世界旅行者の「中米旅行記1989ver.4(revised2016)


【ティカル1号神殿@グアテマラ(2007)】
解説 北米 メキシコ ベリーズ グアテマラ エルサルバドル ホンジュラス ニカラグア コスタリカ エクアドル 南米

世界旅行者の「中米旅行記1989」について
中米旅行記の各国通貨の両替レート(1989年春)
☆メキシコ、グアテマラのマヤ遺跡を訪ねて(2007)
☆中米旅行に出発する前のホテル加宝滞在記「ホテル加宝物語(1989)」もあります
☆世界旅行者の中米旅行ルート(1989)
☆世界旅行者の中米旅行のお話
☆世界旅行者の中米北上ルート(1989)

001) ロサンジェルスから、メキシコへ陸路国境を越えて、ティファナのバスターミナルからエンセナーダへ
002)  『バハカリフォルニアをバスで下る/エンセナーダからゲレーロネグロへ』
002b) 『カリフォルニア半島を下る/ゲレーロネグロからラパスへ』
003) 『船会社のオフィスで、キャビンを確保し、日本人学生カップルと話をする』@ラパス/メキシコ
003b) 『バハカリフォルニアのラパスから船でマサトラン、そしてバスでグアダラハラへ』@メキシコ
004) 『旅行案内書について哲学しながらグアダラハラの町へ、また時差に迷う』@グアダラハラ/メキシコ
005) 『メキシコシティの北ターミナルからホテル・コンコルディアへ』@メキシコシティ/メキシコ
006) 旅行論をしながらメキシコシティを歩き回って、人類学博物館へ
007) 『国際学生証を作り、ベリーズのビザを取りにイギリス大使館、イギリス領事館、ベリーズ大使館へ行く』@メキシコシティ/メキシコ
007b) 『ベリーズのビザを申請し、テオティワカンを探険する』@メキシコシティ/メキシコ
008) 『ベリーズのビザをゲットして、ソナロッサでTシャツを買い、床屋へ行く』@メキシコシティ/メキシコ
008b) 『セマーナサンタでメリダへ直行できず、オアハカへ行くことを決め、メキシコの色っぽい雑誌を買う』@メキシコシティ/メキシコ
009) 『オアハカの一等バスターミナルで、ひげ君と出会って、一緒に宿探しへ』@オアハカ/メキシコ
009b) 『ひげ君と宿を探し、民芸品買い付けの日本人美女と出会い、モンテアルバン遺跡へ』@オアハカ/メキシコ
010) 『僕が細かい旅行の記録をつけているのは、ホテル代を支払った証拠としてでした』@オアハカ/メキシコ
010b) 『オアハカの南の二等バスターミナルから、ローカルバスでミトラ遺跡へ』@オアハカ/メキシコ
011) 『オアハカからテワンテペックへ』@メキシコ
011b) 『テワンテペックからサンクリストラルデラスカーサスへ』@メキシコ
012) 『明日のパレンケ行きバスの切符を買って、飛び乗ったバスで謎のインディオ村へ』@サンクリストバルデラスカーサス/メキシコ
012b) 『金持ちのフランス人家族と一緒に謎の祭りを見て、夜は日本人旅行者と話す』@サンファンチャムラ/メキシコ
013) サンクリストバルデラスカーサスからパレンケへ、山越えのバスはまるでローラーコースター(アグアアスール)
014) 『パレンケの遺跡はまるでディズニーランドだった』@パレンケ/メキシコ
014b) 『碑銘の神殿の頂上から、秘密の階段を下り、宇宙船に乗るマヤ人の石版を見る』@パレンケ/メキシコ
015) 『朝は、スペイン語の勉強をして、昼からまたパレンケの遺跡へ行く』@パレンケ/メキシコ
015b) 『パレンケから二等バスに乗ると、メリダの到着が、なんと午前2時だった』@メリダ/メキシコ
016) 『パレンケから夜行バスでメリダへ着き、落ち着ける宿を探し、【ホテルラティーノ】に決める』@メリダ/メキシコ
016b) 『メリダのソカロ近くの両替所の列で、ホテル加宝で出会っていた日本女性2人と再会する』@メリダ/メキシコ
017) 『ローカルバスで、チチェンイツァに行き、エルカスティージョに登り、セノテ(セノーテ)を見る』@チチェンイツァ/メキシコ
017b) 『チチェンイツァのセノテで、中年カップルの人生を旅行哲学して、メリダへ戻る』@チチェンイツァ/メキシコ
018)  『夜中に目が覚めて、日本のガイドブックを旅行哲学して、ウシュマル遺跡へ』@メリダ/メキシコ
018b) 『ウシュマルの魔法使いのピラミッドに登り、他の遺跡を見て、夜はソカロでワインを飲む』@メリダ/メキシコ
019) 『メリダのホテルを支払い、絵葉書を送り、一等バスに乗ってカンクンへ』@カンクン/メキシコ
019b) 『カンクンの市街地で我慢できる値段の部屋を見つけ、レンタルバイクを捜しに歩く』@カンクン/メキシコ
019c) 『イスラムへーレスで、白人トップレス美女を見る』@イスラムへーレス/カンクン/メキシコ
019d) 『体調を壊したが、カンクンの部屋で寝て、病気を治し、チェトマルへ』@カンクン/メキシコ

020) 『カンクンから国境の町チェトマルへ移動し、一泊して、翌朝VBSに乗って国境を越える』@チェトマル/メキシコ
020b 『ベリーズシティを歩き、郵便局で、絵葉書を出して、ベリーズの旅は終了』@ベリーズシティ/ベリーズ
020c 『ベリーズシティで絵葉書を出し、グアテマラの国境を歩いて越えて、国境の町で泊まる』@メンチョールデメンコス/グアテマラ

021) 『メンチョールデメンコスからティカル遺跡見学の起点フローレスへローカルバスで移動』@サンタエレーナ/グアテマラ
021b) 『ホテルサンファンに宿を取ったが、ホテルのおじさんとなんとなく気が合わない』@サンタエレーナ/グアテマラ
021c) 『サンタエレーナから歩いてフローレスへ、ボートでサンベニートを見る』@サンタエレーナ/グアテマラ
022) 『ホテルサンファンのマイクロバスで、ティカル遺跡へ行ったが、いくら歩いてもピラミッドが見つからない』@ティカル/グアテマラ
023) 『5時間歩いても見尽くせない、ティカル遺跡の広さに、世界旅行者も敗北を認める』@ティカル/グアテマラ)
024) 『フローレスから、日野自動車のバスに乗り、10時間で、グアテマラシティへ到着する』@グアテマラシティ/グアテマラ
024b) 『グアテマラシティからアンティグアへ行き、安宿を見つけて、面白そうな日本人カップルに会う』@アンティグア/グアテマラ
025)  『日本レストランZENで、日本語の文庫本を読み、ワーホリ夫妻と話が盛り上がる』@アンティグア/グアテマラ
026) 『POSADA REFUGIOから、HOTEL CONTRERASへ移り、HOTEL PLACIDOに落ち着く』@アンティグア/グアテマラ
026b) スペイン語学校を「CASA SAN SEBASTIAN」に決める(スペイン語とフランス語英語をまとめて論じる)
027) 『観光案内所(INGUAT)でニカラグア大使館の位置を確認して、バスでビザを申請しに行く』@グアテマラシティ/グアテマラ
027b) 『ニカラグアのビザをゲットし、アンティグアで写真を焼き増しして、グアテマラシティの観光を済ませる』@グアテマラシティ/グアテマラ
028)  『オルガ先生との一対一のスペイン語個人レッスンが始まる』@アンティグア/グアテマラ
028a) 『海外での語学学習について、自分の体験から、旅行哲学してみる』@アンティグア/グアテマラ
028b) 『アンティグアは、人がまた出会う場所』@アンティグア/グアテマラ
028c) 『アンティグアでの、僕の平凡な一日の流れを語ろう』@アンティグア/グアテマラ
028d) 『1989年4月6日(木曜日)から1989年4月13日(木曜日)までのアンティグア生活』@アンティグア/グアテマラ
『ワーホリ夫妻と語り合ったこと』@アンティグア/グアテマラ
029)  『ワーホリ夫妻と、ローカルバスでグアテマラからチキムラへ、翌日、ホンジュラスのコパン遺跡へ』@コパン/ホンジュラス
029b) 『ホンジュラスのコパン遺跡から、ピックアップトラックでグアテマラへの国境を越えて、バスへチキムラへ戻る』@チキムラ/グアテマラ
030)  『チキムラからバスに2時間乗って、キリグアの三叉路へ到着』@キリグア/グアテマラ
030b) 『チキムラからキリグア遺跡へ行き、旅行神の言葉を聞いて、アンティグアへ戻る』@キリグア/グアテマラ
031)  『1989年4月17日(月曜日)から1989年4月22日(土曜日)までのアンティグア生活』@アンティグア/グアテマラ
『アンティグアからローカルバスを乗り継いで、アティトラン湖/パナハッチェルを見て、また戻る』@パナハッチェル/グアテマラ
『1989年4月24日(月曜日)から1989年4月28日(金曜日)までのアンティグア生活』@アンティグア/グアテマラ
『アンティグアを出て、グアテマラシティからバスで国境を越えて、サンサルバドルへ』@サンサルバドル/エルサルバドル
『戒厳令下のサンサルバドルの朝、アーミージャケットを発見されて小銃を突きつけられる』@サンサルバドル/エルサルバドル
『エルサルバドルから、国境の橋を越えて、ホンジュラスへ入国、テグシガルパ到着は夜になる』@テグシガルパ/ホンジュラス
『ニカラグアへのバスを予約し、テグシガルパを歩きまわるが、特に見るものはないとわかった』@テグシガルパ/ホンジュラス
『バスを乗り継いで、1日で、テグシガルパからマナグアへ移動』@マナグア/ニカラグア

035)  【盗難論】マナグアの安宿に荷物を置いて、夜中に外出する時に、盗難防止について旅行哲学する
035b) 600ドルを市バスの中で盗られたという男から声をかけられる
036) 『ホテルを移動し、TICAバスオフィスへ行き、エンリケ氏と知り合い、観光案内所で情報を入手する』@マナグア/ニカラグア
036b) 『エンリケ氏とマナグア市内を観光して回り、現地通貨のコルドバがほとんど食事以外では使えないことを確認した』@マナグア/ニカラグア
037) 『グラナダで、中年の知的美女と話をして、ニカラグア湖に出て行く船を見送る』@グラナダ/ニカラグア
037b) 『レオンでは、バス切符を買うことが、話のネタでした』@レオン/ニカラグア
038a) 『ニカラグアのマナグアからバスに乗って、コスタリカの国境を越える』@ニカラグアとコスタリカの国境
038c) 「コスタリカからの出国切符をパナマ行きにするが、パナマへ行くかどうか、迷っている」@サンホセ/コスタリカ
039) 『サンホセを歩きまわり、TICAバスオフィス、プエルトリモンへのバス、列車を見つけ、白人旅行者と話をする』@サンホセ/コスタリカ
039b) 『ホテルモラソンへ移動して、旅行代理店のOTEC、トラベラーズチェックのAMEX、デパートなどを見て歩く』@サンホセ/コスタリカ
040) 『世界旅行者は、南米一周ルートを考える』@サンホセ/コスタリカ
040b) 世界旅行者は、パナマ旅行の条件について深く考えてみる@サンホセ/コスタリカ
041) 世界旅行者は、コスタリカで、バス料金を百倍払う
042) 世界旅行者は、ノリエガのパナマへ突入すると決意する
043) 世界旅行者に、パナマへは行くなとの、神のお告げが示される
044)  「エクアドル大使館に泣きついて、特別に、超特急で、エクアドルのビザをゲットする」@サンホセ/コスタリカ
044b) 「キトの日本大使館で、エクアドル入国の不思議が語られる」@キト/エクアドル
サン・ホセ(コスタリカ)からキト(エクアドル)へ飛んで、旧市街の「ホテル・スークレ」の屋上部屋に泊まる@キト/エクアドル

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 world index


xxx