「キトの日本大使館で、エクアドル入国の不思議が語られる」@キト/エクアドル
1989年5月14日(日)、サンホセ(コスタリカ)からキト(エクアドル)のバリグ航空RG871は午後3時発。
キトの到着は現地時間午後6時の予定だ。
中米から南米へ入るというので、朝は荷物を整理して過ごした。
少し早めに空港行きのバスに乗る(16コロン/24円)と、20分ほどで空港へ到着。
出国税を517コロン(8百円弱)取られた。
コスタリカの出国手続き、バリグへのチェックインはスムーズに進み、飛行機も時間通りに離陸する。
飛行機の中で、隣りの席のデイビッドと話をして、友達になった。
オーストラリア人の中南米旅行者で、20代後半の背の高い男だ。
僕と同じく、もう1年半以上旅を続けていた。
彼に、日本人にはエクアドルビザが必要だと出発前に知って、バタバタした話をする。
どんなに大変だったか、どんな気持ちだったか、結果的にはどんなにツイていたかを語る。
彼はビザを持ってないので、説教してあげる。
「デイビッド、君は甘いな。僕だって初めはビザが要らないと思ってたんだよ。でも、こういうことは大使館が一番良く知ってるのだから、一応チェックするのが長期旅行者の基本だよ」ってね。
キトに着陸したのは夕暮れだった。
デイビッドは、パスポートを見せて、すんなりと入国審査を通過する。
僕の番になると係官はビザをじっくり見て、考えながら30日の滞在許可をくれた。
一緒に両替をしながらデイビッドに聞くと、彼は90日の滞在許可をもらったという。
おかしい。
きちんとビザのある僕が30日しかもらえないなんて。
もう薄暗くなって来ていた。
ターミナルを出て、デイビッドと満員のローカルバスに乗って、安宿のあるという旧市街に向かう。
その日はサントドミンゴ広場の「ホテル・スークレ」に泊まる。
シングル1泊が400スークレ、約100円だ。
デイビットと僕はスークレの屋上にある、掘っ立て小屋のようなシングルルームに入った。
ホテルのロビーで、いかにもゲルマン民族の女性らしい、筋肉質の、背の高い、ドイツ人の女の子を見る。
飛行場で見かけた気がして話しかけると、彼女は同じ飛行機で来て、空港からは1人タクシーに乗ったそうだ。
その晩はデイビッドとこのドイツ女と3人でビールをしこたま飲んだ。
ビールの大びんが1本300スークレ、70円。
ドイツの女の子もノービザで90日の滞在許可をもらっていた。
次の日、もっと豪華なホテルを捜して移った。
「ホテル・ワシコンチネンタル」バス・トイレ付のシングルルームで1300スークレ、300円ちょっと。
そのあと日本大使館を捜しにいく。
久しぶりに、日本の雑誌や新聞を読もうと思ったのだ。
行ってみると、残念ながら他の国にある日本大使館のように新聞が山積みという訳ではなかった。
ここはそんなに日本人旅行者が来る所ではないみたいだね。
大使館員と雑談をして、僕が旅をしたヨーロッパやアフリカの旅行話をしながら、スタンプだらけのパスポートを見せる。
「西本さん、せっかく来たのに新聞がなくて済みませんね。手ぶらで帰すのもなんですから、パスポートの増補でもしていきませんか。20分ぐらいで済みますから」との話。
このときに、雑談ついでに、引っかかっていたこのビザの件を聞いてみた。
大使館員は、この質問に慣れているようで、あっさりと説明してくれた。
「日本とエクアドルの間にビザの相互免除協定はないんです。ですからビザが必要です。」
なるほど、やはりビザが必要なんだね。
「ただ、エクアドルの法律で、観光客はビザ無しで誰でも90日の滞在許可をもらえるんです。西本さんは逆にビザを持ってたので30日しか許可しなかったんでしょう」
あれれ、つまり、ビザは必要ないのがホントなんだね。
原則ではビザが必要だが、実際はビザが不要というわけだ。
こんなことは、世の中には、よくあるんだよなー。
あれだけばたばたして、その結果全くの無駄だったのだ。
無駄どころか、ビザ料金や大使館への交通費、心配した精神的な負担を考えると大損だよ!
大使館員の話によると、外務省の職員といっても自国の入国管理のこまごまとした実際の運用については、よくわからないのだとか。
規則通りに行かないと知っただけでもいいことにしよう。
しかし、あのビザ代で払った20ドル。
20ドルあればここではビールが40本も飲めるのだ!
そんなことはどうでもいいさ。
僕は中米を抜けて、南米へ足跡を印したのだから。
「エクアドルビザの謎」という、貴重な旅ネタを入手したのだから。
これからもっとすごい、南米旅行記が始まるのだから…(笑)。
xxx

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx