ボロボロのアメ車の前で@ハバナ/キューバ

【ハバナを歩いていたら、ぼろぼろのアメ車を見つけた】
「間違いだらけの海外個人旅行」より。

37)とにかく歩き回れば、なにか見つかる

世界旅行者である僕の特徴は、とにかく歩くこと。
そして、歩いていると、捜しているものが(捜してもいないものも)、自然に向こうから現れてくる。
例えば、昔、チッチョリーナ(ポルノ女優でイタリア国会議員)が有名だったころ、ローマを目的もなく、ふらふら歩いていると、捜してもいないのに、自然とポルノ映画館が向こうから近づいてきて、目の前で映画館のドアが開き、いやだというのに、彼女の本番映画をじっくりと鑑賞させられたことがある。
チッチョリーナの本番映画をローマの映画館で見た日本人はほとんどいないだろう。
こういう特殊な経験をたくさん積み重ねているから、僕は世界旅行者と呼ばれるんだよね(うふふっ)。
同じくローマテルミニ駅からバチカン市国まで、ローマの端から端まで歩いたこともあるが、バスや地下鉄に乗って、スリの危険を冒すより、すたすたと歩けば、健康にもいいし、本当に町のことがよくわかるものだ。
キューバに飛んで泊ったホテルが、ハバナのちょっと郊外にあるのに気が付いた時、地図は空港の観光案内所で入手していたが、縮尺がないので、ホテルからハバナの中心部まで、どれくらい離れているかわからないことがあった。
ホテルで聞くと、10ドルでタクシーを片道手配してもいいし、50ドルでガイド付きの一日観光を個人で手配してもいいという。
僕は「歩いて行けない所はない。こういう外人向けのホテルで手配すると金をボラれるだけだ」と、さっさと歩きだした。
結果、中心部へ着くのに、歩いて2時間かかった…。
こうなると、ヤケになって、中心部を歩きまわった後も、タクシーを使うのが悔しくて、往復歩き、5時間かかって戻ってきた。
でも、いい話のネタになった。
もう二度としたくないけれどね。
でも、その途中で「何で歩いているんだ?」とか「ナイキのスニーカーを売ってくれ」とか話し掛けられて、いい思い出が出来たものだ。
というわけで、歩いて損になることはないのだから、旅行者なら、とにかく歩くことをオススメしておきたい。
【写真】キューバ名物のボロボロのアメ車
【旅行哲学】キューバではボロボロのアメ車の前で写真を撮る、これがポイント
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20060708