1989/01/02 RTDバスに乗って、ハリウッドを歩いて回る。@ロサンゼルス/カリフォルニア/米国

【リトル東京から、一番街を歩くと、ロサンジェルスタイムズ本社が見える@一番街/ロサンジェルス】
1989年1月2日。
ホテル加宝へ移って2日たつと、すっかりホテルにも慣れた。

人間というものは、ひとりで気持ちよく過ごせる静かな部屋があれば、心は落ち着くもの。
特にホテル加宝の場合は、そんなに人が多くないし、泊まっていても、自分の部屋へ直行する人が多い。

宿泊者は長期滞在して、リトル東京で働いている人が多い。
そういう人は自分の部屋に家財道具を入れて、アパートみたいに使っている。

だから、ホテル加宝では、静かな1人きりの時間をじっくりと楽しむことが出来た。
長期個人旅行というものはだね、一人が好きでないと、とてもとても無理なんだよ。

僕は中南米へ行こうと考えている。
でもリトル東京では、日本語が通じて、普通に日本食が食べられる。

いままでのヨーロッパや、アフリカ、北米のバス旅行に比べれば、とても気楽だ。
これからまた中南米へ旅に出れば、気を張らなければならないだろう。

だったら、長期旅行の疲れを癒すためにも、一週間くらいは、のんびりしていたい。
その間に、中南米旅行の準備でもすることにしよう。

お金は銀行にあるし、差し迫った予定もない。
ビールはヤオハンから安くまとめ買いして、ホテル加宝のキッチンの冷蔵庫に入っている。

まとめ買いをすれば、バドワイザーでも一缶50円くらいだ。
だからビールも水代わりに、いくらでも気楽に飲める。

こういう状況にいると、男性がまず考えるのは、セックスのことだよね。
とはいっても僕は、プロの女性とどうこうしようなんて、まったく考えない。

ロサンジェルスといえば、もちろんそのものズバリの雑誌や本があるはずだ。
もちろん、エッチビデオもあったけどね。

この1989年というのは、まだエッチ雑誌がメインだったんじゃないかな。
僕がよく英語の勉強に使っていた、英語のエッチ小説もまだ売ってたよ。

ただ、日本と違って、普通のところでは売ってない。
日本ではコンビニでもエッチ本を堂々と売ってるけどね。

米国では、いかにもそれらしい場所で売ってるんだよなー。
僕は、ハリウッドブールバードへといくことにする。

ハリウッドへ行けば、エッチ本くらい売ってあるだろう。
ホテル加宝を出て西へ歩き、サンペドロを北へ歩いて一番街へ。

そこから西へ、シティホール、ロサンジェルスタイムズ社の前を通って、ブロードウェーと一番街の角へ出る。
ブロードウェーで、RTDバス(現在のMTAバス)2番に乗る。

2番は、サンセットブールバードを通る。
サンセットで降りて、北へ歩いて、ハリウッドへ行く。

ハリウッドブールバードとバインストリートの角へ行くとハリウッドブールバード沿いに、それらしい本屋が2軒あった。
入ると、壁にズラリと雑誌が並んでいる。

雑誌には番号が付いていて、中を見て、気に入った番号の雑誌を買うようなスタイルだ。
何冊かまとめて安く売ってあったりする。

定価の合計が30ドルから45ドル程度のものを、6ドルから8ドル程度で売ってあった。
エッチビデオはそのころ、1本20ドル程度だったね。

雑誌は、見本で置いてあるものは、すべてのページを立ち読みすることができる。
でも、ロサンジェルスでは、ちっとも恥ずかしいことではない。

僕がサンディエゴのポルノショップに入ったら、金髪美人が2人いて、いろんな器具を店主と相談していたからね。
だから僕は、日本でエッチなDVDを借りる時も、全く恥ずかしくない。

世界を見て、いろんな経験をしていると、エッチな本を買ったりするくらいはびくともしなくなる。
これは、世界一周旅行をして、僕がたった一つ得たものかな。

とにかく恥にたいしての概念は変わったね。
雑誌をじっくりと比較検討して、話のネタにもなるだろうと、安い雑誌を1冊買った。

あとは、バインストリートから西へ、チャイニーズシアターまで、ハリウッド大通りを歩くのが、まあ旅行者としての定番かな。
ハリウッドブールバードも、正直、たいしたものはないんだよ。

1989年ごろはかなり裏寂れていた。
いまはまた、コダックシアターなんかを再開発している。

でも、ちょっと外れれば、いま(2008年)でもそんなに見るものはないよ。
いまだと、バインからハリウッド×ハイランドまでは、地下鉄で一駅なので、歩かない人もいるかな。

でも昔は、とにかく歩き倒したものだ。
歩いていると、建物の壁にスターの似顔絵が書いてあるのを見つけたりできる。
また、「HOLLYWOOD」の看板がどの通りからよく見えるかなんか、チェックしたりする。
観光客というものは、何でも楽しめるものだから、一度は歩くのがいいでしょう。
歩き疲れたので、1番のバスに乗って、ロサンジェルスのダウンタウンへ戻る。
バスの法則は、ブロードウェイの北向きに乗ってハリウッドへ行き、ハリウッドからはヒルストリートの南行きで戻る。

この時期、バス料金は1ドル10セントだった。
ヒルストリートの3番街で降りる。

この時期は、車がなければバスで移動するしかなかった。
だから、ダウンタウンからハリウッドへ行って戻ってくるだけでも、一仕事だったよ。

3番街を歩いていると、ダイマルで一緒だった留学生と会う。
もう1人卒業旅行中の学生を連れている。

マクドナルドへ行って、3人で話をした。
卒業旅行の学生は、いままでメキシコを旅してきて、あとは日本へ帰るだけ。

1月3日からロサンジェルスのコミュニティカレッジへ通うそうだ。
この時期はまだ確か、ビザ無しの米国入国(ビザウェーバープログラム)がなかった時期(実際は、1988年12月25日にビザなしで入国できるようになりました)。

だから、米国旅行者はみんな観光ビザを持っていた。
観光ビザはそのころ、学生ビザに切り替えられたので、そのままアメリカで学生生活を始める人もいた。

結局この日は、ハリウッドへ行ってエッチ本を買って、日本人旅行者と会って話をしただけ。
中南米へ下る前にこんな調子では、ちょっとだらだらしてないかな。

あすは、すこしは、中南米旅行の準備を始めようっと♪
でも、南カリフォルニアの気楽な雰囲気は、そんな覚悟なんか、溶かしてしまうんだよなー(笑)。
「ホテル加宝」物語1989
ニューヨーク秋物語 北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記