『1989年4月17日(月曜日)から1989年4月22日(土曜日)までのアンティグア生活』@アンティグア/グアテマラ
■1989年4月17日月曜日、今日からまた、スペイン語の学習が始まる。
金曜日に宿題が一つ出ていたのを思い出して、朝6時に起きて、学校へ行くまでに済ませた。

そんなに難しいものではなかったけどね。
午前8時から12時までの、オルガ先生との一対一のスペイン語レッスン。

今日は、動詞の変化形が主で、「不完了過去」「完了過去」「未来」の活用をやった。
僕が思うに、日本人がスペイン語を学ぶ時には根本的な問題点がある。
同じ活用なのにに、別の名前が付いていて、それが整理されていないってこと。
例えば、「点過去、線過去」は、「完了過去、不完了過去」とも言う。

動詞の活用を暗記する前に、その活用がなんと呼ばれるのかで、迷いがあるからね。
スペイン語教育の関係者は統一した名前を考えて欲しいものだ。

それはそれとして、動詞の活用は僕は、まず、ほとんど完璧だ。
動詞変化を暗唱する合間に、コパン遺跡、キリグア遺跡へ行ったことを、面白おかしく、オルガ先生に話してあげました。

100ドルのトラベラーズチェックを270ケツァルに、両替した。
ホテルの、4月17日(月曜日)から23日(日曜日)まで、一週間宿泊費(52.5ケツァル)を払う。
ZENへ行って、昼食をとった。
ビフテキと白いご飯を食べたが、今日はご飯代を取られなかった。
ZENでは、ZENのオーナーのユキさんの友達は、特別待遇があったからだ。
ZENの現地人スタッフは、僕をユキさんの友達と考えるのかという点で、かなり迷っていた。
僕とユキさんとの関係が、基本的には親しくなかったから。
僕もユキさんも、親しくなろうとはしなかった。
基本的には気が合わなかったんだけどね。
ひょっとしたら、かなり親しくなれたかもしれないが、互いに踏み込まなかった、ということなんだけどね。
ユキさんについては、また別の機会に話そう。
ドニャルイサで、サラダとコーヒーを取って、スペイン語の勉強をした。

このときに、いつアンティグアを出るのかを考えてみた。
問題は、ニカラグアのビザの有効期限だ。

スペイン語学校に通う前に取ったニカラグアのビザは、4月4日発行。
ビザの有効期限が1か月となっていた。

このビザを使うためには、5月3日までにニカラグアに入国しなければならないだろう。
スペイン語学校を一週間払いにしているので、結局3週間しかいられない(もちろん日払いに出来ないことはないが)。

今日が、4月17日なので26日(水曜日)までアンティグアにいる。
エルサルバドル、ホンジュラス、と旅をして、ニカラグアに5月3日までに入国する。

結局、こういう計画になるだろうね。
正直、スペイン語の学習だけに関しては、僕はいままでの復習をしているだけ。
別にアンティグアで、このままスペイン語の勉強を続けなければならない理由はない。
次の終末には、またグアテマラの観光地を見てみたい。
アンティグアの近くの「アティトラン湖」へ行けばいいだろう。
ニカラグアまでの計画が立ってしまった。

不満足な一日だったのは、ワーホリ夫妻と会って話をしなかったからかな。
彼らは、いま、多分、エルサルバドルを旅していることだろう。

■1989年4月18日。
スペイン語は比較級、と未来形と、接続法。

学校が終わって、部屋へ戻って、昼寝をした。
今日は、ワーホリ夫妻が戻ってくる日で、ドニャルイサで夕方に待ち合わせしていた。

ドニャルイサへ行くと、2人はすでに来ていて、すぐに話が盛り上がる。
ホンジュラスのコパン遺跡を見たあとで、3人が別れてから、話すことがたくさんあるからね。

僕は、コパン遺跡のあとキリグア遺跡へ行ってきた。
ワーホリ夫妻は、ホンジュラスから、エルサルバドルへ行って、グアテマラへ戻ってきた。

ホンジュラスからエルサルバドルへのバスでは、ワーホリさんの奥さんが痴漢にあったという話もある。
僕としては、これからエルサルバドルへ行くわけで、どんな情報でも欲しかったし。

ホント、話の合う人というのは貴重なものだ。
どんな話をしていても、笑い合えるんだから。

■1989年4月19日。
今日も朝8時から正午まで、スペイン語の勉強だった。

肯定命令と、否定命令、それからme gustaの形の文の練習。
木曜日から次の水曜日までを一週間として授業料100ケツァルを払う。

最初の週は120ケツァル、先週は110ケツァルと一週ごとに10ケツァルずつ安くなる不思議なシステム。
来週一週間は100ケツァルになる。

ちょっと精神的にイライラして、午後にピザ屋へ行って昼食。
ミックスピザをつまみにして、ワインのボトルを1本飲んだ。

五木寛之、吉本隆明、栗本慎一郎の文庫本を読み始めたが、どれもつまらないので、途中で放り出す。
そのあと多分ZENで、大阪出身の現役の京大生と会った。

同じ大学なので、結構話が盛り上がって、いろいろ聞いてしまった。
彼は、休学をして旅に出て、ニューヨークに住んで働いたとか。

今度の旅では、グアテマラに3か月いて、コスタリカに1か月行ってきたとの話。
コスタリカは僕も行くところだが、しかし、彼のようにビーチでごろごろする暇はないだろう。
彼は、コスタリカのビーチで背の高い白人女性と仲良くなって、アンティグアでは一緒に住んでいる。
彼と会うたびに、だいたい女の子も一緒で、僕に「ハーイ、ケン♪」とニコニコ呼びかけてくれたものだ。
僕が行く予定のコスタリカへ行った人と話をして、「特に変わったところでもない」と言ってもらえると、気分が落ち着くね。
そのあと、ワーホリ夫妻と会って話。

続いて、「自称写真家」と話をした。
ぼくの記憶にある写真家は、かわいい女の子だったが、旅先では自称写真家にはかなり出会うもの。

この日写真家と会ったと記録してある。
が、僕の記憶にある、ちょっと変わった女の子だったのかは、わかりません。

■1989年4月20日(木曜日)。
朝6時に起きて、スペイン語の宿題をチャッチャと済ませた。

来週の水曜日にレッスンが終わると考えると、変にイライラする。
ZENへ行って食事をしていたら、わけのわからない旅行通の皆さんの話を聞いてしまって、つい口を挟んでしまった。
京大生が、ガールフレンドのアメリカ女とやってきたので、ビールを飲んで、話をした。
そのあとスペイン語を勉強して、部屋で宿題を済ませた。

■1989年4月21日。
授業では、スペイン語の目的代名詞を流した。

今週の授業は金曜日で終わり。
来週になれば、月曜日、火曜日、水曜日、の3日しかないわけだ。

100ドルのトラベラーズチェックをソカロに面した銀行で両替する。
100ドルは、270ケツァルになる。

トラベラーズチェックのサインがおかしいと文句を付けられて、両替が出来なかった。
別のトラベラーズチェックを出して、念入りにサインをして、両替を済ませる。

トラベラーズチェックのカウンターサインがオリジナルのサインと似てないことはよくある。
その場合は、またトラベラーズチェックの別のところ(裏とかね)に、カウンターサインをやり直させるもの。

銀行の両替窓口の男は、何度も両替している、僕の顔を知っているはずなんだしね。
ごく普通に、意地悪されたんだと思う。

この両替できなかったトラベラーズチェックは、別のアメックスオフィスに持っていって、問題なく両替してもらった。

ソカロの角の観光案内所へ行って、アティトラン湖へ行く交通について調べた。
またピザ屋へ行って、ワインを飲んで、ドニャルイサへ行った。

■1989年4月22日(土曜日)。
学校のない日なので、午前11時45分まで部屋で寝ていた。

新田次郎「八甲田山死の彷徨」、南木佳士「ダイヤモンドダスト」、李良枝「由熙」を続けて読んだ。

中華料理の「GRAN MURALLA」へ行って、チョプスィーを食べた。
ビールを頼んだら、ワンタンのあげたようなツマミが付いてきた。

ソカロのベンチで横になって、ウトウトした。
なんか、ダレている気がする。
アンティグア滞在が、マンネリ化しているんじゃないかな。
僕はもともと、スペイン語をアンティグアで勉強する必要がないしね。
明日の日曜日は、アティトラン湖とその湖岸の町パナハッチェルへ行く。
これはこれで、気分転換になるでしょう。
xxx

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx