1989/01/07 ホテル加宝のロビーで南米経験者2人と話をして、情報を入手する

【ホテル加宝のロビー】
(米国時間)1989年1月7日。

昭和天皇は日本時間の1989年1月7日午前6時33分、吹上御所で崩御された。
「平成」の元号は、午後2時36分に小渕恵三官房長官により、発表。

平成の元号は1月8日から施行された。
ロサンジェルスは日本よりも17時間遅れている。

日本が1月7日午前6時33分のときは、1月6日午後1時33分。
だから、ロサンジェルスの1月6日の夕方に、僕はリトル東京で天皇陛下の崩御を知ったわけだね。

平成が発表されたのが、1月6日の午後9時36分となる。
僕が1月7日、ロサンジェルスで目を覚ました時は次の元号が「平成」だというのはわかっていた。

平成は日本時間の1月8日から施行される。
ということは、ロサンジェルスの1月7日午前7時には、日本では平成となる。

ホテル加宝のロビーへ降りていって、朝食をとっていると、日本人同士、自然と話が始まる。
「日本ではもう平成ですねー」などと、声をかける。

「ロサンジェルスでは1月7日ですから、まだ昭和なんですかねー」などと、オキマリの話になる。
ここで始めてまともな旅行者に会った。

彼は、カナダでバイトをしてお金を貯めて、ロサンジェルスから陸路で中米を下っていった旅行者だった。
中米から南米のコロンビアへ飛んで、エクアドルまでバスで移動したが、体調を崩して戻ってきたそうだ。

悪い風土病にかかったのかしらと心配すると、そうではなかった。
バスに乗りすぎて、痔が悪化して、旅を続けられなくなったそうだ。

彼が言った話として、僕のメモに残っていること。
ただしこれは、1989年1月の情報ですから、現在の役には立ちません。
ただ、旅の情報というものは、こうして旅先で、実際に旅をしてきた人から直接聞くのが基本。
又聞き情報を集めても、意味がないことを確認してください。
パナマへ入るには出国切符が必要だが、その航空券はコスタリカで買っておけばいい。
ニカラグアのビザ代は25ドル。強制両替が60ドルで簡単に入国できる。
メキシコシティでグレイハウンドの1週間有効のパスが99米ドルで買える。


実は、僕としては、細かい情報はどうでもいい。
目の前に中米を下って、南米まで行った人がいるということが大事だ。

もう1人の中年男性は、ブラジルの永住権を持っている。
1970年代に、日本の会社を辞めて、ブラジルへ行ったそうだ。

ただ、ブラジルの景気がよくなくて、また日本へ戻って働いている。
ブラジルの永住権を持ち続けるために、時々ブラジルへ行かなければならないとか。

これはなかなか、興味深い人たちに出会ったね。
日本が平成になったときに、世界旅行者はロサンジェルスの安宿ではじめて会った人と話をした。

陸路で中米を下っていって、南米から戻ってきた個人旅行者。
それから、ブラジルと日本を行き来しているブラジル永住権保持者。

うーん、ぐっと本格的になってきたね(笑)♪
立場が違う人間が旅先で出会うと、話が尽きない。

午前10時ごろに話を始めて、午後1時過ぎまで盛り上がったよ。
話し過ぎて、頭がぼーっとしたので、歩いてウェラーコートの紀伊国屋書店へ行った。

紀伊国屋書店で、文藝春秋の2月号、朝日新聞衛星版、今西錦司の「進化とは何か」、「Lost Tribes and Sunken Continents」を購入する。
続いてヤオハンへ歩き、ディズニーの目覚まし時計をチェックする。

目覚まし時計というものも、海外個人旅行をしているとよく失くすものなんだよねー。
だから、千円程度の目覚まし時計でちょうどいい。

このディズニー目覚まし時計は15ドルなので、ちょっと考えることにする。
ただ、目覚まし時計の中には、時々停まったりするもの、すぐ壊れてしまうものがあるので、信頼できる会社のものがいい。

夜の日系テレビ局では、昭和天皇の追悼番組を放送していた。
日本ではコマーシャルが流れなかったそうだが、ロサンジェルスはもちろんコマーシャルが付いてました。

明日は、1月8日だから、東京でもロサンジェルスもはっきりと平成になります。
でも、ロサンジェルスの生活ものんびりしていて、気楽でいいねー。

ホテル加宝にいるだけで、興味深い人たちが次々と現れてくる。
おそらく、旅をしているだけでは、人との出会いはこんなにも濃密ではないよ。

ホテル加宝には、変な人たちが、変わった経験をした人たちが集まってくるのだ。
それを僕は、だんだんわかってきていた。

「ホテル加宝」滞在自体が面白いし、オキラクだ。
この調子だと、中南米へ下れなくなるかも…。

面白い人と話をすることは、確かに大切なことだが。
おそらく、こういう状況にいれば、要領がいいだけの安ライターレベルだと、勘違いしてしまう。

面白い旅行をした人と話すだけで、旅行がわかるものだと。
日本の旅行本がダメなのは、調べた話、聞いた話ででっち上げているからだ。

自分自身の膨大な旅行経験がなければ、旅の話はダメなんだよ。
そこが、日本のライター諸君、編集者諸君には、一生わからないところなんだけどね。

僕は神に導かれている世界旅行者だから、旅に出ることは決まっている。
それならば、ホテル加宝を出て、とっとと移動した方がいいかもしれない。

問題は、世の中も、旅も恋愛も思った通りにはなかなか行かないものなんだよね(世界旅行主義より)。
次々と、何かやることが出来て、世界旅行者はロサンジェルスをなかなか出発できなくなったんだよ。
「ホテル加宝」物語1989
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記