というので、変に舞い上がってはいけない。
友達の迷惑も考えず、会いに行ったところで迷惑だ。

本当の友達とは、相手の気持ちを考えて、なるべく迷惑をかけない、ってことだからね。
ロサンジェルスのホテル加宝にも、このポイントを誤解している人がたくさんやってきた。

例えば、「友達がいるから、まずそこへ行って」とか「親戚がいるので、そこで泊めてもらって」とかいう世間知らず諸君。
いまどき、自分のプライバシーを犠牲にしてまで、自分の部屋に友人にしろ、親戚にしろ喜んで泊めるような人間はいないよ。

すくなくとも、カリフォルニアにはね(笑)。
ホテル加宝へ来た20歳前の世間知らずの宿泊者に、僕がアドバイスしたことがある。

「ホテル加宝を出て、親戚のところに泊まります」という若者に、「親戚とはいっても君が泊まるのは迷惑なんだから、遠慮した方がいいよ」と、ズバリアドバイスした。
若者は、「そんなことはないですよー」との言葉を残して出て行った。

でも、1日たったら、戻ってきたよ。
「西本さんの言うとおりでした」ってね(笑)。

友人関係は、つかず離れずがいい。
特に理由がない限り、出来るならば会わないままのほうがいいんだよ。

だって、話が合わないだろうからね。
特にぼくの友人は、中央官庁や一流企業のエリートばかりなので、会っても話が合わないに決まっている。

彼らが話すのは、おそらく「部下の女の子と、交際費を使って、一流ホテルでエッチをした」という自慢話だろう。
僕が話せるとしたら、「ファンの女の子におごってもらって、焼き鳥屋で思い切り飲ませてもらった」というくらいかな。

こういう風に、ぼくの友人と会っても、話が合わないと想像できるよ。
僕が学生時代の友人に会わないのも、基本的には、そういう理由なんだ。

だったら最初から会わないほうが、気楽なんだよ。
でも、交際費がたっぷり余っていて、金を使うついでに銀座で飲ませてくれるというなら、ちょっと考えてもいい。

六本木の女子大生クラブでもいいです。
そこは、条件によって検討しますから連絡ください(笑)♪

まあとにかく、やるべきことはやり終えた。
次にふらりと「日米文化センター(Japanese American Cultural & Community Center) 」へ入ってみた。

何をやっているところなのだろうと、ちょっと興味がわいたからね。
するとこのなかには、「Franklin D. Murphy Library」という図書室がある。

そこで本の貸し出し(英語本、日本語本)をやっているそうだ。
つい先日、リトル東京の紀伊国屋書店で馬鹿高い日本の本を買ったばっかりだったので、とてもうれしい。

ただここで本を借りるには会員にならなければならない。
それが一年間で10ドルだ。

でも、5冊を2週間、無料で借りられるという話。
それならば、損ではないかもしれないね。

世界旅行者は会員になって、泡坂妻夫の推理小説2冊と、森村誠一の忠臣蔵を借りました。
夜は、ホテル加宝の部屋のベッドで本を読んで、ごろごろして過ごした。

1日に一つのことを済ませて、後は部屋でのんびりと本を読む。
これ以上の幸せが、この世にあるだろうか?

おいおい、でもね、こんな気楽なことをしていて、中南米旅行に出られるのかな?
うーん、まあ、でも、このままでもいいさ。

だって、気楽で気持ちいいんだから。
これが正直な気持ちです。
「ホテル加宝」物語1989
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記