『世界旅行者は、南米旅行ルートを考える』@サンホセ/コスタリカ
中米を南へ下ってくる旅人が必ず考えなければいけないこと。
それは「どうやって南米へたどり着くか」という旅行ルートだ。
中米パナマと南米コロンビアの間には「ダリエンギャップ」という地峡があり、ここにはまともな道が通っていない。
バスや車ではこの地峡を通過できない。
中南米旅行のバイブル「サウスアメリカオンナシューストリング」にはこの地峡を通り抜ける方法が地図入りで説明してある。
ここを通ること自体は、決意すればそう難しくはない。
冒険者を気取ったり陸路で南米入りすることにこだわる旅行者のなかには、年に数十人単位でここを通過する連中もいるらしい。
船で中米から南米へ移動するルートも、ある程度確立されている。
僕はそんなたいそうな旅行者ではない。
無理するつもりはない。
僕が考えるのは中米のどこから南米のどこへ飛行機で入るかということだけだ。
これが簡単なようで難しい。
単純に考えればパナマからコロンビアへと飛べばいい。
一番近いのだし航空券も安いだろう。
しかし南米旅行では、南米大陸をぐるっと一周することになるだろうと予想がつく。
そうすると、中米から南米へどう入るかという場合は、同時に、南米からの脱出を考えて、ルートを決めなければならない。
南米からの脱出ルートとして、以前からちょっと気にかかっていたのが、イースター島のことだ。
南太平洋にぽつんと浮かぶチリ領のこの島へは、チリの首都サンチアゴとタヒチの首都パペテからの航空路がある。
万が一、安い切符が手に入れば、南米からタヒチへと渡ってもいい。
そこから南太平洋伝いにニュージーランド、オーストラリアと旅を続けられるかもしれない。
これはなかなか面白いルートだろう。
それほどありふれたルートではないから、ずいぶんとお金がかかるかもしれない。
南米の北東にある仏領ギアナから、フランス本国へ飛ぶという話も聞いた。
仏領ギアナとフランス本国の間のフライトは、国内線扱いとなるので切符が安いらしい。
実際に、こんなルートをわざわざ使う旅行者がいるとは考えられない。
旅行の話のネタになるだけで、仏領ギアナを旅行ルートに組み込むことは、南米一周ルートとしては、無理がある。
僕はすでにフランスをぐるんと一周しているので、いまさらフランスへ、行く意味がない。
そういえばモロッコを旅していた時、マラケシュのジャフナ広場で、南米からの旅行者と会ったことがある。
彼はリオデジャネイロからカサブランカへ他人の切符で飛んできた。
僕にはモロッコも旅行済みの場所なので、考える必要がない。
アメリカ合衆国へ戻ってくることになるだろう。
南米から合衆国へ飛ぶには、地理的にいっても値段的にもマイアミが一番いい。
しかし僕はもうマイアミから合衆国南部を旅行してしまっている。
同じルートを取るのは無駄で、やはりロサンゼルスへ戻ってくる方がいい。
ロサンゼルスには、今まで楽しく過ごしていた伝説の日本人宿「ホテル加宝」もあることだし。
南米からロサンゼルスへ直行したり、また中米経由で陸路で合衆国へと入るのなら、できるだけ近いところから飛行機に乗りたい。
南米からの出口をコロンビアにすればいい。
するともう一歩踏み込んだ隣国エクアドルを、南米旅行の入口にするのがいい考えだろう。
僕が南米に求めるものはインカの遺跡やアンデスのインディオ村なのだ。
決してよくいる南米旅行者のように、「南米の白人女性と親しくなること」ではない。
エクアドルは比較的小さい国で、ここから国境を越えてペルーに入国すれば、南へと下るルート沿いにいろんなプレインカ遺跡が散らばっている。
リマに直接入ると、この面白そうな遺跡を見るのにまた北上しなければならない。
旅行では一筆書きできるようなルート作りが重要なのだから、これは避けたい。
この点からいってもエクアドル入国は魅力的なのだ。
次に考えることは、中米をパナマまで下るかどうかだ。
コスタリカへ入国した時に国境で、僕がサンホセ〜パナマシティのバスの切符を購入したのを覚えている読者もいるだろう。
その時も説明しておいたが、パナマへはできるなら行きたくない。
パナマは誰に聞いた情報でも、とにかく危険らしいのだ。
その上に見るところがない。
更には物価が高い。
一番安い宿でも30ドル近くするという話がある。
こんなところで何泊もして切符を買うために時間をつぶしていたら、お金をどぶに捨てるようなものだ。
だからパナマへ行くとしても、予約の入ったパナマからの出国航空券を用意する。
パナマ滞在を、できるだけ短くする。
サンホセのTICAバスのオフィスへ足を向けた。
パナマの入国条件を確かめるつもりだ。
参照 : 世界旅行者の実際の南米一周ルート(1989)


中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx