1989/01/05 「The Rise and Fall of the Great Powers(大国の興亡)」を読み終える

The Rise and Fall of the Great Powers:
Economic Change and Military Conflict from 1500 to 2000
Paul M. Kennedy
1989年1月5日。
「ホテル加宝」へ12月31日にチェックインして、6日目だ。
もう、正月気分は抜けてしまった。
かといって、中南米へ下る準備は進んでいない。

それは当然のことで、「準備」とは何かをしないことへの言い訳の言葉だからだ。
しかも、1月5日は、雨だった。

日本のメディアがでっち上げたイメージに惑わされている日本の大衆は、ロサンジェルスには、常に「カリフォルニアの青い空」があると思っている。
北欧に行けば、白夜とオーロラが一度に見れると考えている。

でも、世の中は、すべて日本のメディアとは違うと考えていた方がいい。
いつも青い空のはずのカリフォルニアにも雨が降るんだよ。

ただ僕としては、雨に降ってもらってよかった。
というのは、スカッと晴れてしまったら、ディズニーランドに行かない理由がなくなるからね。

雨のロサンジェルスならば、ホテル加宝の部屋にいて、静かに本でも読んでいるのがいい。
ちょうど、そのころ日本でも話題になっていた「大国の興亡」を読み終わりかけていた。

もちろん僕が読んでいるのは、英語版の「The Rise and Fall of the Great Powers」だ。
これを買ったのが、ニューヨークの5番街にある「Barnes & Noble」だった。

大判の本だったので、21.95ドル+タックス。
本が大きいので、字も大きく、読みやすかったよ。

北米をグレイハウンドバスで移動しながら、バスの中で、ホテルのベッドで、カフェテリアで読み続けていたんだ。
ちょうど終わりかけだったので、雨を利用して、一気に読み終えてしまった。

夜には、11チャンネルで「South Pacific(南太平洋)」を放送していた。
これは、好きだった女の子と、日比谷の映画館で見たのを覚えている。

ただ、そのフィルムの状態が最悪で、それで2人の仲が悪くなったんじゃないかな。
頭に残っていた「ハッピートーク」が、思い出される。
DVD CD
雨のロサンジェルスの1日は、ゆっくりと本を読んで、テレビで映画を見てすごすのがいいね。
「ホテル加宝」物語1989
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記