『バスを乗り継いで、1日で、テグシガルパからマナグアへ移動』@マナグア/ニカラグア
1989年5月2日、今日は、革命政権下のニカラグアへ突入する日だ。
バスの出発は、午前4時で、僕は昨日すでに切符を買ってある。
目覚し時計を3時に合わせたら、2時半に起きてしまう。
これはいつもの事だ。
結局気が小さいせいなんだけど。
まるでセットした目覚し時計が鳴るのを確かめるためだけに、時計を合わせているような気がする。
体内の生物時計が起きる時間を記憶しているのだろうか。
シャワーを浴びて、荷物を整理し確認して、玄関脇で寝ていたおじさんを起こしてドアを開けてもらう。
テグシガルパの真っ暗な通りに出るのが、午前3時20分。
途中誰にも会わず、無事にバス会社に着いたのが3時35分。
重いバックパックを背負っているのに結構早かったのは、夜道が怖くてすたすた歩いたからだ。
僕は米軍のアーミージャケットを着て、バックパックを背負い、夜の町を急ぎ足に歩いた。
こんな人間と、あんまり関わりたくないと思うよね。
逆に怖がられたのかも知れない。
「ミ・エスペランサ」社のバスは大型だったが、乗ったのは半分の20人ほど。
出発は予定通りの4時。
途中で夜が明け、チョルテカの町でいったん止まって数人を乗せた。
国境に近付いたころ両替屋がバスの中で声を掛けてきた。
レートは1ドル=7千コルドバだという。
コルドバは、この時期のニカラグアの通貨だ。
両替はしない。
ニカラグアのハイパーインフレは伝説的なものだから、確かめないとこのレートが妥当なものなのかどうか解らない。
もうひとつの理由は、ニカラグアに入国する時に、どうせ60ドルを強制両替しなければならない。
僕は特に革命が趣味ではないので、ニカラグアに長居する気はない。
強制両替の60ドルだって、全部使えるかどうか解らない。
ニカラグアでは、ホテル代はドルキャッシュ払いが原則になっていると聞く。
60ドルは、主に交通費や食費にしか使えない。
その上、ニカラグアの通貨コルドバは再両替が出来ないとの噂があった。
いくら良いレートでコルドバを手に入れても、短期の滞在では無意味だ。
これまでも、強制両替の問題についてはいろいろ面白い話があったよ。
僕はこれまで、アルジェリア、シリア、チェコスロバキア、それからこのニカラグアと世界各地で強制両替を体験した。
それぞれやり方は、微妙に違っていた。
実際のやり方というのはいくら規則を読んでも解らない。
むろんガイドブックは、レベルの低い旅行者の噂話を載せてるだけなので頼りにならない。
旅先の強制両替というものも、自分で体験していないと、何も語れないわけだ。
ビールを奢ってくれるなら、これを詳しく解説して挙げても良いよ(笑)。
バスはごく普通の山道で、突然停車した。
運転手が僕を振り向き、「チノ(中国人)!」と呼びかけ、バスを降りるようにと指図する。
見ると道端に細長い平屋建ての建物がある。
軍人が立っているのを見ると、ここで軍の検問があるようだ。
バスは僕と荷物を降ろすと、そのまま走っていってしまった。
降りたのは僕一人。
兵士が僕のパスポートと荷物をチェックする。
チェック自体は(何しろホンジュラスを出国するのだし)簡単だが、「何かくれ」とつけ加える。
「何も持ってません」と言う。
あからさまにねだられたのは、南インドのトリバンドラム空港でペンテルの水性ボールペンをねだられた時以来だ。
「日本人は穴の開いたコインを持ってるだろう」と突っ込んで来る。
「何故知ってるの?」と聞く。
「日本人は頼めばいろいろと置いていく」と言いながら、5円や50円硬貨、小さな鈴などのコレクションを見せてくれた。
日本人旅行者は、お土産をばらまいて旅行しているみたいだね。
中には物をあげて、それで仲良くなったなどと勘違いしている旅行者もいるからなー。
どういう物を海外へ持って行くと喜ばれるかなどと自慢気に書いている旅行記もあるが、とっーても恥ずかしい話だよ。
誰かと仲良くなるために、モノで釣ってはいけない。
特に、海外個人旅行者は話の面白さで勝負すべきだ。
バスが行ってしまったので、不安だったが、ホンジュラスの検問所から国境まではすぐだと教えてもらった。
「歩いて行けばすぐだ」と教えてもらう。
検問所から国境までは、山道を1キロ歩いた。
国境には遮断機が下りていて、その横に出入国審査の建物がある。
近づくと、どっと人が集まって来るが、全部両替屋だ。
振りきってホンジュラスの出国手続きをする。
出国なのだから、何も聞かずスタンプを押すだけだ。
バス会社の窓口では3Lと聞いていた出国税を、5L取られてしまった。
外に出て一応両替率を確かめると、ここでは1ドルが8千コルドバとの話。
さっきよりは良いが、ところで公定レートはいくらなんだろう?
