1989/01/01 (Sunday) ニューオータニで酒を飲み、モチを食べ、禅太鼓を聞く

【いろんな話をした、想い出のホテル加宝のロビー】
1988年の大晦日は、ロサンジェルスで紅白歌合戦とレコード大賞を同時に見ることができた。
僕はもともと日本にいても紅白歌合戦は(レコード大賞も)見ないが、旅先ならば見る価値がある。

だって、旅先で紅白を見たのは、話のネタになるからね。
昨日遅くまでビールを飲んでいたので、ベッドから起きたのは、午前9時半になった。

広い部屋で清潔なシーツにくるまれて、半分眠った状態で、「ロサンジェルスにいるんだ」と考える。
今日は全く用事がないんだと、ぼんやりした頭に浮かぶ。

一日は完全に自由で、気がかりなことは全くない。
203号室は4番街に面していて、時々大型トラックが通ったりするが、それも気にならない。

部屋に備え付けの小さなシンクで、歯を磨き髭をそる。
部屋の外にあるトイレへ行き、熱いシャワーを浴びる。

そうそう、僕がシャワーを好きになったのは、ホテル加宝滞在が原因だったね。
熱いお湯がドバッと出たので、朝シャワーが習慣になっていったよ。

下のロビーに降りると、昨日もちょっと話をした日本人男性がいた。
この時期は、ホテル加宝ではトーストとコーヒーが食べ放題、飲み放題だった。

ロビーは、6人くらいで満員になるテレビルームみたいなもの。
だから、他に人がいれば、普通は「おはようございます♪」程度の声はかける。

特に僕は、このロビーでいろんな人と知り合った。
この若者(このころたぶん30歳前後?)は、米国で飛行機の免許を取るために学校に通っている。

彼が言ったことをその日のうちにメモに取っておいた。
そのメモを見ると、日本で飛行機の操縦学校に通うと2年かかって、費用も450万円はするそうだ。

しかし、米国だと1か月当たり30万〜50万円で済む。
もちろん、米国だと試験を受けて、日本よりも早く、安く、免許を取れるということだろう。

彼は、かなり頭もよくて、性格もまともだった。
日本の一流大学を卒業して、一流企業に就職したが、別の道を選んで、アメリカへやってきていた。

1月1日、しかも日曜日だから、店が閉まっているかもしれないとは思ったが、一人で町を歩いてみる。
4番街を西へ歩き、ブロードウェイにぶつかると、店は結構開いていた。

ブロードウェイを南へ歩き、セシルホテルのある7番街の角で、「COORS」を4本買って戻った。
部屋でビールを飲んで休む。

そのあと、ホテルにいた誰かに誘われて、リトル東京のニューオータニへ行った。
このころは、日本のバブル景気の真っ只中。

オニズカストリートを入った広場で「禅太鼓」のパフォーマンスをしていた。
確か、モチを無料で配っていたと思う。

オニズカストリート近辺の、日本人相手の土産物屋を冷やかして歩く。
ロサンジェルスタイムズの日曜版を1ドルで購入。

夜は、56チャンネルで「御存知旗本退屈男」を見た。
また、チャンネルをいじっていたら、18チャンネルでNHK制作の「Let's Learn Japanese」という日本語教育番組をやっていた。

僕はテレビっ子なので、他のチャンネルもあちこちチェックしてみる。
実はロサンジェルスタイムズの日曜版を買ったのは、この中に一週間のテレビ番組の小冊子が入っていたからなのでね。

WWFプロレスをやっていたので、ちょっと見てみた。
これは、ストーリーがあるので、馬鹿馬鹿しくて面白い。

その中の、顔に隈取りをしていた「ULTIMATE WARRIOR」の身体がすごかった。
筋肉が異常に盛り上がっているので、間違いなくステロイドを使っているだろう。

テレビ番組表で「OHAYO AMERICA」という日本語番組が、午前6時半からあるのを確かめる。
いやはや、ロサンジェルスに来ると、日本語情報がたくさん入手できるね。

物価も安い(特にビール)し、こりゃ楽なところだ。
でも、明日は月曜日なので、とっとと中南米へ下る準備を始めよう!

と、思うだけは思ったが、もうロサンジェルスの気楽な雰囲気になじみ始めていた。
ニューヨーク秋物語  北米一周グレイハウンドの旅目次  
北米  中米旅行記
世界百か国リストINDEX各国別旅行記