グリフィス天文台@グリフィスパーク/ロサンジェルス


【ホテル加宝に来た旅行者を案内して、グリフィス天文台の裏の展望台で】
しばらく閉じていたロサンジェルスの名所「グリフィス天文台」が、再オープンするとのこと。
新しくなったら、行くのに予約が必要だったりしているみたい。

でも、ハリウッド×ハイランドからのシャトルバスもあるみたいだ。
車を持たない人にとっては、逆に行きやすくなったかもしれないね。

グリフィス天文台はそれ自体が有名なのではなくて、グリフィスパークの天文台の裏の展望台が有名なんだけどね。
「未知との遭遇」の最初の方で、小型のUFOが飛び回るシーンがグリフィスパークへの山道だったと記憶している。

夜にロサンジェルスの碁盤の目の通りの灯りを、ここから見るととてもきれいだ。
ただ以前は、天文台に来るのに車が必要だった(市バスでも来れたがとても不便だった)。

それで、ホテル加宝では誰かが車を持っているときに、旅行者が来たら、一緒に展望台まで夜景を見に行ったりしたよ。
そんなに旅行者に親切にしていたのは、確か、僕が滞在していた1990年だったと思う。

というのはまだ僕がカリフォルニア州の運転免許を取ってなかったのは確かだったから。
いつも誰かの車に乗って、僕がナビゲーターをしていた記憶がある。

何回か行ったことがあるが、今でも思い出すのが、確かテキサスか何かの大学へ留学していた若者。
彼は、アメリカで簡単に免許証を取った。

でももちろん、アメリカの免許証はものすごく簡単に取れるので、免許を持っていても彼の運転は異常に下手だった。
それなのに彼は、ロサンジェルスは車が必要だと思っていたのか、ホテル加宝にきたときには、小さなレンタカーに乗っていた。

そこで僕は彼に声をかけて、(このときは二人きりだったと思う)一緒にグリフィスパークへ行ったんだ。
ロサンジェルスのど真ん中の名所だから、グリフィスパークへの道は(日本のように)明るく照明されていると思ったら大間違いだよ。

ほとんど照明なんかなくて、真っ暗だ。
まさしく、山道そのものなんだ。

しかも運転しているのが、日本で試験を受けたら合格するはずもなく、若葉マークもゼッタイに無理という若者だ。
僕が横にいたのだが、真っ暗な山道で、彼は崖から飛び出そうとするんだから。

僕は、「ストーップ!」と何度も大声を出したよ。
それで彼が車を止めようとすると、見事にエンストするわけだ(汗)。

とにかく、彼は運転する時に、横を向くことができない。
怖くて、車線変更ができないんだ。

2人で車に乗っている時は、僕が後ろを確認して、「車線右へ!」と声をかける。
でも彼は反応が遅いので、やっと右へ移ろうとするときは、すでに後ろからの車が迫っていたりする。

ホテル加宝が存在する、リトル東京の南の四番街は一方通行で、東にしか進めない。
だから、四番街の中央付近を走ってきた彼の車の中で、僕が「いま大丈夫。右に寄って!」と声をかけて、彼がぐずぐずしていると右に車線変更ができない。

車線変更ができなければ、ホテル加宝の駐車場へ入れない。
車線変更ができないまま、ずーっと東へ走りつづけたことがあったよ(笑)。

道に他の車が全く見えなくなったときに、やっと車線変更をして、ホテル加宝へ戻ったんだけどね。
正直いって、僕もそんなに運転は上手じゃない。

でも、ロサンジェルスのまっすぐな道で、車線変更ができないやつなんて、まず想像できないよ。
日本だったらそんな人間は免許証も取れないだろう。

ただ、そんな人間でも安く免許をもてて、なんとなく社会と折れ合っていっている。
その社会の「ゆるさ」「ぬるさ」「いい加減さ」、それがロサンジェルスのいいところだったんだよ。

【写真】ホテル加宝に来た女性と一緒に@グリフィス天文台
【旅行哲学】昔のロサンジェルスは、本当にいい加減な町だったよ。