60ドルを公定レートで替えても、めちゃくちゃなレートなら滞在費も賄えない事だってある。
そういえばシリアでは連日ビールを飲んで豪遊していたら、強制両替のお金が足りなくなって、レストランで替えてもらった。
残っていた2Lと(これだけでは余りに馬鹿にしているみたいなので)、5ドル札を1枚コルドバにした。
もしレートの差が余りに激しければ、ニカラグア国内に必ず、いいレートで両替できる場所があるはずだ。
ここで大きく替える事はない。
そう思い直して、ニカラグアのポスト(出入国管理事務所)へ歩いて行く。
ホンジュラスとニカラグアの国境の中間地帯は50メートルほどの緩い坂道だ。
ニカラグアの入国手続きでは、まずパスポートを調べられる。
日本人はニカラグア入国にビザが必要だが、僕はグアテマラシティの大使館で取っている。
ビザは申請料25ドルと写真2枚が必要で、翌日発給だった。
発行から1か月以内に入国するという条件がついて、1か月の滞在が許される事になっていた。
トランジットビザがあるという話も聞いた。
これだと滞在は3日だけで、強制両替は15ドルという事だ。
3日でこの国を抜けるなら、本当に何も見ずに通り過ぎる事になる。
それもまたいやだよね。
この時代、ニカラグアに入国したことだけで、個人旅行者としてはかなり自慢できることだったしね。
国境での強制両替は、やはり60ドルだった。
僕は60ドルを、トラベラーズチェック50ドル、キャッシュで10ドル払った。
公定レートは1ドルが6900コルドバ。
思ったよりも自由レートと近いね。
20倍以上違った時期もあったらしいが、これならごく普通のレートだ。
それから外貨申告書を書く。
自分の持っているお金を、全部申告する。
ヨルダンからシリアへ乗り合いタクシーで抜ける時は、慌ててしまって外貨申告書を書かなかった。
トルコへ出る時に、必死で役人にフランス語で説明して許して貰った経験を思い出す。
外貨申告書がなければ、持っているお金を全部没収されるという話もあったんだから(汗)。
書類をきちんとしなければ、どんな難癖をつけられるか解らない。
続いて、出入国カードをきちんと書き込めば、これで入国完了。
午前9時半。
後は首都マナグアへ向けて、一直線と行きたいところだ。
ところがニカラグアでは、国境でバスやタクシーが待っているという状況にはない。
何しろ、経済制裁で石油が入ってこないので、バスの数が非常に少ない。
入国する人が少ないので、僕の入国手続きが終わった役人は近くをうろうろしていた少年とピンポンを始めている。
彼にどうやって町に行けるのか聞くと、「バスが来る」と言う。
何時来るかは誰にも解らないのだそうだ。
そこへピックアップトラックが人を乗せてやって来た。
運転手は近くの町ソモトまで15000コルドバで行くと言う。
2ドルぐらいなので助手席に乗り込む。
途中の道でいろんな人を拾いながら、ピックアップトラックはゆっくりと進む。
運転手は助手席にいる僕に、アメリカに支援されているコントラの悪口をしきりに言う。
でも、話は合わせるけれど、僕は信じない。
どんな民主的に見える組織にも社会体制にも権力者が生まれ、それが普通の人たちを弾圧する。
革命も基本的には一部の権力亡者の争いで、普通の人には関係ない事だ。
政治理論も体制も本質はきれいごとではない。
単に異常な人達がその権力欲を満たす為にでっち上げた物だ。
例えば、このピックアップの運転手だって、この体制の中でうまくやってる人だ。
サンジニスタ政権をほめるのは当然だろうね。
本当にいい人たちというのは、社会の表面に無理に出たりはせず、静かに生きそして黙って死んでいくもの。
ピックアップトラックがソモトの町のバスターミナルに着いたのが、10時半。
バスターミナルとはいっても、ただ広場があって、その周りを低い建物が囲んでいるだけ。
バスは1台も見えない。
マナグアまでの道筋を聞くと、直行のバスはないという。
ここからまず、エステリという町まで行って、そこでまたバスを乗り換えて、マナグアへ行くらしい。
エステリまでのバスの料金は1人3500コルドバ(70円)。
このバスの料金はインフレのせいで毎週、たまには2日で改定されるという。
エステリと書いてあるプレートの前にバックパックを置き、それに座ってペーパーバックを読んでいた。
