マレコン通り、背後にモロ要塞を望む@ハバナ/キューバ

世界旅行者は、ロサンジェルスからヒューストン経由でメキシコシティへ飛んだ。
メキシコシティの適当な旅行代理店を当たって、翌日の朝出発の「キューバツアー」を申し込む。
しかし、ツアーとはいっても、参加者は僕1人、ツアーという形だけなんだよね。
キューバ航空でハバナの空港に到着すると、(何しろツアーなので)ちゃんと出迎えの車が来ていて、ホテルまで送ってくれた。
ところがこのホテルが、ハバナの中心部から遠かった…。
歩いて片道2時間かかる。
でも、それを知らないままの気楽な世界旅行者は、空港で買った市内地図を手に歩き出した。
ハバナの町の通りは、きれいに番号がつけられているので、迷うことはない。
だから、歩き出して15分もすると、道路の番号の減り方と時間を計算して、大変な時間がかかるだろうと予想がついたのだが、ひたすら歩き続けた。
観光客っぽい東洋人が、スタスタ道を歩いていると、「どこへ行くんだ」と声をかけられたりして楽しい♪
歩き続けると、海に突き当たったので、それを旧市街方向へとさらに歩く。
海岸通りの「マレコン通り」には、観光客もちらほらと見えるので、お父さんと娘(上司と部下のOLの可能性もあり)という感じの観光客に頼んで自分の写真を撮ってもらった。
世界旅行者の後ろに見えるのが、モロ要塞というらしい。

【写真】モロ要塞をバックにハバナの海岸通りにて
【旅行哲学】とにかく歩きさえすればいつかは目的地にたどりつくもの。
もっと詳しい話は、「キューバ旅行記」へどうぞ♪
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20040713