『1989年4月24日から1989年4月28日までのアンティグア生活』@アンティグア/グアテマラ
■1989年4月23日の日曜日

アンティグアからアティトラン湖の湖岸の町パナハッチェルへ日帰りをした。
そのあと、ワーホリ夫妻とZENで会って、アティトラン湖の話をした。

さらに部屋に戻り、1人でビールを飲んだ。
グアテマラのビールといえば「CABRO」と「GALLO」だけれど、2つとも飲んだ。

一日動いたので精神が高揚していて、それを酔いで押えようと思ったのかもね。
部屋で明かりをつけたままベッドに横になって眠ってしまったらしく、午前3時ごろに起きてしまった。

またベッドに横になったが、寝られないまま横になっていた。
明るくなったころ起き出して、スペイン語の宿題を終える。

■1989年4月24日(月曜日)

スペイン語学校へ行ったが、寝不足で疲れているせいか、頭が全く回らない。
散々な出来だった。

動詞の活用を暗唱するのも、全く浮かんでこなかった(涙)。
それで、少なくとも今日はお酒をひかえることに決意する。

昼過ぎにZENに行って、ビフテキ定食を食べた。
前回は、ユキさんプライスで、白飯の代金はとらなかったが、今日は取られた。

そのあと、ドニャルイサへ行って、本を読んでたと思う。
この日はワーホリ夫妻とは会わなかったかも。

■1989年4月25日(火曜日)

オルガ先生とスペイン語の接続法を勉強した。
昨日お酒を飲まずに、ゆっくりと寝たので、今日はまともだった。

ところが、お昼にピザをツマミにワインを1本空けた。
これで、身体がだるくなって、全く何も出来なくなる。

ZENへ行って、頭を使わない漫画を借りた。
ノートには「ヒゲ、乳デカ、アツシと会う」とある。

多分ZENで出会った日本人のことだと思う。
が、誰のことか覚えてません。

■1989年4月26日(水曜日)

この日で、オルガ先生とのレッスンが最後だった。
結局、3週間の個人レッスンだったわけだが。

感謝の印に、ペンテルの赤の水性ボールペンを2本プレゼントした。
というのが、僕は大量のボールペンを持って旅をしていたからね。

全くの新品をプレゼントしたわけだ。
赤色にしたのは、オルガ先生が宿題をチェックするのに便利だと思ったから。

校長のグロリア先生にも丁寧にあいさつをした。
学校で見かけた欧米人の皆さんにも、「これから南米まで下ります!」と決意表明した。

アンティグアの町をふらふら歩いて、目に付いた教会で祈る。
教会から外に出ると、初めて見る日本女性とすれ違った。

声をかけて軽く立ち話をした。
結構真面目なタイプで、スペイン語学校に通っているそうだ。

日本人が集まっているのがイヤで、ZENには行かないとか。
僕はこれから南米へ行くという話をしたが、僕としてはもっと話したかった。

ちょっと心残りだったね。
また歩いていると、僕の知らない日本人男性と会う。

彼も、スペイン語学校に通っているそうだ。
何か変に、急に、新しい、面白そうな人と出会うね。

新しい人と会うと、心が動く。
精神的に、落ち着かない。

ロスポジョスへ行って、チキンを食べてワインを飲んだ。
不安があれば、お酒を飲めば一応解消される。

もちろんそれは、誤魔化しているだけだが。
夜はPhilip K. Dickの「DO ANDROIDS DREAM OF ELECTRIC SHEEP?」をベッドで読んでいるうちに、眠ってしまったようだった。
■1989年4月27日(木曜日)

スペイン語学校は終わってしまったので、南へ下る準備をする。
まず、日本にいる友達数人に絵葉書を送った(1枚当り切手50センターボ/25円)。

床屋へ行って、さっぱりする。
料金が5ケツァルだが、チップを1ケツァル(合計6ケツァル/3百円)。

ZENで、スープ(2ケツァル)と焼きソバ(4ケツァル)にお茶(50センターボ)。
ドニャルイサでスペイン語の復習をする。

ドニャルイサで、日本人の男女と会って話をしたと、ノートに書いてある。
女性は、スペイン語学校で一日7時間勉強している。

男性は6時間授業を取っている、という。
はっきり覚えてないが、昨日道で会った男女と、会う約束をしてたのかもしれないね。

ワーホリ夫妻が来たので、軽く話をした。
さらにZENへ行き、ワーホリ夫妻と3人で、サヨナラパーティをする。

思い切りビールを飲んだ。
アンティグア出発は明後日だが、明日パーティをすれば、出発の日の体調に影響するからね。

■1989年4月28日(金曜日)

アンティグアを出て、エルサルバドルの国境を越えるのは、明日(1989年4月29日)にした。
ニカラグアへの入国期限は、ビザの期限の5月3日だと考えている。

明日動き出せば、4月29日から5月3日までの5日間だ。
この5日間で、ニカラグアとホンジュラスを通過するつもり。

まあ、中米の国はとても小さいので、距離だけを考えれば、一日で通過できる。
だがもちろん、国境通過の手続きなどを考えれば、1泊か2泊はしなければならないだろうね。

アンティグアに1か月ほどいたので、この町を離れることが難しい。
でも僕は、世界一周の途中で、またその一部中南米一週旅行をしている。

その中米旅行も、まだ半分しか終えてないんだから。
ここでこれ以上長居するわけには行かない。

部屋でバックパックを整理して、まとめた。
ホテルのスタッフにも出発のあいさつをする。

夕方ZENに行って、スタッフやユキさんにも別れの挨拶をする。
あまり食事はせずに、CABROの1リットル瓶を2本飲む。

ユキさんが、「ホンジュラスは東欧のビザがあると入国拒否される」という話をしてくれた。
「ニカラグアではビールはあるが、ビール瓶がないのでバケツを買わなければならない」とのこと。

全く信用できないが、もちろん、適当に相槌を打っていた。
いろんなトラブルがあるかもしれないが、何とかなるはず。

もし僕が、神に導かれているのならば。
xxx

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx