『ニカラグアへのバスを予約し、テグシガルパを歩きまわるが、特に見るものはないとわかった』@テグシガルパ/ホンジュラス
1989年4月30日、午後5時ごろに国境からのバスはテグシガルパの、何の変哲もない通りで停まった。
バスを降りて、わけのわからないまま歩いていたら「ホテルサンペドロ」にぶつかって、泊まることにする。
この時代の「Lonely Planet South America on a shoestring」にも、テグシガルパの地図は手書きのスケッチのようなものしかない。
でも、夜寝るところさえ確保すれば、翌朝になって考えればいいだけだ。
翌日(5月1日)になって、朝早く目が覚めたので、ベッドに寝ながら、ガイドブックを開いて、ぼんやりと考え事をしていた。
僕が泊まっているホテルサンペドロは、コマヤグエラという地区らしい。
ホテルは、コマヤグエラの「6aAV」に面していた。
この通りを北へ進むと、チョルテカ川を渡り、一応町の中心部のソカロや教会に行き着くようだね。
ここで、このほとんどの読者には解らないであろうアルファベットの意味を解説しておこう。
中南米を旅行するのに役に立つかも知れないからね。
AVとはAvenidaの略だ。
そしてこのAvenidaの意味は「通り」。
勘の好い人は解るだろうが、これはフランス語から英語になったAvenueと同じ。
そうすると6とは6番地という事になると考えてもいいが、それでは「通り」という名前の「通り」があるかという素朴な疑問が湧くだろう。
これは通りの名前であって番地ではない。
では6は6番通りという意味を持つのだろう。
その通り。
ところで6aのaはいったい何なのか。
ちょっと勘の働く人はきっと6bというのがどこかにあって、それとの区別をつける為だと考えると思う。
君はなかなか頭がいい!僕がぼんやりと考えていた事と一緒だ。
でもどこを捜しても6bという通りはなかった。
僕は基本に帰って考える事にした。
例えば、LAの4番街は「4th ST」というふうに序数詞を使う。
とすれば6も序数詞だろう。
スペイン語の序数詞で6番目というのは、「Sexto」だ。
どこにもaというアルファベットは出てこない。
スペイン語の勉強をついでにやっておくと、スペイン語の名詞には男性と女性の区別がある。
aで終わる名詞は普通女性で、形容詞も名詞に応じて性別の変化を行う。
これで解ってきたぞ。
Avinidaは女性だ。
だから形容詞(序数詞は形容詞だ)のSextoはSextaと変化をする事になる。
そしてここに出てきたaこそが6aのaなのだ。
つまり、「6aAV」とは英語で言う「6th ST」と一緒なんだ。
ああ疲れた。
これが僕がホテルサンペドロのベッドの中で、テグシガルパに着いた翌日の朝にぐずぐずしながら考えていた事だった。
今日は何を置いてもまず最初に、ニカラグア行きのバスの切符を入手しなければならない。
テグシガルパにバスで入った時に目にした「ミ・エスペランサ」社は、この同じ6番通りにあったのを覚えている。
そんなに遠くないはずなので、とくにかく歩いていく。
海外旅行では、下手にバスに乗るよりも、とにかく歩くのが一番確実だよ。
途中で道を聞いたりして、とにかく歩きさえすれば、目的地に到着するんだから。
6番通りは小汚い2階建ての建物が両側に並ぶ、何の変哲もない、何の特長もない通りだ。
特に、コロニアル風でもない、現代的でもない、何とも表現のしにくいところだった。
そこをトントコトコトンと快調に歩く。
バス会社の事務所は、この通りが急に下りにかかったところにあった。
歩いて15分、翌日のためにも時間を測っていた。
ニカラグア行きのバスのことを聞いてみる。
「ミ・エスペランサ」社のニカラグア方面への始発バスは午前4時。
このバスはニカラグアの首都マナグアには直行せず(これは政治状況からいって当然だが)、国境の「エル・エスピーノ」まで行く。
ニカラグア国境方面へのバスは更に、6時、7時半、9時と出る。
6時のバスは国境の手前の町チョルテカ止まりだ。
そこから多分バスを乗り換えるか、タクシーをとばすかしなければならないのだろう。
見知らぬ町へ行く時の基本は、「なるべく早く到着する事」。
なるべく早く到着するには、なるべく早く出発することだね。
ニカラグアはまだ内戦状態で、交通の状態がどうなっているのか、また、旅行者向けのホテルの状況もわからない。
こういう時は、とにかく夜になる前に、まだ明るいうちに、目当ての町に着くようにしなければならない。
朝4時のバスの切符を買うと、座席番号が7番、料金は7L(280円)。
これで今日の予定は終了。
明日のニカラグア行きのバスを確保したら、今日の残りの時間は、特にやることはない。
6番街を逆戻りして、ホテルの前を通り過ぎ、そのままチョルテカ川にかかる橋を渡る。
