『アンティグアからローカルバスを乗り継いで、アティトラン湖/パナハッチェルを見て、また戻る』@パナハッチェル/グアテマラ
1989年4月23日、日曜日。
アンティグア(antigua)の僕の部屋で、午前6時半に起きた。

今日は、とにかく、アティトラン湖と湖岸の町パナハッチェル(panajachel)へ1日で往復する予定。
行き方はだいたい調べてあるので、テキパキと動く。

アンティグアのバスターミナルから、チマルテナンゴ(chimaltenango)へのローカルバスに乗った(60センターボ/30円)。
午前7時15分に出て、チマルテナンゴへ行く手前の交差点エルグルーセ(el gruce)で降りたのが午前8時。

チマルテナンゴへ行かずに、交差点で降りるところが、いかにも僕らしいね。
交差点でコーヒー(15センターボ/8円)を飲みながら待っていると、キチェ(quiche)行きのバスが来た。

このバスに乗るのが午前8時7分で、午前9時25分にロスエンクエントロス(los encuentros)へ到着する(2.5ケツァル/125円)。
ロスエンクエントロスからソララ(solala)行きのバスに乗って、ソララ到着が9時50分(50センターボ/25円)。
ソララを午前10時に出て、湖への道を下り、パナハッチェル到着が午前10時20分(50センターボ/25円)。
アンティグアを出て、バスを乗り継いで、パナハッチェルへ到着するまで、約3時間かかったわけだ。
交通費の合計は、アンティグアからパナハッチェルまで4.10ケツァル(205円)
アティトラン湖(lago de atitlan)の水は、とてもきれいで澄んでいる。
でも、水も冷たく、また泳いでいる人もいない。
僕の記憶というか、思い込みでは、アティトラン湖は泳ぐものではない、というキモチがあった。

世界には、水はきれいでも、そこに病原菌や寄生虫が居て、泳ぐのは不向きだとい湖がある。
例えば、マラウィのマラウィ湖なんかは、寄生虫がウジャウジャで、泳いではいけない。
僕のイメージでは、アティトラン湖は泳いだら危険だという意識があった。
いまネットで調べてみると、そういう情報は引っかからない。

最初の世界一周をしていた1987年から1990年、僕は、とにかく水があれば、飛び込んでいた。
その僕が、アティトラン湖に入らなかったのは何か理由があったはずなんだけどね。

水着はいつも、バックパックに入れてあったんだし。
アティトラン湖の湖岸の砂は、工事現場タイプの砂と石で、雰囲気もよくなかった。

アティトラン湖に面した町パナハッチェルから、湖の向こうに3つの火山が見える。
それが、左から、アティトラン火山、トリマン火山、そしてサンタクララ火山(サンペドロ火山)。

僕が行った日は、全体的に雲がかかっていて、サンタクララ火山の頂上だけが見えた。
湖と火山という景色は、欧米人にとっては珍しい、興味深いものかもしれない。

火山と湖の国日本から来た僕とすれば、ちっともキレイには思えなかった。
正直、火山の山肌もむき出して、日本人とすれば、あまりの殺風景さにガッカリする。

これを考えても、箱根の芦ノ湖、北海道の洞爺湖なんか、日本の湖と山の風景が、世界的な観光地だという意味がわかる。
実際、日本ほど、風景の美しい国はないんだからね。

その風景を壊しているのも、日本人なんだけどさ(涙)。
例えば、日本の海岸線はどこも、もともととてもキレイだ。

ところが海岸線を埋め立てて、工場地帯を作ってしまった。
海水浴が出来るステキな海岸には、海の家という醜悪な利権産業が繁栄しているし、またラブホテルもあるよ(笑)。
意味のない護岸工事をして、建設業者が金儲けして、建設関係の公務員が天下りをする原資にした。
きれいな海岸線の砂浜には、テトラポッドを並べてテトラポッド海岸にしてしまった。

日本人って、日本の美しさを壊すことだけは上手なんだと、ホントよくわかるよ。
日本の工業化によって、日本の美しさも伝統も、壊されて今がある。
金もうけのために日本の自然も文化も伝統も壊してしまって、日本人の希望は、他人を見下ろす高層タワーマンションに住むことだ。
でも、昔のように、安アパートに住んで、商店街で世間話をしながら、買い物をして、銭湯に行った方がずっと幸せだと思うけどね。

アンティグアからパナハッチェルまで、バスを乗り継いでくる時に感じたことを書いておく。

グアテマラの山道は細くても、よく舗装されていた。
ただ、グニャグニャ曲がっているので、小さなバスに乗っていると、振り回されて、気分が悪くなったね。

僕が旅した4月ごろのグアテマラの山地の気温は、結構低かった。
風も冷たかった。

途中で、熱いコーヒーを飲んだりしたんだから。
この時期だと、寒さよけの上着は必要だと思うよ。

パナハッチェルへ来た目的は、まず第一にアティトラン湖と対岸にそびえる3つの火山という風景を見ること。
次は、ZENのユキさんが日本料理店ZENの支店をパナハッチェルに作って潰した。
そのレストランが潰れた跡を見ることだった。
パナハッチェルまで来て、日本レストランへ来る人もそう多くはないと思うけどね。

一応、ZENの跡を確認しました。

あと、パナハッチェルは、近くの村から民族衣装を着た人たちが集まるのでも知られている。
特に日曜日は、それぞれの民族衣装の女性たちが集まって、道端で市を開いていた。

1989年ごろは、グアテマラの織物がある種ブームになっていたようで、織物(ウィピル)を求めて旅をする人も居たとか。
僕も、せっかく来たのだからと、お土産にグアテマラ織物の「ミサンガ」、つまり腕飾りを買った。

束で買ったので、1本1本は安かった。
旅先で出会った人に、ばらばらにして1本をプレゼントするには、とても便利でした。

ミサンガは、アンティグアのソカロでも売ってました。
ですから、わざわざパナハッチェルまで行くことはないです。

パナハッチェル到着が午前10時20分だったが、2時間もあれば用事を済ませてしまった。
早い話、飽きたってことね。

午後12時20分にパナハッチェルの観光案内所(INGUAT)前でバスに乗る。
バスは、町を一通りぐるっと回り、湖岸へも行き、12時40分に町を出る。

ソララを通過し、ロスエンクエントロスへ。
ロスエンクエントロスでバスを乗り換えて、チマルテナンゴ行きのバスに乗る。

バスは途中でパンクしたが、それを修理して、チマルテナンゴまで乗っていった。
チマルテナンゴ到着が午後の14時45分。

チマルテナンゴの中央公園から、バスターミナルへ行き、アンティグア行きのバスを捕まえる。
これが、14時55分だった。

チマルテナンゴを出たバスは、スムーズに走って15時30分にアンティグアのホテルプラシード前で降りる。
行きも帰りも、バスを乗り換えたが、だいたい3時間で移動できた。

この日記を読めばわかるとおり、朝からコーヒーしか口にしていなかった。
フライドチキンチェーンの「LOS POLLOS」へ行って、チキン(3.35ケツァル)を2ピースと、ビール(CABRO)の大瓶(3.97ケツァル)で人心地を付ける。

そのあとZENへ行って、本格的な夕食を取る。
ワーホリ夫妻とまた会って、アティトラン湖とパナハッチェルの話で盛り上がった。

なぜしょっちゅうワーホリ夫妻と、アンティグアで会うかと考えてみたんだけどね。
アンティグアは小さな町で、しかも、僕の宿とドニャルイサとZENをチェックすれば、まあ僕はどこかにいるからね(笑)。

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx