『世界旅行者は、パナマ旅行の条件について深く考えてみる』@サンホセ/コスタリカ
注:この話は1989年のことです。いまはこんな面倒なことはないですが、面倒な方が面白いでしょ(笑)。

【ティカル1号神殿(2007)】
サンホセ(コスタリカ)からパナマシティ(パナマ)への入国条件について、TICAバスのオフィスで確認してみた。
ニカラグアからコスタリカへの国境で、僕はすでに、TICAバスの切符を買っているからね。
オフィスのおじさんの話。
「パナマからの出国切符(飛行機またはバス)を購入した後でパナマのビザを取る」という順序だ。
さらに「パナマのビザがあれば正式にバスの予約を入れられる」だとか。
僕はバスの切符は持っているが、バスの予約をするには、その前にビザが必要。
「バスの予約は出発の3〜4日前にしなければならない」んだと。
順序としては、まずパナマからの出国切符を買って、パナマのビザを取り、バスの予約を入れる。
これは結構時間がかかるよね。
サンホセからパナマシティの国際バスも、問題だった。
TICAバスはコスタリカの首都サンホセを毎朝5時に出発して、パナマシティ到着が深夜零時になるらしい。
時間通りに走っても、19時間かかる。
バスで19時間ということ自体は、長期旅行していればありふれていることで、驚くことはない。
パナマ到着が真夜中というのはいったいなぜなんだ。
わざわざ午前5時に出発せずに午後にサンホセを出るようにすれば、翌朝の便利な時間にパナマシティに到着することは簡単だ。
はは〜ん、このバス会社はわざとやってるじゃないかな。
真夜中に治安の悪いパナマシティに到着するように走っている。
そんな時間だったら、土地勘のない旅行者はバスターミナルの横にあるという噂のTICAバス経営のホテルに泊まる。
そのホテルの値段が30ドル程度という話を聞いている。
19時間のバスの料金は、20ドルしないんだよ。
このバス会社はバスの運賃(20ドル弱)よりもホテルの宿泊料金で稼いでいるのでは?
みえみえのトリックに引っかかるのもいやだな。
念のために、ニカラグアとの国境で買った「サンホセ〜パナマシティ」の片道切符が払戻しできるかどうか聞いてみる。
払戻しはできないと聞いていたが、何でも押してみるのが旅行のコツだ。
もともと規則などというものは、担当者の気分で簡単に変わるものなのだから。
僕が尋ねたおじさんは答えた。
「切符に名前が書いてあるので、払い戻しは無理ですっ!」だって。
これは、きっぱりしたお断りだね。
この後インフォメーション前で話をしたドイツ人の女の子は違っていた。
僕と同じ切符をこのオフィスでちゃんと払い戻していた。
やはり、どこの国のおじさんも、若い美女には弱いってことかしら。
僕のような、東洋人の中年のおじさんに親切にしてくれる人はいない(涙)。
サンホセの旅行代理店を3つほど回った。
最初に行ったのがコスタリカでなぜか有名な学生旅行社の「OTEC」だが、評判の割りには学割のきく安い切符があんまりない。
サンホセ(コスタリカ)からキト(エクアドル)が250ドル、ボゴタ(コロンビア)が135ドル、コロンビア領サンアンドレス島が75ドル。
これはすべて片道切符だ。
パナマから飛ぶとしても、出国切符はコスタリカで買っておかなければならない。
出国切符がなければパナマへ入国できないという話だからね。
窓口の女の子に「きれいな姉お嬢さん、パナマから南米へ飛ぶ、一番安い切符はいくらなの?」と聞く。
すると出してきたのが「パナマからボゴタへの片道90ドル、ただし学生割引で」という切符だ。
僕は学生ではないが長期旅行者だ。
メキシコシティのソナロッサにある学生旅行社で10ドル払って正規の国際学生証を入手している。
パナマから、南米コロンビアの首都ボゴタへ飛んで、80ドルは、悪くないが、サンホセからボゴタへ飛んでも、135ドル。
しかし計算すると、わざわざパナマまでバスで19時間かけてたどり着いても、切符はたったの45ドルしか安くならない。
ホテルが一泊最低30ドルする上に物価の高いところでうろついたり食事をしたりすれば、金銭的には全く得にならない。
しかし、旅行した国が一つ増えることになる。
これは旅行者にとっては非常な魅力だ。
旅行した国が50か国を超えてしまうと、それ以上増やすのは大変だ。
結局、何か国に行ったかという単純な計算になってしまう。
まあ、ほとんどの旅行自慢の旅行国数はウソだけどね(笑)。
迷いながら他の旅行社を当たったが、どこも似たような値段なのを確認した。
日が暮れてきた。
中華料理屋でチョプスィとスープを頼んで、ビールを2本飲んだ。
「行くことになるのだろうが、でも何となく胸騒ぎがする。ひょっとして片道切符で入国できるのかもしれない」と思い直す。
そうだ、迷った時は決断してはいけない。
確認のために明日は「パナマ大使館」へ行ってみよう。

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx