95ドル払って、ホテル加宝に1週間泊まると決めて、日本領事館へ記帳に行き、ガイドブックを探す

【サンペドロと3番街の角から北を見る/道の突き当りの高い建物が日本領事館があった鹿島ビル】
1989年1月9日。
ホテル加宝はこの時期、シングル20ドルだった。

それで、毎日20ドルを払っていた。
もともとすぐに南米へ旅立つつもりだったし、そう言いふらしていた。

「今日はどうするの?」と毎朝聞かれて、「今日も泊まります」と返事をしている。
宿泊費を払うときは、ちょっと気恥ずかしい。

ホテルの受付には、台湾人のおじさんとおばさん、それから時々30歳くらいの「おねえちゃん」がやってきた。
おねえちゃんが、帳簿などの事務処理をしていたんじゃないかな。

この日、また20ドルを払おうとする。
おねえちゃんから、「西本さん、すぐ出ないならば、ウィークリーで泊まったら?」と声をかけられる。

聞くと、「一週間なら95ドル」ということだ。
おいおい、1日20ドルの部屋が、一週間だと95ドル。

1日当たり、なんとたったの「13ドル半」だよ♪
これならば、そのころのユースホステルよりも安いんじゃないの(笑)。

すぐに南米へ下るという気持ちもないので、とにかく一週間分をスパッと払う。
これで、毎日毎日「いつ出発しようか」と考える必要がなくなった。

ホッとして、ホテル加宝のロビーで朝食をとる。
すると、先日話をしていた「カナダでバイトをして、中米経由で南米へ行ったが、痔が悪化して戻ってきた男」と、昨日僕をサンタモニカに連れて行ってくれた元庭師さんと会う。

「今日、一週間分払ったので、また1週間お世話になります♪」と挨拶する。
天皇陛下の崩御で、日本はお祭も中止になったという話をネタに、いろいろと適当なことを言い合う。

誰かが「日本領事館で天皇陛下への記帳をやってるらしいよ」と言い出す。
ホテル加宝仲間はつねに暇ですから、いっしょに行くことになる。

この時期、一番街とサンペドロの角にある鹿島ビルの12階に日本領事館が入っていた。
もう1人に声をかけて、確か4人で歩いていった。

日本領事館の中では、記帳をしてお祈りをするように整えられていた。
2人並んで、祈れるようになっていた。

2人ずつ祈ったので、4人で行ったことを思い出したんだけどね。
鹿島ビルを出たら他の3人と別れて、僕はダウンタウンへ1人で歩いていった。

というのが、中南米へ行くための旅行ガイドブックをさがしていたわけだ。
一週間の宿泊費を払ったので、「よーし、一週間後にはスパッと旅に出よう!」と気持ちが盛り上がっていたのかもしれない。

7番街の「トーマスブラザーズ マップスアンドブックス」と「フラワーブラザーズ」という本屋へ行った。
あったのが「South America Handbook」($29.95)だが、どうもピタッと来ない。

この時代の「ハンドブック」は、表紙が硬くて持ちにくかった。
バックパックに入れたら角が問題になりそうな気がしたんだ。

僕は「Lonely Planet South America on a Shoestring」を捜しているのだが、どこにもおいてないんだ。
本屋では「一週間後には入ると思います」という。

おいおい、一週間後には僕は旅立って、メキシコへの国境を越えているんだよ。
それとも、もうちょっとロサンジェルスにいろと、神が引き止めてるのかな(笑)?

ミシュランの、一枚の大きな南米地図を見つけた。
中米地図が必要だと思うが、ミシュランでは見つからなかった。

ホテルに一週間分の宿泊代を支払ったので、1週間は、まだロサンジェルスにいることになる。
今週で、南米旅行の準備をとっとと済ませて、一週間後には出発しよう!

そう考えたが、ホテルに泊まっているだけで、自分が何もせずとも、次々と面白いことが起きて、興味深い人と出会えるホテル加宝から、そんなに簡単に脱出できるはずがない。
僕はまだ「ホテル加宝」の魔力を知らなかった。
「ホテル加宝」物語1989
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記