「エクアドル大使館に泣きついて、特別に、超特急で、ビザをゲットする」@サンホセ/コスタリカ
1989年の春、ロサンジェルス(ロサンゼルス)を出て、陸路で中米を下ってきた。
いままで、メキシコ、ベリーズ、グアテマラ、ホンジュラス、エルサルバドル、ニカラグア、コスタリカと旅をした。
このまま中米を下るのならば、次は、当然パナマということになる。
だが、パナマへ行くのをあきらめた。
理由はいろいろあるが、基本的には、パナマはとにかく危険だということ。
しかも、パナマは物価(宿泊費)が高い。
特に1989年の春は、ノリエガ問題で政情不安定だった。
このあと、米国海兵隊がパナマに介入して、ノリエガをマイアミに亡命させて、落ち着いたわけだが。
他には、パナマから飛ぶ切符がコスタリカに比べて特に安くはない。
パナマの入国条件がごたごたしている。
一番問題なのは、特に観光する所がない。
僕は中米旅行をしているのではなくて、本当の目的は、南米一周なんだし。
パナマからコロンビアの片道切符(90ドル)を、コスタリカの有名な学生旅行社OTECで買おうと決意した。
切符を買う金を両替しようと、僕の泊まっている「ホテル・モサラン」へ走って帰ったのに、おじさんがいなくて替えられなかった。
「ホテル・アジア」に行って、マネージャーと両替の交渉をすると、オーストラリア人旅行者から「パナマやコロンビアは危ないよ!」と言われた。
これだけ行ってはならないという話が出てくるのは、やはり危ないのだろう。
神様が「パナマには行くな」と指し示して下さっている。
無理をしてはいけない。
5月10日、OTECで、エクアドル行きの片道切符を買った。
「サンホセ〜キト」が片道250ドル、その上TAXが8%の20ドル。
片道切符が、合計270ドル。
考えていたより高いが、仕方がない。
切符を買った翌日の5月11日、サンホセの中心、文化公園の地下にある観光案内所へ行った。
コスタリカの人は親切なので有名だ。
「どこか一日つぶせる場所を聞きに行く」というのはタテマエで、半分はスペイン語の勉強の雑談だ。
いつものように、コスタリカをほめて、冗談を言ったりする。
話のネタがちょっと切れたので、エクアドルのビザについて確認を取ろうと聞いてみる。
「エクアドル大使館に電話をかけてくれませんか。日本人はエクアドル入国にビザが不要だというのを一応確認したいんです。僕のスペイン語は電話じゃ通じないと思うので」
コスタリカの女の子は愛想がいいのが評判なので、すぐ大使館へ電話を入れてくれた。
その答えは、「日本人はビザがいるそうですよ」だ。
僕は心臓が止まりそうなくらい驚いた。
そんなはずはない!
でも中南米の旅行では何一つ確かなことがないのも、また事実だ。
エクアドル大使館が、日本人にはビザが必要だというのならば、必要なのだろう。
素早く頭が回転始める。
今日は金曜日だ。
フライトは余裕を見てあるので日曜日。
あと2日あるが、大使館は当然週休2日だ。
グアテマラのニカラグア大使館のように、ビザが翌日発給ならば今から行っても月曜日になる。
月曜日にビザを取っても、ビザを手に入れたその日に飛べるかどうか解らない。
下手をすると早くて火曜日になる。
フライトはバリグだった。
ブラジルまで飛ぶので乗客は多く、すぐに席が取れるかどうか解らない。
毎日飛んでる便でもない。
現在午前10時半。
「今から行って今日中にビザが取れるかどうか聞いてくれませんか?それから何を持って行けばいいかも」
しばらく早口のスペイン語で話していた女の子が僕に言った。
「今すぐ来れば特別に今日発行すると言ってます。写真3枚とエクアドルからの出国切符を持ってくるようにとのことです」
これはとんでもない話だ。
片道航空券で入国するのだから出国切符があるはずがない。
写真はいつもデイバッグの中にいつも10枚はあるから、これは問題ないのだが。
エクアドルで出国切符が要求されるなんて聞いたことがない。
もし本当にそうならいろいろと面倒なことになる。
頭がかっと熱くなって「大使館は遠いんですか?」と聞く。
直接行って頼み込むしか、今は他に打つ手がない。
ありがたいことに、大使館の場所はそんなに遠くない。
バスに跳び乗って、エクアドル大使館へ駆け込む。
まだ午前11時だ。
しかし世界中で、大使館の受付などというのは、午前中のみというのが一般的なので、ギリギリなんだよね。
エクアドル大使館の受付にいた、落ち着いた感じの、30歳くらいの女の人に聞く。
「本当に日本人はビザがいるんですか?僕の持ってる本には90日以内の滞在はビザ不要と書いてありますが」ってね。
彼女は用意していた書類をめくって僕に見せた。
それを見ると確かに「日本人はビザが必要」と、はっきり書いてある。
シングルエントリーが20ドル、マルチプルが40ドル。
シングルエントリーにして20ドル払う。
思いがけない出費だが仕方がない。
今日どうしてもビザをもらいたい事情を説明する。
次に、「出国切符を見せて下さい」と聞いてくる。
これが一番の問題だ。
切符は片道しか買ってないこと、バスを使って陸路でペルーへ抜けるつもりだということを、引っかかりながら一生懸命スペイン語で説明する。
「お願いです可哀想な日本人を助けて下さい。可愛いセニョリ−タ!」で、演説を締めくくる。
セニョリータは、にっこり笑って言った。
「わかりました。特別に今日中にビザを発行しましょう」
この言葉を聞いて、ほっとして力が抜けた。
でも、幸運だったのかも知れない。
キトに着いた時に、ビザが無くて入国拒否なんかになったら、大変な問題だからね。
実は、エクアドルのビザについては、前々からちょっと引っかかっていた。
日本人旅行者のよく使うガイドブックには、この時期、エクアドルのビザについて支離滅裂な情報が載っていた。
同じ1冊の本の中に、3つの矛盾する説明があるのだ。
「エクアドルには空路で入国する時にのみビザが必要」
「90日以内の滞在ならビザは不要」
「エクアドルだけは国境でビザを取得できる」
一体ビザが必要なのか、用意しなくていいのか、という基本さえ不明だ。
日本の中南米のガイドブックは、中身が信用の置けないのが常識で、僕も信じてはいなかった。
ビザや陸上交通のことは、トーマスクックの「オーバーシーズタイムテーブル」を頼っていた。
そのトーマスクックには「エクアドルは90日以内の旅行にはビザ不要」とはっきり書いてある。
もちろん入国条件というものは常に変化する。
今回違ったのは、きっと新しい規則でも出来たのだろう。
エクアドルへの飛行機に乗る前に、ビザを取れたのはラッキーだった。
しかし、このエクアドルの入国には、世にも不思議な仕掛けがあったのだ。
それは次の「キトの日本大使館で、エクアドル入国の不思議が語られる」を待て!

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx