『エルサルバドルから、国境の橋を越えて、ホンジュラスへ入国、テグシガルパ到着は夜になる』@テグシガルパ/ホンジュラス
1989年4月30日の朝、サンサルバドルの町を歩いていたら、兵士から自動小銃を突きつけられて、荷物のチェックを受ける。
内戦中のエルサルバドルで、いくらなんでも米軍のアーミージャケット着て歩くのは危ない。
それくらいは、僕にもわかっていた。
だから、僕の唯一の上着アーミージャケットを、バックパックの底に入れて、隠しておいた。
バックパックを全部開けられて、アーミージャケットを見つけられて、没収されそうになる。
僕の必死のアピールが効いたのか、「山の上は寒いから気をつけろ」と、アーミージャケットは見逃してくれた。
またつかまると面倒なので、急いで東ターミナルに歩く。
昨日見かけたぼろぼろのターミナルに入ると、ターミナルに似合いのぼろぼろのバスがいっぱい並んでいる。
これから、切符を買って‥‥と考えていると「フロンテーラ!フロンテーラ!」と叫ぶ声が聞こえる。
フロンテーラというのはスペイン語で国境のことだ。
「フロンテーラ?バ・ア・オンドゥラス?(ホンジュラスに行くの)」と声をかけて、乗り込んだとたんにバスは出発した。
出発が8時15分。料金9コロン(1C=25円だと175円)はバスの中で払った。
今度は何故か軍の検問がないままバスは快調に走り、サンミゲルの町を通過して、国境近くのサンタ・ロサという小さな町に着いた。
到着がちょうど昼の12時だから、サンサルバドルからサンタロサまで4時間弱かかったことになる。
バスは、どうやらここが終点の雰囲気だ。
サンタ・ロサでバスを降りて、僕はまた「フロンテーラ!」と叫ぶ。
少年が僕をつかまえて、別の車まで連れていってくれる。
今度はピックアップトラックの上に椅子をおき、幌をかぶせた乗り物だった。
料金は1.5C。
ちょっと走ると国境。
このピックアップを降りると、目の前に橋がある。
これが一度破壊されたという噂のサンサルバドルとホンジュラスの国境にかかる「ゴアスカラン橋」らしい。
破戒されたと聞いていたが、無事に存在しているようだ。
橋に向かって右側に、かなりおんぼろの木造のイミグレーションオフィスがある。
ここでエルサルバドルの出国手続きをする。
出国税は8C。
両替屋が寄ってきて「エルサルバドルのコロンをホンジュラスのレンピーラに換える」としつこい。
僕はホンジュラス側での入国拒否の可能性を考えている。
「共産国のビザがあったらホンジュラスへは入国出来ない」というのは、アンティグアでは良く聞いたものだ。
特に中国のビザがあるとだめだという話だ。
もちろんこんな話は、スペイン語もしゃべれない、良くいる日本人の中南米旅行者の信頼できない噂話。
彼らが、国境の役人に嫌われて追い返されたことを、自分の責任は棚に上げて広めたのだろうとは簡単に予測がつく。
しかし、今まですべての国境を問題なく通過した本物の「世界旅行者」の僕でも、「絶対に問題なく国境を越えられる」とは、それはいえない。
それが言えないと解っているから、僕は本物なのだ。
旅行では何が起こるか解らない。
何が起こるか解らないから面白いのだ。
ここで両替をしてしまったら、追い返された時にまた両替をするという馬鹿馬鹿しいことになる。
両替はホンジュラス側でも出来るのだから、ここで無理にすることはない。
橋を渡ろうとすると、橋のエルサルバドル側で兵士が僕を止めて、またパスポートのチェックをした。
どこから来たとか、旅行の目的はとか、質問をする。
これはもちろんスペイン語の質問で、スペイン語で返事をする。
ひょっとしたら、スペイン語がしゃべれない旅行者が、ここで引っかかってるのかな?、と思ったりする。
エルサルバドル川の質問を切り抜ける。
橋を進み、中間点から少し行った所で、今度はホンジュラス側の兵士につかまった。
同じような質問をする。
同じような回答をする。
橋を渡り終わり、ホンジュラスの入国管理事務所に入ろうとする所で、また兵士が話しかけて来た。
「日本人はみんな空手が出来るのか?」
世界中で香港と日本をごっちゃにしている人は非常に多い。
日本を良く知っているという人に聞くと、「日本人ではブルースリーが好きだ」という。
でも、日本人がみんな空手が出来るという誤解は旅行にはとても役に立つ。
空手のまね事をすれば、強いと誤解してくれて、それでずいぶん助かることもある。
こういう誤解はそのままにしておく方がいい。
「日本人はみんな空手を習います」と答える。
「おまえも空手を習ったのなら、どのくらい足が上がるかあげてみろ」と、とんでもないことを言い出す。
僕は自慢じゃないが、足は短い。
「日本人は空手か相撲を習います。僕は相撲をやったので、足は上がりません」とごまかす。
太った男性同士がふんどしをつけて抱き合う相撲というスポーツは、変わっているというのよく知られている。
相撲は世界中のテレビでネタにされているので、案外と知られているものなのだよ。
僕も、ジンバブエの宿で、相撲の話題で盛り上がったことがある。
国境の兵士というのも、軍人とはいっても、ただの公務員。
退屈で、暇つぶしは面白そうな人間をからかうしかないのだ。
しばらくニコニコしながら世間話をしていると、最後は通してくれた。
結局、相手に好かれるかどうかってことなんだと思う。
入国管理では特に共産国のビザがあることが問題にはならなかった。
ところで、入国審査官に会う時は、挨拶をするのが大事だ。
この場合は午後になっていたのでスペイン語で「ブエナス・タルデス」だ。
役人は僕が日本人だと見ると、危険人物のリストを出して調べ始めた。
覗き込むと、日本の赤軍派のおなじみの名前が並んでいる。
テロリストが本名で旅行するはずがないと思うけれどね。
入国税が5L(レンピーラ)。
両替をしてないのでドルで払う。
1ドル=2Lが公定レート。
3ドル出して、1Lのお釣りをもらう。
事務所の外に出れば、そこには自由レートの両替商がいっぱいいる。
彼らは1ドル=3.3Lで両替している。
これはコパンへの国境を越えた時のレート、1ドル=3Lよりもいい。
余ったコロンを21C(12L)と20ドル(66L)にした。
1Lは約40円になる。
その後、税関の荷物チェックがあった。
これはただ形式だけで、「よし」といわれて、さらに手数料を1L取られた。
この料金が本当かどうかを考え出したら多分嘘のような気もする。
でも、旅行者というものは金をばらまいていくのがその使命で、だから入国させてくれるのだ。
それを本当に理解していれば、1レンピーラ(40円)程度で、入国審査官と面倒を起こせるはずがない。
すんなりと、ホンジュラスに正式入国したわけだ。
国境を過ぎると、道路脇に中型のバスが一台止まっている。
誰も乗っていない。
近くの傾いたレストランに入って「テグシガルパへのバスはあれなの?」と聞く。
「待っていればそのうち動く」というすごく理屈の通った返事だ。
バスを眺めながら、ビールを飲む。
バスは午後1時30分に動き出した。
バスが動くのを見張っていた僕は、当然、動く気配がすればすぐに飛び乗る。
テグシガルパまで、5L(200円)。
ホンジュラスはなかなか人の移動が多いようで、バスの数も多い。
このバスは登り坂になるとぐっとスピードが落ちて、後から来るバスやトラックの迷惑になっていた。
途中で軍隊に止められたのが3回。
一度は僕のバッグを簡単にチェックした。
テグシガルパに着いたのが、午後5時過ぎだ。
この町は構造が良く解らない。
観光客がホンジュラスに来る目的は、グアテマラ国境にあるコパンの遺跡だけだが、それはもう見ている。
あとはこの町で、ニカラグアに突入するバス会社を見つけさえすればいい。
そう思っている時に、バスは「ミ・エスペランサ(私の希望)社」の大きな看板のそばを通った。
これがニカラグアへのバスを運行していると「シューストリング」に書いてある噂の会社だ。
僕の乗っているおんぼろバスは、その会社の前を通り過ぎて結構な距離を走り、同じ通りをちょっと回って止まった。
あたりはだんだん暗くなってくるが、僕がいるのは普通の町並みだ。
中南米のどの町にもあるソカロやカテドラルがどこか解らない。
こういう時は、まず心の中で神に強く祈る。
歩き出すと、すぐに「ホテル・サンペドロ」に出くわす。
神様がここに泊まれといっているのだ。
シャワー付きの部屋で15L(600円)。
フロントのお姉さんに聞いて、近くの中華料理屋に行く。
世界中どこにも中華料理屋はある。
そうすればスープや焼きそばがある。
ちょっと疲れたときには、中華料理に限るね。
「インペリアル」というビールを3本飲んで、具のいっぱい入った焼きそばを食べる(これで500円)。
中華料理店の中国人の女の子が結構可愛かったので、この女の子を眺めながらビールを飲む。
ちょっと酔っ払ってホテルの部屋に戻って、ベッドに横になる。
薄い毛布を掛けて考える。
国境で追い返されるという噂も多いホンジュラスへ、何とか無事入国した。
今日越えた国境が、中米で一番大変で訳の解らないと言われていた。
これから更に内戦の続く、革命政権支配下のニカラグアへ入る。
どうして、こんな所を無理に旅行しているのか。
それはむろん僕に解ることではない。
なぜなら…。
人が生きること、旅すること、愛すること。
それはすべて、神の定めたことなのだから。
xxx

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx