『1989年4月6日(木曜日)から1989年4月13日(木曜日)までのアンティグア生活』@アンティグア/グアテマラ
■1989年4月6日に、僕のスペイン語個人レッスンが始まった。
グロリア先生と、午前9時から午後1時まで、4時間の濃密なスペイン語レッスンだ。
レッスンが終わって、床屋へ行った。
この時期は、いまのように特に短くもなく、長くもない、適当な髪の長さだったけどね。
床屋料金が5ケツァル(250円)で、それに1ケツァルのチップを置いて、合計6ケツァル(3百円)だ。
僕の旅行ノートに、大阪からの女性旅行者のことが書いてある。
多分ZENででも出会ったのだろう。
一応、話の内容もメモしてある。
彼女は、パナマに2か月いたということで、ニカラグア、ホンジュラスも旅していた。
ホンジュラスでは当然、有名なマヤ遺跡「コパン(COPAN)」へも行ったとか。
彼女とは、ソカロに面した「CAFE JARDIN」で話をした。
話が終わって、教会の裏の道を歩いていて声をかけられたのが、おやおや、西ドイツ人のラルフ君だった。
彼とは、サンディエゴのバスターミナルで知り合って、協力して、メキシコへ陸路で入った。
そして、エンセナーダで、同じホテルに泊まったんだよね。
ラルフは、これからティカルへ行く予定らしかったね。
僕は、ティカル観光をしたあとで、アンティグアへ来たのだから、ユカタン半島は互いに逆回りしているっていうことかな。
旅で楽しいのは、一度出会った人と、また別のところで偶然に出会って、その間の面白話を交換すること。
二度目に出会ったときは、古くからの親友のような気持ちがするよ。
それでも連絡先を交換したりせず、あっさり別れてしまうのが、長期旅行者なんだ。
ラルフと別れて、ホテルに戻って、宿泊費を払った。
これが4月4日、5日、6日、の3泊分の24.75Q(1230円)だ。
支払ったことを確実にするために、名前を聞いて(アントニオくん)、宿帳にPAGADO(支払済み)と記入してもらう。
酒屋へ行って、CABROという、1リットルのお酒を4Qで購入した。
この日は、最初のスペイン語レッスンだったので、真面目に部屋で宿題をして、スペイン語の勉強をしたよ。
■1989年4月7日(金曜日)も、まずスペイン語学校へ。
動詞の不規則変化の暗唱がメインだったが、僕は暗記には強いので切り抜けた。
オルガ先生は、たっぷりと宿題を出してくれました。
そのあと、ソカロに面した銀行へ行って、70ドルを189ケツァルへと両替(1ドル=2.7ケツァル)。
「ドニャルイサ(DONA LUISA/panaderia y cafeteria)」へ行って、コーヒーを飲み、絵葉書を書いた。
「ドニャルイサ」とは、アンティグアの有名なコーヒーショップで、大きな邸宅を改装してあるもの。
ここは、スペイン語学習に来た欧米人の若者たちが、たむろするところだったかな。
ウェイトレスがお高く止まっていて、ちょっと東洋人には冷たかったりした記憶がある。
チップを払うのが原則だったね。
ソカロ(中央公園)に面した、「CAFE JARDIN」の方が、コーヒーはおいしかったが。
ここで、ワーホリ夫くんとじっくり話をした。
彼は、オーストラリア、カナダとそれぞれ1年間、合計2年間もワーキングホリディをしていた。
1989年のこの時期、日本がいくらバブルだといっても、2年も遊んで暮らすのは大変だろう。
もちろん、ワーホリでは現地で働くことは出来るんだけどね。
それを聞くともなしに聞くと、ワーホリ夫くんの実家は、東京に結構な土地を持っているとか。
1980年代後半のバブルの時代は、東京に土地を持ってさえいれば、ものすごい高額で取引されていたもの。
それで、彼の余裕のある雰囲気が理解できたよ。
ワーホリ妻さんがやってきたので、彼女の話も聞くと、彼女は日本で看護婦をしていたそうだ。
なぜか3人の話は、さらに盛り上がって、スペイン語やフランス語の話もする。
ドニャルイサで話が終わらず、さらにZENへ行って、焼きそばを食べて、互いの人生論まで語ってしまった。
ZENから「ルーツ」の3巻本を借り出した。
戻ってきて、部屋で、さらに、スペイン語の復習をしたね。
■1989年4月8日は、土曜日。
学校は休みなので、特にすることはない。
朝目が覚めたが、だらだらと昼まで寝ていて、ぼんやりした頭で、ZENへ行った。
食事を取っている時に、鳥取出身の女性デザイナーさんと会う。
と、僕の旅行ノートに書いてあるが、記憶がない。
おそらく印象に残らない人だったのだろうね。
そのあと、CAFE JARDINで夕方まで粘った。
ホテルへ戻って、スペイン語の復習をする。
■1989年4月9日は、日曜日。
朝から、ホテルの2階の回廊にあるテーブルで、スペイン語の勉強をしていた。
この日、焼き増しに出していた「パスポートサイズの写真」を受け取った。
前金で、5Qを支払っていたので、残金の11Qを払う。
昼食は、豪華に、ピザ(6.25Q)にサラダ(2.75Q)を食べた。
さらに、赤ワインを1本(9Q)飲んで、合計18Q(9百円)だ。
ボーッとして、酔い覚ましに、ドニャルイサに行ったら、またワーホリ夫妻とばったり会った。
そうして、また話がもりあがった。
イスラエルで買った、ヘブライ文字のタグの付いたジーンズが破れてきたので、ちょっと縫う必要があるかも。
アフリカでは、結構縫ってくれるところがあったんだが、中米では見つからないね。
■1989年4月10日、月曜日。
今週一杯のホテル代をウィークリー(一週間の割引料金)で支払う(77.25Q)。
これは、1泊8.25Qが4月7日、8日、9日の3泊で24.75Q、それから16日までの一週間分が割引料金で1泊当り7.5Qで、一週間が52.5Q。
つまり、24.75Q+52.5Qで、4月7日から16日までの10日分の合計が、77.25Qとなるわけだね。
お金を払ったところで、部屋の掃除をしてくれるように頼む。
授業は、この日から、スッキリと午前8時から正午までの4時間に変更してもらった。
昼過ぎから、ドニャルイサへ行って、スペイン語の勉強をした。
夕方に、ちょっと雨が降ったね。
僕はアンティグアにいつまでいると決めてないが、月曜日から一週間分のホテル代を払ってしまった。
少なくとも次の日曜日までは、いるということ。
常に、アンティグアをいつ離れるかということは、頭にあるんだけどね。
■1989年4月11日(火曜日)。
スペイン語の授業を、午前8時から正午まで、みっちりと受けた。
それからZENに行って、ビフテキ定食とビールの大を飲んで、11.25Q(6百円弱)。
ZENで食事をしている時に、これから中米を下って、ベネズエラへ行く日本人女性旅行者を見つけた。
互いに、情報を交換する。
ただ、僕の旅行ノートにはそう記録してあるが、僕の記憶には全く残ってないので、あんまり面白い人ではなかったのだろう。
なぜか、ワーホリ夫くんとまた会って、CAFE JARDINへ。
二人で話をしていると、ちょっと遅れて、ワーホリ妻さんがやってきた。
彼女の頭がチリチリになっていたのは、パーマ屋でちょっと失敗したらしい。
ぼくは、その時、「僕が昔結婚してた女の子にも、そうそう、そういうことがあったなー(笑)♪」、と微笑ましく感じたね。
一度ホテルに帰って、ボーっとしていた。
あたりが暗くなったころ、またワーホリ夫妻が僕の部屋を訪ねてきた。
なんでも、ソカロで催し物があるそうだ。
3人で行ってみると、ソカロでコンサートをやっていた。
いろんな曲を演奏して、歌もあった。
主催は「CASA DE CULTURA EN ANTIGUA」だが、それが、「米国大使館後援」なんだって。
米国の中米政策を感じたね。
ホテルへ戻って、明日提出する宿題を済ませました。
■1989年4月12日(水曜日)。
朝、学校に行く前に、僕のホテルの2階の回廊で、30歳くらいの日本人の女の子を見つける。
ちょっと言葉を交わすが、どうやら、男性と一緒のカップル旅行らしい。
男性とも話をするが、2人とも、なかなかマヤ遺跡について詳しい。
2人の話では、ホンジュラスの「コパン遺跡」、またグアテマラ内の「キリグア遺跡」が興味深いそうだ。
スペイン語を8時から12時まで、みっちりとやる。
部屋に戻ってきたら、朝の日本女性がいたので話をする。
彼女は、中米通らしい。
何でも、1984年、1986年にも中米を旅したとか。
彼女の顔を見ても、普通の日本人とは違って、貴族的だ。
話し方も、上品なので、それなりの人だ、と思う。
本当に本物の個性的な女性は、僕に興味を持つはずなのだが、それがない。
多分、いわゆる社会の表面的なファッションの先端を行っているだけの、「個性的な人」なのではないかな。
僕にはしっくり来なかったんだよね。
ソカロにある銀行へ行って、百ドルを270ケツァルへ両替した。
そのあと、ピザ屋へ行って、次にドニャルイサでスペイン語の復習をする。
■1989年4月13日(木曜日)、この日もいつもの通り。
午前8時から12時まで、スペイン語のレッスン。
僕のレッスンは、木曜日から始まったので、次の水曜日までを一週間と考える。
スペイン語の学費が一週間120Q(6000円)だった。
「最初の一週間は120Qだけれど、次からは一週間ごとに10Qづつ安くなる」というシステム。
つまり、次の水曜日までの授業料は、「110Q(5500円)」と値下がりした♪
それで、110Qを支払う。
真面目に勉強した後、イタリアレストランへ行く。
ここで、ピザとワインと、スパゲッティで合計20Q(千円)だ。
これはちょっと、食べすぎかな。
ドニャルイサへ行くと、ワーホリ夫が声をかけてきた。
そこで、ホンジュラスのコパン遺跡へ行く話を持ちかけた。
ワーホリ夫妻は、もともと、グアテマラの滞在許可がそろそろ切れるころ。
一度グアテマラから出国して、また入国することで、グアテマラ滞在を伸ばそうと考えている。
この時期、グアテマラの滞在許可の更新は、「72時間以上の国外滞在」が必要だった。
エルサルバドルへ行って、72時間滞在して、またグアテマラへ戻るのがみんなのやっていること。
これは、僕もいままでの話で、わかっていた。
ところが、僕が同じホテルで出会ったちょっと貴族的な日本人カップルと話をした。
彼らとの間では、ホンジュラスのコパン遺跡、グアテマラのキリグア遺跡が話に出た。
ということは、ホンジュラスへ行ってしまえば、ちょうど滞在許可の更新も出来るはず。
僕はただ、コパン遺跡とキリグア遺跡を見ればいいだけなんだけどね。
その話を持ちかける。
「ワーホリ夫妻と僕の3人で、国境を越えて、ホンジュラスのコパン遺跡へ行こうよ♪」って、話ね。
話は一気に決まって、明日、4月14日金曜日の午後1時、ドニャルイサで会うことにする。
僕はもちろん、コパン遺跡、キリグア遺跡を見て、戻ってくるつもり。
金曜日、土曜日、日曜日の3日間で、なんとかなるはず。
というわけで、次の話は、「コパン遺跡」「キリグア遺跡」になります。
おたのしみにね。

xxx

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx