北米一周旅行中に読んでいた英語の本を日本へ送った後、天皇陛下の崩御を知る

【Los Angeles Public Library, Little Tokyo Branch(2001)】
1月6日になった。
昨日は雨で、何もせず部屋で本を読んでいた。

「The Rise and Fall of the Great Powers(大国の興亡)」を読み終えた。
この本は毎日少しずつ、2ヶ月かけて、北米を旅しながら、ずーっと読んでいたわけだ。

さてこの本をどうしようか?
ホテル加宝に残して置いてもいい。

でもこのときはまだ、「加宝図書館」は存在しなかった。
僕が、みんなの雑誌や本を集めた「加宝図書館」をロビーに作ったのは、南米から戻ってきた後だったからね。

それに、ホテル加宝に泊まっている日本人諸君が、失礼だがわざわざ英語の「帝国の興亡」を読むとは思えない。
というのは、リトル東京には日系の本屋もあるし、日本語の情報誌も新聞もあるんだから。

わざわざ分厚い英語の本を読むとは考えられない。
英語の本だから、ロサンジェルス市立図書館(Los Angeles Public Library)に寄付すればいいかも。

僕はまだ、リトル東京周辺に詳しくなかった。
図書館があるかどうか、その図書館が個人からの本の寄付を受けるかどうかも知らなかった。

考えてみればこの本は、僕と一緒に北米中を旅してきたのだから、ある意味「旅の記念品」とも言えるだろう。
それだったら、日本に送ってしまえばいい。

なかなか論理的な考え方を展開したね。
正直なことを言うと、こういう風に難しくは考えなかった(笑)。

僕はこれまでも、旅で使って不要になったものは、その場その場で日本に送っていたからね。
新しい旅に出る前に、それまで使って不要になったものを送ることを繰り返していたんだ。

ケンブリッジ英検特級(CPE)を取ったときに使った教科書や問題集、辞書などは、ヨーロッパ大陸へ渡る直前に、ロンドンから送った。
スペイン語を勉強していた時の本やなんかは、アンダルシアへ移動する前に、バルセロナから送った。

だらだらとニューヨーク生活をしているときに増えてしまった荷物を、グレイハウンドでカナダへ向かう前に、ニューヨークから日本へ送ったものだ。
そして、いまは、中南米旅行に出る前なのだから、ここで不要になった本や服を、日本へ送るのは当然。

送るものをかき集めてみる。
まず、ソルトレークシティのモルモン教総本山へ行った時にもらった「モルモン教の聖書」が日本語版と英語版の2冊ある。

それから、読み終えたばかりの英語版の「大国の興亡」。

とっくに読み終えていた「The Japanese Overseas: Can They Go Home Again?」。
これは、「海外生活に慣れた日本人会社員、日本人の子供は、日本社会で排除され差別されている」という、まあ帰国子女問題を扱ったものかな。
「Pocket Oxford English Dictionary」も送ることにした。
これはいい辞書なんだけれども、ちょっと旅をするのに持っていくには、大きすぎた。
僕は、ロサンジェルスで、すでに「Collins Gem English Dictionary」を入手していたからね。
というわけで、バックパックに入っていた本を送ることにする。
この時期、リトル東京に郵便局があった。

そこで、郵送用の箱や荷造りテープを買ってきた。
部屋で、段ボール箱に本を詰めて、また郵便局へ持っていく。

全部本なので、books rateが適用されて、日本まで約8ドルになった。
ちなみに、本じゃない小包だと、15ドル程度になるとか。

ただ、こうして日本に送った本は、読み返すことはなかったね。
「Lonely Planet」のガイドは役に立つけれど、あとは無意味だったとも言える。

でも、旅では、ある行為がそのあとの役に立つか立たないか、と考えても意味がない。
海外で郵便局に行って、自分の持ち物を日本へ送って減らすという行為自体が、旅の楽しみなんだよ。

一仕事済ませてホッとして、「LA Mall」で、細かい文房具を買う。
LAモールとは、ヤオハンが入っていたショッピングモールのことね。

この時期、2階にはロサンジェルスのお土産屋から、おもちゃ屋、文房具屋、電気屋まで入っていた。
なにしろ3階か4階かには、日本映画館があったんだからね。

文房具屋で、ボールペンの「Bic」10本セットが2ドル19セント。
「Letter Pad & Envelopes」の100枚セットが、たった59セント。
罫線の入った便箋が100枚で99セント。
もちろんこんなに手紙を書くわけはないが、僕はこの時期、アメリカの文房具が好きだったんだよ。
なにしろ、日本にいたころは、銀座の「ソニープラザ」や有楽町の「アメリカンファーマシー」に通ってたくらいだからね。
文房具マニアだったわけだ。

LAモールの3階の食堂街だと思うが、そこで、ブリトー(Burrito)を食べた。
モールの1階へ降りると、全体がざわめいている。

そして、号外が配られている。
なんだ、何が起きたんだ!

もちろん僕は、「とうとうそうなったか」と思ったよ。
この時期ならば、誰でも予期していたことだったからね。

天皇陛下が崩御された。

そしてこの歴史的な大事件が、僕がさらにロサンジェルスに滞在する理由になったわけなんだ。
「ホテル加宝」物語1989
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記