『ホテルモラサンへ移動して、旅行代理店のOTEC、トラベラーズチェックのAMEX、デパートなどを見て歩く』@サンホセ/コスタリカ
1989年5月7日。
今日は、落ち着けるホテルを探すのが一番だ。
昨日泊まったホテルは、最初から一泊しかしないつもりだった。
さっきの白人旅行者が教えてくれた「ホテルモラサン(MORAZAN)」は駅のすぐそばにある。
ちゃんと看板も出ているが木造で少しゆがんでいる。
かなり年期の入った建物だ。
昔はあの駅がカリブ海からの玄関口で、駅に近いこのホテルもずいぶん繁盛したのだろうね。
中に入るとそこが天井の高いホールで、隅には長いすとテーブル。
テーブルの上には、古い「タイム(TIME)」誌が山積みになっている。
静かでなかなか良さそうだ。
「ディスクルペ!(すみませーん)」と大声で叫んでしばらく待つと、奥から50代の背の低いかっぷくのいいおじさんが出てきた。
早速部屋を見せてもらう。
2階の突き当たりの部屋でドアは観音開き、南京錠でロックするようになっている。
ホテルの建物自体がゆがんでいるのだからもちろん部屋もゆがんでいる。
20畳はある広い部屋で、隅にダブルベッドと窓際にテーブルといすがある。
値段は500コローネ(750円)。
昨日のホテルは窓のないベッド一つでいっぱいの部屋。
それで300コローネなのだから、こちらの方がずっといい。
まだ午前10時過ぎだ。
もうひとつガイドブックに紹介してあったホテルを当たってみることにする。
「ホテルアムステル」へと歩を進める。
このホテルは外観を見ただけで、僕のような貧乏旅行者には場違いだと分かる。
しかし勝手に高いと決めつけるのは世間知らずだ。
案外と安い掘り出し物にぶつかるのが旅行というものだから。
堂々とフロントに行って値段を聞くとセンシージャ(シングルルーム)で28ドル、プラスタックス。
これで結論が出た。
「ホテルアベニーダセグンダ」に預けていた荷物を取って、すぐ「モラサン」へチェックインする。
これでやっと、やっと落ち着いた。
旅行の楽しみはいろいろと変わったものを見たり、いろんな人と言葉を交わすことも、もちろんある。
一番の楽しみは、違った部屋の違ったベッドで寝るということだ。
気にいったホテルに住み着くとそこから離れにくくなる。
例えば、ロサンゼルスの「ホテル加宝」は、大好きになって、2か月以上も居座った
南米旅行が終わるころになると、考えることは、「ホテル加宝」に戻ることだけだった。
どんなに好きになったホテルでも、旅行者はいつかはそこを出て新しい旅に出る。
旅行者は「自分から進んで愛着を切る」ことを日常にしているのだ。
これを続けているのだから、人格が磨かれていくのは避けようがない。
愛するものからの別れを繰り返して、世界一周をする。
これは真正の哲学者、真の人格者、本物の宗教家にならざるを得ない。
午後になって、いよいよ本格的に町を探険して歩く。
まず中華料理屋を発見してビールと焼きそばで昼食。
いい気分になってふらふらと町を歩き出す。
ガイドブックで「切符が安い」と紹介してある、有名な学生旅行社「OTEC」の場所はホテルのマネージャーに聞いていたので、すぐ見つかった。
しかし閉まっている。
メモ帳を出して、よく考えてみると、今日(1989年5月7日)は日曜日だったよ。
道理であちこち店が閉まっているはずだ。
すべては明日からだね。
同じ通りに似たような旅行代理店を数軒みつけた。
今日は旅行代理店の場所を調べただけでいいことにしよう。
うろついていると「AMEX」の看板が目に入った。
そうそう、手持ちのトラベラーズチェックを再発行してもらわなければいけなかったのだ。
アンティグア(グアテマラ)の銀行の窓口で、トラベラーズチェックのサインをした時ペンが滑ってしまってサインがゆがんでしまった。
それで両替を拒否されていた。
普通はこういう時はサインの横にまたきれいなサインをしさえすれば受け取ってくれるものなのだ。
つまり、受け取らないのはこの銀行員の意地悪だ。
意地悪というのはすぐ分かったが、でも別にわあわあ騒ぎ立てたり怒ったりはしない。
意地悪なやつも性格の悪いやつも世界中どこにもいるのだ。
それにいちいち怒っていたらこちらの損だ。
だからあっさり引き下がった。
こういう場合に備えて、再発行の楽な「アメックス」のチェックをわざわざ持ってきたのだから。
もちろんこのアメックスも閉まっていたが、翌日このオフィスに行って説明するとその場ですぐに再発行をしてくれた。
酔いを冷まそうと朝一番にやって来た文化広場に戻る。
朝は見つからなかった観光案内所を見つけた。
この観光案内所はなんと文化広場の地下にあったのだ。
閉まっていたが、ここにも明日来ることにしよう。
更に町をふらふら歩いていると、足をがくんと滑らして転んだ。
ひざをこすって、LAで買ってきたリーバイスの501が破れてしまった。
結構酔っ払っているようだね。
あちこちでビールをたった5本飲んだだけなのに。
デパートで「BONJOUR」という面白そうなジーンズを見つけて買おうかと迷う。
いくら酔っていても、旅行の買い物のルールを思い出した。
「荷物は少ない方がいい」
食べたり飲んだりするだけなら無駄遣いをしても、その後で一度だけ後悔すればすむことだ。
しかし、旅行中に服が一枚増えるとそれをずーっと背負って運んでいかなければならない。
危ない、危ない。
今日は日曜日で本格的活動の下調べだけで終わった。
新しい町に着く時は週末を避けるべきだ。
そうしないと今日のように実質的に全く動きが取れないことがある。
まあいいさ、こういう日もある。
長期旅行では基本的には「一日に一つのこと」をしさえすれば十分なのだ。
今日は気にいったホテルを見つけて移動し、アメックスをはじめいろんな場所を発見したのだから、一日としては十分過ぎる。
人が何をするのもしないのも、すべては神の定めなのだ。

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx