1989/01/3 「The Broadway」でジーンズと、水泳用ゴーグルと、懐中電灯を購入する

【ブロードウェイストリート@ロサンジェルスダウンタウン】
1988年12月28日に、僕の「北アメリカ2か月のグレイハウンド旅行」が終わって、ホテルダイマルにチェックイン。
12月31日にホテル加宝にi移動。
これから「ホテル加宝物語」の第一部が始まったわけだ。
1月1日にはリトル東京のニューオータニで、おもちを食べた。

1月2日にはハリウッドの本屋で、エッチ雑誌を買った。
うーん、これから中南米を下ろうというのに、おもちを食べて、エッチ雑誌を買っててはダメだ。

中南米行きの準備をしなければ…。
まず、外見を整えよう。

だって、日本では「人は見た目が9割」だそうなのだから。
僕も図書館で借りて読んだが、くだらない本だったな。

人は見た目が9割 (新潮新書) / 竹内一郎
でもまあ、こんな本を書く著者も、こんな本を出版する新潮社(編集者)も、ダメダメだ。
いくら金儲けのためだといって、こんな嘘だらけの本を書いたり出版しては、ダメだよ(笑)。
タイトルに惹かれてこんな本を、自分の金を出して読む読者もダメだ。
さらには、しばらくすれば中身すっからかんで、理論的にも間違っているとバレバレになるレベルの本を取り上げて紹介するメディアもダメだ。

その前に、「本はタイトルが9割」という本を出した方がいいかもね。
日本人というのは自分で考えることをしないから、売れているという情報と、タイトルだけで本を買っちゃうんだよなー(涙)。

しかし、正直、旅先であまりにみすぼらしい格好をしているというのも、ちょっと問題だ。
本格的な長期旅行と、短期旅行には大きな違いがある。

それは、「長期旅行では、身の回りのものはすべて旅先で買いなおす」ってことね。
いくら丈夫なはずのジーンズでも、一年も毎日着て歩き倒していれば、当然穴があく。

僕の場合は、ロンドンの「ロビンソンデパート」で買った、香港製のジーンズが問題だった。
このジーンズは、前のファスナーが歩いていると開いてしまうんだよ。

それで、ナイロビでファスナー部分を縫い直してもらった。
しかし、相変わらずファスナーが降りてくるんだよ。

ヨルダンからイスラエルに入ったときに、イスラエル製のジーンズを買った。
これはリーバイスだったんだけどね。

面白かったのは、イスラエル製のリーバイスなので、ジーンズのタグがヘブライ語だったんだ(笑)。
ヨーロッパから北米にかけては、あと一つのジーンズと交代に履いていた。

ただ、ロサンジェルスにきて、落ち着いて、中南米旅行の準備をする時は、すっきりと新しく身支度を整えたいキモチ。
というのはだね、まあ、アジアなんて旅は楽で、海外旅行ともいえない。

ヨーロッパは、僕はもともと語学の勉強のために行った。
だから、ロンドンで英語学校に通い、バルセロナでスペイン語学校に通った。

実はパリでも、フランス語学校を探していたんだしね。
だから、ロンドンに戻るまでは、海外旅行をしているという気持ちはなかった。

旅をする気持ちになったのは、1988年の夏、ケニアから戻ってくる時だったね。
そのあとは、ケニアから、エジプト、中近東、東ヨーロッパ、そして、伝説の「ユーレイルパスでの21日ヨーロッパ鉄道旅行(1988)」がある。
ロンドンからニューヨークに入ったあとは、「北米一周2ヶ月のグレイハウンドの旅」が続いた。
これでもわかるように、旅はだんだん本格的に、激しくなりつつある。
世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)が、中南米を下っていくとしたら、さらに本格的なものになるだろう。
ここまで来たら、命に関わるような危険なことでも、やってしまうかもしれない。

本当にどういうことが起きるかわからないのだから、服装は整えた方がいいかもね。
と考えて、ホテル加宝を出て、またブロードウェイまで歩いた。

ブロードウェイには、安い服屋も、靴屋もたくさんある。
ブロードウェイの安い服屋に行けば、ジーンズは6ドル、9ドル程度でたくさん売ってある。

しかしさすがに僕はそこでは買わない。
僕は7番街の「The Broadway」というデパートに行った。

ちなみに2008年現在では、このデパートは「メーシーズ(Macy's)」になってるみたいです。
ブロードウェイでリーバイスの501を、1本22ドルで購入した。

あと、小型ライトを9.99ドル、水泳用のゴーグルを25ドルで買った。
水着は、僕は常に持ってる。

それに水着ならば、現地でいくらでも買えるだろう。
水着がなければ、中南米なのだから、裸で泳いでも下着で泳いでも問題はない。

でも、ちゃんとしたゴーグルは売ってるかどうかわからない、と考えたわけだ。
水泳用のゴーグルは、水中眼鏡の代用にもなるからね。

小型ライト(懐中電灯)は9.99ドルなんて、変に高かったね。
実際、懐中電灯なんて、単純な構造だ。

灯りがつけばそれでいいわけだよ。
結局、中南米を旅行している時にどこかでなくして、中国製の1ドルの小型懐中電灯をまた買った。

1ドルの懐中電灯ならば、いくらなくしても気にならない。
だから、海外旅行に出るときは、100円ショップの懐中電灯にしておいた方が気楽です。

買い物を済ませて、モールに入っていた「Walden」という本屋で英語の戦記本をチェックした。
「Iwojima」などという本もあったので、硫黄島が米国民の中でよく知られているのだと再確認する。

帰りに、6番街の床屋に入った。
中国人が店主で、アメリカ白人のおじいさんが働いているという感じ。

散髪用の椅子も、店も、いかにも古いアメリカの床屋という感じが粋だったね。
料金は5ドル半(750円)で、チップを1ドル払った(合計6ドル半=900円)。

「Close Cut, Round Top(横はスレスレ、頭の上は丸くして)」で通じる。
ここでは、頭を洗わずに、掃除機で髪の毛を吸い取っていたのが、珍しかった。

その後日本でも、安い床屋が出来て、そこでは頭の毛を掃除機で吸い取っている。
やはり、世の中の新しいことは、米国で起きるんだよ。

頭がスッキリして、ジーンズを新しいものに履き替えて、身なりを整えると、やる気がわいてきた。
ヤオハンに行って、寿司パックを2つカートに入れる。

支払う直前に「これからお弁当類は1ドル引きます」というアナウンスがあった。
もちろん、お寿司売り場で、値札を書き換えてもらう。

つまり2ドルも得したわけだね♪
このころのロサンジェルスでは2ドルもあれば、缶ビールが4本は飲めるから、大きいよ♪

ここでも世界旅行者に対しての、神の恩寵を感じる。
今日は、旅に必要な、ジーンズと、ゴーグルと懐中電灯をゲットして、髪の毛を短くカットした。

銀行のATMカードを送ってきてたので、確認のために金を20ドル出した。
見ると、残額は9,500.8ドル。

1万ドル(135万円)送ってもらったばかりだというのに…。
お金って、本当にすぐに減っていくものなんだね(涙)。

「ホテル加宝」物語1989
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記