バルバドス@西インド諸島
ロサンジェルスから、マイアミ経由で西インド諸島バルバドスへ飛んだのは、1995年の4月だったね。
この時期は、ちょうどオフシーズンに入ったばかりで、ホテルも安くて、簡単に部屋が見つかって、とても楽だったよ。
世界旅行者はノンビリとビーチですごすなんてできず、焦って、バルバドス、グレナダ、セントビンセント&グレナディンズ、セントルシア、なんかの島々をアイランドホップしてしまったけどさ。
その詳しい話は、「西インド諸島旅行記」でね。
そのときに乗った「エアーカリブ」という航空会社は、トリニダード&トバゴに本社があるらしかった。
チェックインカウンターで、「日本にはニンジャがいるの?」とか「トリニダード&トバゴへ行かないの?」なんて聞かれたっけ。
それで、僕の中に、トリニダード&トバゴ旅行がずっと計画として残っているんだけどね。

【写真】バルバドスのビーチ
【旅行哲学】チャンスが目の前にある時に行動しないと、もう一度チャンスを作るのは大変だ。

参照:「西インド諸島旅行記」

(ウエストインディーズ(West Indies)、西インド諸島、海流の中の島々…。ヤシの樹が連なるどこまでも続く白い砂浜。旅人の永遠の憧れ。けだるくゆったりと流れる時間。世界旅行者はそこで、どのような現実を見るか?)