人が三々五々集まってきたころ、黄色の中型バスがガタガタゴットンといった調子で広場に入ってくる。
「あれがソモト行きのバスですか?」ときれいなスペイン語で、誰かに確認しようかと振り向いた。
とたん、みんな一斉にどどっとバスに殺到した。
何でこんなに急ぐんだろう。
みんな何とか乗れそうな人数だと、目算する。
僕はゆったりと構えながらも、割り込もうとする人を必死で肘で押しのけてバスに入る。
ラッキーだった。
席はほとんど埋まり、僕の席が最後の座席だ。
車掌が回って料金を集めるが、僕のバックパックを見て(通路側に立て掛けていた)更に3000コルドバ要求する。
合計6500コルドバ(1ドル弱)。
バスはソモトを午前11時半に出発して、午後1時半にエステリのバスターミナルへ到着した。
エステリのバスターミナルには、何台かバスも止まっている。
バスがあるとは、なかなかバスターミナルらしいバスターミナルだね。
僕は、バスから飛び降りて「マナグア!」と叫ぶ。
すると今度は青色の大型バスに連れて行かれた。
バスは丁度人が乗り込み始めたところで、またドアのところで押し合いへしあいしている。
今度も何とか乗り込むとやはり最後の座席だ。
ついている。
僕はただの旅行者ではなくて、神に導かれているので、こういうときは何とかなるものなのだ。
実は、今朝2時半起きなのだし、エステリで少し休んでもいいと思っていた。
バスが遅く出るのならマナグアへ着くのが日が暮れてからになる。
日が暮れてから新しい町に到着すること、それは絶対に避けたい。
エステリで一泊して、明日午前中にマナグアに着けば、安宿を捜すのにもいいだろう。
しかし、目の前に出発寸前のマナグア行きバスがある。
という事は、神様が「マナグアへ行け。宿は僕が予約しておいた」とおっしゃってるようなものだ。
神にすべてを任せておけば、迷う事はない。
そう決断して、バスに乗る。
迷う事はないはずなのだが、乗り込んだバスがなかなか動こうとしない。
バスが壊れているのなら、それは神がエステリに泊まれとおっしゃってるのだ。
神の導きがどちらなのかはっきりしない。
バスを降りて、宿でも捜そうかと迷い始めたころ、やっとバスが動き出した。
バスはエステリを午後2時に出発し、マナグアの「エドゥアルド・コントレアス市場」のバスターミナルに着く。
バスターミナル到着が、夕方5時。
この時間だと、早く動かないと辺りが暗くなる。
「Lonely Planet」によると、インターコンチネンタルホテル近くのTICAバスターミナルのそばに安宿が多くあるらしい。
タクシーをつかまえる。
「TICAバスターミナル」といって料金を確かめる。
1万ペソだから1ドル半ぐらいだ。
ロサンゼルスのRTDバス(市バス)や都バス並みだ。
こんな時はわざわざ意地を張ってバスを使うのはおかしい。
日が暮れる前に宿にたどり着かなければ。
バスは低い建物の並んだマナグアをひた走る。
そこにひとつだけにょきっとそびえている建物は、あれはバンカメ(バンク・オブ・アメリカ)のビルだね。
TICAバスのターミナルというので、せめて駐車場ぐらいあると思ったら、予想と違っていた。
平屋建ての事務所の前でタクシーは止まる。
周囲はごく普通の住宅街の雰囲気。
途方にくれて、あてどもなく、うろうろして、立ち尽くす。
民家のベランダで、腹の出た中年の男の人がロッキングチェアーに座って通りを眺めているた。
声をかけて、ホテルを聞くと、隣がホテルだという。
民家を改造した感じの、名前のないホテル。
中に入ると部屋は大広間をベニヤ板で仕切っただけ。
シングルで3ドル。
部屋にバックパックを置き、ベッドの脚にチェーンでロックする。
ついにやった。
有名なガイドブック「シューストリング」にも、「一日でテグシガルパからマナグアへ行くのは無理」とあった。
僕はそれをとうとうやりとげたのだ。
午前4時にテグシガルパを出て、国境を越え、バスを乗り継いで、マナグアへ到着した。
ホテルに落ち着いたのは午後6時ころ。
みすぼらしい部屋でひざまずいて神に祈る。
「すべては神の定め、生きることも死ぬことも」
でもまずは、生きるために、食事を取らなければね。
なにしろ、今日は、朝から一日、何も食べてないんだから。

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx