ロサンジェルスで天皇陛下の崩御を知り、天皇と日本社会の共生関係を考える

【ホテル加宝の部屋でテレビを見る】
1989年1月6日。
北米旅行中に読んだ英語の本を日本の実家へ送って、LAモールへ行ってブリトーを食べたら、モールの1階が急に騒がしくなった。
号外を配っている人がいる。

僕は、「とうとうその時が来た」とわかった。
それが「天皇陛下の崩御」だったわけだ。

日本語新聞の号外をもらって、読んでみる。
中身は全くなくて、今まですでに知っていることを書いただけ。

それはそうで、この時期、天皇陛下が崩御されることはすでに予期されていた。
だから、号外の内容もすでに準備されていて、おそらくは日付を入れるだけだったのだろう。

モールの1階でロサンジェルスのテレビ局が日本人をつかまえて、インタビューをしていた。
僕はホテル加宝に戻り、自分の部屋でテレビを見る。

ロサンジェルスのテレビ局は、頭がいいので、各局のニュースの時間は、ある程度ずらしてある。
つまり、各局を渡り歩けば、ずーっとニュースだけを見続けることもできる。

それが日本の馬鹿テレビ局と違うところだよ(笑)。
日本のテレビ局は、頭が悪いので、どの放送局も同じ時間に同じニュースを流す。

例えば、午後5時になればどの局も夕方のニュースを放送し、午後7時まで続ける。
そのあと、NHKが午後7時のニュースを流すが、この視聴率はいつも高い。

その理由はだね、午後7時に他のテレビ局がニュースをやってないからだ。
という意味は、午後8時にニュースを放送すれば、ゼッタイに視聴率が取れるってことね。

日本人はみんな、ほかの人と同じことをするしか出来ない。
日本人には独創性もなく、決断力もないので、午後8時のニュースなんか考えられない。

米国ではそんな馬鹿な人ばかりではない。
だから地上波でも、午後8時からのニュース、午後9時からのニュースと、あちこち見て回れるわけだ。

世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)は、ニュースを次々と見ながら考えていた。
それは、「日本の天皇制がなければ、世界中の誰も日本に興味は持たないだろう」ということ。

僕はこの最初の世界一周旅行の時、1987年9月からずーっと、海外にいて英語の新聞を読み続けていた。
ロンドンにいた時は「The Times」つまり、「ロンドンタイムズ」ね。

ヨーロッパやアフリカを旅していたときは「International Herald Tribune」を読んでいた。
また「Newsweek」を読み続けていた。

僕が世界一周旅行中は、英字新聞と英字週刊雑誌を読んでいたわけだ。
ところが日本の話題なんかほとんどなかったよ(笑)。

読者も考えて欲しいが、僕が旅をしていたのは日本の経済が絶頂期だ。
世界中で日本のプレゼンスが大きかったはずの時期だ。

それでも、世界的な新聞雑誌には、日本の話題なんかほとんど載ってなかった。
まあ記憶にあるのが、僕がナイロビにいたころの「なだしお事件」くらいのものだよ(涙)。

しかし、天皇陛下の体調が悪くなったら、次々と日本についての報道が出始めた。
いろんな評価はあるだろうが、天皇陛下の世界的な価値は、ものすごかったわけだ。

トヨタの車や、ソニーのウォークマン、ホンダのバイク、なんかはいつか忘れ去られるだろう。
でも天皇という存在は、誰も無視できない。

また実際、歴史的な影響力もあったしね。
それがよかったにしろ、悪かったにしろ。

日本に天皇がいなかったら、いまよりもずーっと世界から馬鹿にされ、無視されていただろう。
そういう意味では、天皇制度は必要なものなんだよ。

天皇は韓半島出身だとは、歴史的にもそう考えられているし、天皇自体がそう発言したこともある。
逆に言うと、日本は天皇という装置を、日本に取り込んで利用してしまったのかもしれない。

過去の経緯はともかく、海外のある程度知的な人は、天皇については興味を持つ。
だとすれば、日本国民は、天皇を語れるだけで利益を得ているわけだ。

日本の政治家というものは、日本人そのものだから、世界から馬鹿にされている。
でも、天皇は誰も馬鹿に出来ない。

日本人は天皇を持っているから、他の国民と差別化できるわけだ。
特に僕なんか、海外で出会う人に、天皇と天皇制度を英語で語ってきた。

たとえそれが思いつきでも、無理な理論でも、僕が日本人だから、誰でも興味を持って聞いてくれる。
そして、天皇を大胆に語れる世界旅行者は、尊敬されてきたわけなんだよね。

おそらく天皇家は支配者として日本に入った。
ところが、日本で生きていくために自分を変化させた。

日本という国は、うまく天皇を取り込んで、社会システムを作っていった。
だから、天皇は日本を利用し、また日本は天皇を利用するという、共生関係を作ってきたわけだ。

現在の状況では、天皇には特にこれといった権力もないわけだから、天皇であることは大変だね。
天皇陛下はよほどの義務感がなければ、天皇をやってられないだろうね。

世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)は、天皇と日本社会の関係について、ディープな分析が出来る。
また、皇族が日本社会にどう位置づけられるべきか、独創的なアイディアがある。

ただそれをうっかりネットで書くと、大変な問題になるに決まっている。
世界旅行者は独創的な考えを持っているだけではなく、正常な判断力もあるので、ここで書いたりしません(笑)。

夜に流れたNHKニュースでは、天皇陛下崩御に関して、7分の同じテープを4回流しただけだった。
ロサンジェルスではこれ以降、日本や天皇についての特集番組が流されることになった。

そういう意味では、変に焦って、中南米旅行に出てなくてよかった。
天皇陛下の崩御をロサンジェルスで知った。
これは日本と日本人を考えるいい機会となることだろう。
「ホテル加宝」物語1989
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記