どうやら、橋を渡ったところが、テグシガルパの中心地のようだ。
古い建物に囲まれた公園に行くと、労働組合の集会があって人がいっぱい出ていた。
そう言えば今日は5月1日だから、メーデーなのだろう。
「ドローレス教会」に行くとミサの最中だったので、席に座って神に祈った。
歴史人類学博物館へ歩いて行ったが、ゲートに大きな南京錠がかかっていて入館出来ない。
その帰りに「コンコルディア広場」でマヤの遺跡のミニチュアやコパン遺跡の石柱を眺めながら、しばらくぼんやりしていた。
もうする事がないよ(笑)。
テグシガルパには、もともと特に見るようなものがないのだ。
通りを歩いていて、映画館を見つけたので、暇つぶしに入る。
カナダ映画で「ワン・パートナー・トゥーメニー(ONE PARTNER TOO MANY)」で、料金が3L(120円)。
これは銀行強盗をだます銀行員の話で、最後は銀行員の悪事がうまく成功してしまうという、ピカレスクロマンだ。
予想以上に面白かった。
カナダ映画というのは、フランスの感覚もあり、米国映画とは雰囲気が違う。
旅行に出るとちょっとした暇つぶしに映画を見る事が多い。
海外の映画料金は日本に比べると非常に安いし、日本では見れない海外のB級映画も楽しめる。
僕も旅の中で、映画を見てきたよ。
例えば、パリで「ラストエンペラー」、トリノで「太陽の帝国」、ナイロビで「遠い夜明け」(これはアパルトヘイトを描いたものだ)。
このあとも、キトで「レインマン」、ラパスで「ロボコップ」サンチャゴで「インディジョーンズ」、と有名な映画を見た。
そうそう、ラパスでは「愛のコリーダ」も見たよ。
海外旅行の途中で映画を見ると、それは、忘れられないいい思い出になる。
昨日行った中華料理屋で、インペリアルビール(2L)を2本飲んで焼きそばを食べる。
昨日替えたレンピーラだけでは心細いので中華料理屋で両替を頼んでみた。
公定レートの1ドル=2Lだというので止める。
国境では3.3Lなのだからね。
公定レートと実勢レートにかなりの差がある場合の両替の仕方を書いておく。
基本的にはどこで替えられるか、現地の人に聞けばいい(これは旅行の基本だ)。
原則的には、どの町でも中央郵便局のそばを、物欲しげに歩けば「ダラーチェンジ?」と声をかけてくるものだ。
ホテルやレストランのマネージャーが替えてくれる。
この中米旅行ではテグシガルパやコスタリカの中央郵便局前は両替商だらけだった。
その考えで、テグガルパの中央郵便局へ歩いて行った。
どんどん声をかけてくる。
この時期のホンジュラスでは実勢レートで両替することに、実に大きな意味があった。
ホンジュラスでは、航空券をレンピーラで購入出来たんだ。
レンピーラに、銀行で両替したという両替証明書が不要だった。
公定レートだと1ドルが2レンピーラだが、実勢レートでは3.3レンピーラ。
単純に考えても、4割引で切符が買えるわけだ。
だから、この時期は無理に中米を下らずに、ホンジュラスで切符を買って南米に飛ぶ旅行者が多くいた。
安いから飛ぶというのは本末転倒のような気もするけどね。
旅行者なら、ここはどうしてもニカラグアに突入したい。
テグシガルパの郵便局前の通りでは、大きな額のドル紙幣になるほど両替率は良くなる。
トラベラーズチェックも両替しててくれる。
ずっと以前にネパールで両替した時もこれと同じ条件だった。
ただ僕が替えようというのは、たったの5ドル札1枚だ。
これを17Lぐらいにしようという訳だが、「5ドル!別の奴に頼みな」と、冷たくあしらわれてしまった。
結局、ホテルのレセプションの姉ちゃんに頼んで、15Lに替えて貰った。
ホテル代を払い、明日朝早く出るのでホテルが開いているかどうか確認する。
夜勤のおじさんがいるので、その人を起こすようにとのこと。
明日は4時発のバスに乗るので、目覚し時計を3時に合わせる。
今朝荷物なしでバス会社まで歩いて15分。
本の詰まった14キロのバックパックを背負って深夜の真っ暗な道を歩くというのは‥‥どうなのだろう。
襲われちゃうかしらん。
殴られたりするかしら。
殺されちゃったら、イヤだな…。
ただここも軍人の多い国だ。
こういう国は民主的ではないとしても治安はいいというのが公式だ。
また、朝の4時というのは、泥棒も仕事を終えて寝込んでいる時ではないか。
朝の4時前にタクシーを頼んでも、歩いてたった15分のところでは怒るだろう。
万が一タクシーが手違いで来なければ、バスに乗り遅れる事になる。
これは一番まずい。
どちらにしても、この時間ではタクシーの予約は出来ないだろう。
いろいろ考えているうちに、僕はコロッと寝込んでしまったようだった。

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx