1989/01/04 ホテル加宝のロビーで日本の現在を語り、MOCAを見に行く@ロサンジェルス

【ホテル加宝の日常生活@ホテル加宝のロビー】
1989年1月1日は、ホテルニューオータニでおもちを食べた。
1月2日は、ハリウッドへエッチ本を買いに行った。

1月3日は、ジーンズを買って、床屋へ行った。
さて、1月4日は、そうそう、ロサンジェルスの名所に行ってみよう。

ロサンジェルスを出て中南米へ旅に出るのは、すでに心の中で決まっている。
ただ、そのあとまたロサンジェルスへ戻ってくるかどうかわからない。

一番いいのは、中米から南米を旅して、そのまま南太平洋を伝ってオーストラリアへ移動すること。
こうすれば、一筆書きができるからね。

特に魅力的なのが、チリのサンチアゴからイースター島に渡って、タヒチへ飛ぶルート。
タヒチからは、南太平洋の島をアイランドホップして、ニュージーランド、オーストラリアへ行けばいい。

ということは、ロサンジェルスへ戻ってくるかどうか、わからない。
だったらロサンジェルスの名所を、今いるうちに見ておいたほうがいいだろう。

ロサンジェルスで誰でもが気になる有名な場所は、「ディズニーランド」だよね。
東京ディズニーランドが出来たころ、僕はまだ結婚していた。
ところが、結婚はしていても夫婦仲が悪かった(嫁さんに嫌われていた)。
だから、いっしょに東京ディズニーランドに行けなかったんだよなー(涙)。
ディズニーランドは、おじさん1人で行くと、入場を断られるらしいし(ウソ)。
でも、やはり日本だと、おじさん1人でディズニーランドへ行くのは無理だよねー。

グレイハウンドで北米一周していた時、僕はフロリダの「ディズニーワールド」へ行った。
しかし、いくら世界旅行者でも、1人で「マジックキングダム」へ行くのはいかがなものか。

そう考えて、1人で歩いても何とかギリギリ絵になる「エプコットセンター」をうろついただけだった。
エプコットセンターの係員はとても親切だった。

僕はジーンズとアーミージャケットを着た、1人でやってきた、東洋人の中年男だ。
だから、ライドでも、僕の隣には誰も座らせないように手配してくれたよ。

でも、一度メキシコの国境を越えて、中南米旅行を始めたら、もう二度とロサンジェルスに来ないかもしれない。
とするならば、1人であろうがなかろうが、とにかくディズニーランドへは行かなければならない。
ロサンジェルスのディズニーランドは、言ってみれば、パリのエッフェル塔、ニューヨークのエンパイアステートビルみたいなものだからね。
京都ならば清水寺へは行くだろうし、大阪へ行けば「食い倒れ太郎」は見るに決まっている。
ロサンジェルスへ行って「ディズニーランドは見ませんでした」じゃあ、話にならない。
たとえ1人がつらくても、寂しくても、苦しくても、ディズニーランドへ行かなければ…。

それで、1月4日の朝は気合を入れて起きたと言いたいところだ。
が、12月31日以来、もうホテル加宝に4日も泊まっている。

身体が南カリフォルニアのだらだらした、いいかげんな雰囲気になじんできた。
起きるのが朝の8時ごろになる。

それからトイレに行って、髭を剃って歯を磨いて、シャワーを浴びて、着ていく服を選んで、とやっていたら、午前9時になった。
このころのホテル加宝には無料朝食が付いていた。

下のロビーに降りて、そこでトーストとジャム(ピーナツバター、マーガリン)にコーヒーの朝食をとる。
ロビーには、30歳前後の日本の若者がいた。

狭いところで一緒に食事をしながら黙っているのもなんだから、話が始まる。
旅先の話というのは、いくらでも続けられる。

特に僕のように、話の引き出し方が上手だとね。
また僕は、他人の旅行の話を聞くのが好きなんだよ。

彼は30歳くらい、これまでロサンジェルスで働いて暮らしていた。
あと一月位して日本に戻り、就職するそうだ。

読者の皆さんに考えて欲しいのは、この話は1989年だってこと。
まだバブルがはじける前で、日本の就職先は選り取り見取り。

大学を卒業しさえすれば、どんなに馬鹿でも無能でも、一流企業に簡単に就職できた時代だった。
30歳を過ぎていても、日本で就職するのはそんなに難しくはなかったんだ。

このアメリカ生活が長くて30歳になった男性は、ちょっと変だった。
話の流れの中で、「結婚するなら処女でなければダメですね」と言うんだよ。

この男性は、アメリカ生活が長すぎて、日本では処女がすでに絶滅していることをしらないようだ。
「僕は1987年に日本を出ましたが、そのころも日本には処女はほとんどいませんでしたよー」と教えてあげる。

アメリカ生活が長いので、日本の実情について、あんまり知らないようだ。
僕は、できるだけ面白おかしく、日本の状況をゆがめて教えてあげた。

彼は「日本ってそんなになってるんですか…。初めて聞きました」と、驚いていた。
僕も自分の口から出たことは初めて聞くことだったので、正直、自分でもびっくりした。

ホテル加宝のロビーで、出会ったばかりの人に、いい加減な話、大げさな話をするのはとても楽しい。
彼と話をしているうちに、時間が過ぎて、正午になってしまった。

正午になってしまえば、これからディズニーランドに行く気持ちは起きない。
それに曇り空なので、気分が乗らないしね。

そのままロビーにいたら、旅行者が3人ほど、ばらばらにやってきた。
暇そうにしていたので声をかけて、いっしょに、ダウンタウンにある「MOCA(Museum of Contemporary Art)」へ行くことにする。

ガイドブックを見ると、どうやらリトル東京のすぐ北側にあるようだ。
みんなで話をしながら、だらだら歩いてそれらしいところへ行ってみたが、工事中のビルしか見えない。

アムトラックのユニオンステーションへ行って、そこから電話をかけてみた。
要領を得ないので、「LA Mall(ヤオハンプラザ)」の本屋で市内地図をチェックする。

すると、MOCAの本館はグランドアベニューにあることがわかった。
さっそく歩いていった。

入場料は4ドル(学生は2ドル)だった。
展示されていたのは、現代美術なので、わかったようなわからないものだったけどね。

MOCAの建物は、日本人建築家の「磯崎新」によるものだということで、ちょっと誇らしかったね。
でもとにかく、人の少ない美術館をうろつくというのは、刺激が与えられるものだ。

ミュージアムショップで「MOCA」のロゴの入ったTシャツを買う(15ドル)。
MOCAはグランドアベニューにあるのが本館で、別館の「Temporary Contemporary」はセントラルアベニューにあった。

僕らが、工事中のビルだと思ったものが、MOCAの別館だったわけだ。
アメリカって、ホント、こういうところが格好いいよね。

今日は、ディズニーランドに行こうとは思ったが、30歳の興味深い日本人男性に会って、現代日本について話してあげた。
また、出会ったばかりの若者3人といっしょにMOCAへ行くことが出来た。

まあこれで、ロサンジェルスの1日としては充実していたのではないかな。
そうそう、ホテルの部屋でテレビを見ていたら、46チャンネルの「Home Shopping Club」が一日中通販をやっていることに気がついたよ。

注:ここのMOCAは1989年のことです。現在の状況は自分でチェックください。

参照:MOCA(THE MUSEUM OF CONTEMPORARY ART, LOS ANGELES) http://www.moca.org/
「ホテル加宝」物語1989
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記