『世界旅行者はノリエガのパナマへ突入すると決意する』」@サンホセ/コスタリカ
パナマ大使館の話に戻ろう。
住所をたどっていくと、パナマ大使館は住宅地にあるごく普通の建物だった。
ドアのところに「領事部はあちら」と矢印があるので、別棟のパナマ大使館領事部へと足を運ぶ。
旅行経験が多くても海外でビザを取ったことのない人が読者の中にいることを考えて、念のために書いておくが、ビザの発行を受け持っているのは領事館や領事部だ。
普通は大使館の中に領事部があるものだが、時々は大使館と領事部がまったく別になっている場合もある。
ビザを取る目的の時は、はっきりと領事部の住所を確かめておかなければならない。
旅行者のなかにはどこでビザが取れるかという基本を知らずに「政府観光局」へ行って「ビザをください」と頼んだ人も実際に存在する。
これはとても馬鹿馬鹿しいが、旅行ガイドブックの編集者に旅行の話を聞くよりはましかも知れない。
まあ、方向としては間違っていないのだから。
パナマ領事部の窓口で「パナマのビザが欲しいんですが」と言う。
受付の女性が「あなたは本当にこの時期にパナマへ行くの?」と、顔をしかめてびっくりしたように言う。
「なにか問題があるんですか?」と素直に聞き返す。
「あなた、スペイン語読める?新聞読んでないの?」
実はこの時期は中南米の国で広く読まれている英字紙「マイアミヘラルド」も、英文で世界中で売られている「インターナショナルヘラルドトリビューン」も珍しく読んでなかった。
僕が泊まっている「モラサン」のロビーに古い「タイム」が山積みになっていたので、もっぱらそれを読んでいたのだ。
「スペイン語は少しだけ(ソロポキート)読めますが、どうしたんですか?何かあったんですか?」と聞き返す。
受付の女の子は自分が読んでいた新聞を僕に見せた。
大きな写真がついている。
カーター米前大統領がシャツを血に染めている写真だ。
リードを読むと、パナマで大統領選挙があった。
カーター氏が選挙監視でパナマにいたところ襲われたようだ。
こりゃ大変だ!
僕はとても慎重な(臆病な)性格の人間だ。
もともと治安が悪いパナマの、しかもノリエガが無理矢理大統領に当選して、ひょっとしたらクーデターやアメリカ軍の介入まであるかも分からないところへ行く気にはならない。
神が僕に「パナマへ行くな」という神託を与えるために事件を起こしたものと考えられる。
でも、本当に神が僕をパナマへ行かせたくないのなら、「サンホセ〜パナマシティ」の切符が払い戻せるように手配しておいてもいいはずだが…。
どう考えても、これは無理な話だよ。
神は僕に何をさせようとしているのだろうか?
神の本当の神託が分からない時は、そのままほうっておけばいい。
しばらくすれば解答が必ず現われるものなのだ。
行くか行かないかという決断は後まわしにして、パナマの入国条件を調べようとした。
「パナマのビザは取れますか?」と聞く。
「ええ。取れるけれど写真は持ってきた?」との返事。
長期旅行者はいつも手元に最低十枚の写真を持っているものなのだ。
「写真は持ってます」と答える。
「それからパナマの出国切符は?」
はてさて、これが問題だ。
詳しく聞くと「日付け入りのパナマからの出国切符が必要だ。バスでも飛行機でも構わない」との公式見解だ。
パナマから出国するバスの切符も航空券も持ってないのだから、今日はビザが取れない。
ということで、話を聞いただけで、そのまま戻ってきた。
ホテルモラサンのがらんとしたロビーに戻って、よく考えてみる。
はっきりしたのは「パナマへ入国するためには出国切符が必要だ」ということ。
パナマへ行くのなら、コスタリカでパナマから南米への切符を買っておくことになる。
いろいろ危なそうだからパナマへの滞在をできるだけ短くするために、とっととフライトの予約を入れておきたい。
その切符を持ってパナマのビザを取る。
ビザを持ってTICAバスの予約をする。
そのTICAバスは「3〜4日前に予約をしろ」と言っている。
でもパナマ行きのバスの予約が入らなければパナマから出る飛行機の予約もできないのではないか?
もちろん普通の状況ならば、それぞれに時間的な余裕を見込んでおけばいい。
現在はただでさえ危険なパナマが内乱状態になりかけているのだ。
困った…。
目の前にパナマへ入国できて旅行した国の数を一つ増やすチャンスがあるのに、みすみす見逃すわけには行かない。
ひょっとしたら神は僕に試練を与えているのかも知れない。
「困難に打ち勝て。神を信じて、内乱寸前のパナマへ突入しろ!」と。
それとも、「死ぬなら死んでしまえ!」かな。
決断を延ばしても仕方ない。
パナマへ行くことにする。
まだ午後の早い時間だ。
すぐに、パナマシティからコロンビアの首都ボゴタへの切符を買いに行こう。
xxx

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx