『サンホセを歩きまわり、TICAバスオフィス、プエルトリモンへのバス、列車を見つけ、白人旅行者と話をする』@サンホセ/コスタリカ
ニカラグアからバスで10時間半かけて、コスタリカの首都サンホセへやって来た。
到着の日は、ただ宿を決めて近くの中華料理屋で焼きそばとビールを飲んで早めにベッドに入る。
もちろん無事に着いた感謝を神に捧げた後だ。
翌日は午前6時に起きた。
どこかに旅立つ日でもないのにいやに早いが、ここコスタリカではいろいろとやる事がある。
大問題のパナマへ行くかどうかを決定しなければならない。
今までのパナマの情報は芳しくないものばかりだった。
物価が高い、治安が悪い、見るものがない。
これに対して僕がパナマへ行く理由としては、ぎりぎりまで中米を下るという旅行の建前の問題が一番大きい。
パナマでは米ドルをそのまま自国の通貨として使っている。
パナマでドルのトラベラーズチェックを手数料なしでドルキャッシュに交換して、南米での闇両替に備える事もある。
パナマへ行くかどうかはここで正確な情報を手に入れてから決めるしかない。
パナマへ行くにしても、そこから南米のどの国に行くのかを前もって決めて、コスタリカで切符を買っておくつもりだ。
物価の高い危険な国で切符を捜してうろうろするのは避けたい。
時間があれば、中米のスイスと呼ばれる観光国家コスタリカを、時間をかけて見てもいい。
そのほかにもいろいろと細かな用件があるが、それはすべて英語が通じて設備も整っているこの国で片づけるつもり。
南米に入ってしまうといろいろ面倒なのかも知れないからね。
現在の持ち金をチェックしてみる。
久しぶりに貴重品袋を開けて所持金の調べる。
さてトラベラーズチェックが100ドル、50ドル、20ドル合わせて5140ドル。
現金が418ドル。それにコスタリカの通貨が3000コロン。
この時期の換算レート(1ドル=130円)で日本円に換算すると72万円ぐらいだ。
現金が418ドルあるがこのうち90ドルはLAの銀行で揃えた1ドル札の束だ。
400ドルもキャッシュがあれば、わざわざパナマへ行って、トラベラーズチェックを現金に替える必要はないだろう。
これで南米一周をしてまたアメリカ合衆国へと帰ってこれるだろうか?
まあそれはどれだけ僕が酒を飲むか、南米の国々のインフレがどうなのかによって決まる事だろう。
いま考えても仕方がない。
荷物をまとめてホテルをチェックアウトし、フロントに荷物を預ける。
だって今日はもっといいホテルに移るんだい!
コスタリカの首都・サンホセの朝、まだすがすがしい空気の中に足を踏み出す。
サンホセの町は中米の首都が大体そうであるように高地にあって、海抜1000メートルを越えている。
カリブ海と太平洋に挟まれた細長いコスタリカのちょうど分水嶺にあると考えればいいだろう。
朝夕は結構涼しい訳で、僕もいつものアーミージャケットをはおって、ディパックを肩にかけて歩いて行く。
今日はまず居心地のいいホテルを捜さなければならないな。
サンホセではいろいろすることが多い。
部屋で一人静かに過ごしても落ち込まないような程度のホテルをみつけたいものだ。
出来るならすぐにホテルを決めたいが、朝8時ちょっと過ぎではまだホテルの宿泊客がチェックアウトしていないだろう。
ホテルを訪ねても部屋が空くかどうかはっきりとしない。
はっきりしなければ、商売熱心ではないラテンアメリカでは「部屋がない」と言われてしまう。
やはりホテルの部屋捜しは、お昼前の11時頃が一番いい。
もちろん旅行法則はその国々によって修正されなければならない。
僕が「昼前にホテルを捜す」と言っているのは、ここが中米だからだ。
ロンドンのビクトリアステーション裏の安宿街では「VACANCY(空室あり)」のボードをドアの前に出している。
どんな時間でも歩き回っていさえすれば部屋があるかどうかは簡単に分かる。
パリのカルチェラタンの安宿街では大きく違う。
パリの安宿では、目をつけたホテルへ早く行って、受付の前で列を作るくらいでないと、部屋が手に入らない。
ここ中米コスタリカには特に旅行者が集まるという心当たりのホテルはないし、時期的にも込み合うことは考えられない。
町をうろうろと歩き回ればきっと神様がいいホテルに巡りあわせてくれるだろう。
町の中心「文化広場」へと歩く。
観光案内所があるはずなのだが、見回しても公園にはそれらしい建物が見当たらない。
カテドラル(大聖堂)へと歩けということか。
何といっても、旅行では「祈る」ということが一番大切なのだから。
カテドラルはそう古くは感じなかったがなかなかの大きさだ。
がらんとした建物の中で椅子に座って瞑想する。
前の椅子の後ろにあるひざ載せを使って、ひざまずいて祈る。
「神様、あなたに導かれてここまで来ました。すべてはあなたの指し示すままです」
コスタリカの首都サンホセの中心部はかなり狭い。
端から端まで歩いて30分もかからない。
だだっぴろかったグアテマラシティとは大違いだ。
これではバスを待つよりうろうろ歩いた方がずっと楽しい。
歩くとして、さてどこに行こうか?
パナマへの切符を国境で買って持っているのだから、まずTICAバスのオフィスに行って、バスの様子を調べてみることにしようか。
昨日の夕方バスの着いたTICAバスのオフィスまでは、カテドラルから歩いて5分。
着いたのが9時だが、オフィスが閉まっている。
歩いている人に聞くと、パナマで選挙があったので閉まっているとか。
分からない話だ。
なぜ選挙があるとバス会社がクローズするのだろう。
まあいいさ。
ラテンアメリカでは理由を考えてはいけない。
ただ起こったことを受け入れていけばいいのだ。
別のところへ行けばいいってことなんだよね。
次は、カリブ海岸の港町プエルトリモンとサンホセを結ぶ鉄道駅へでも行こう。
今日は無理だがサンホセ滞在中に時間があればプエルトリモンへ行ってもいい。
それにガイドブックには「この鉄道はバナナプランテーションの中を突っ切るのでとても景色がいい」とお勧めなのだ。
鉄道駅へは大きな公園の横を通るので、公園のベンチで休み休み歩いた。
だんだん太陽が高くなってくるとちょっと汗ばんでくる。
公園の木陰でベンチに腰を下ろしたりしながらゆっくり駅のある方向へ進む。
道に人だかりがして、バスが数台停まっているのをみつけた。
「プエルトリモンへ行くのか?」と尋ねてくる。
「シー、ペロオイノボイ(うん、でも今日じゃない)」と答える。
「ドンデエスタ・エスタシオンデフェロカリール(鉄道駅はどこですか)?」と聞く。
指さして教えてくれたのは目の前の汚い建物だ。
線路は廃線寸前のようだが、よく見ると完全に錆びているわけではない。
駅の建物の前には、白人旅行者が20人ほど座り込んでいる。
白人旅行者というのはなぜか地面に座り込むのが大好きなのだ。
近寄って、愛想の良さそうなやつに笑いかけて「ハーイ!」と挨拶する。
彼はこれからカリブ海側のビーチで2か月ほどごろごろするのだそうだ。
僕も行くのかと聞くので「南米へ行くので時間がない。それに今日のホテルも捜さなきゃいけないしね」と答える。
彼はポケットから手帳をがさごそと持ち出して、名前を確かめて自分の泊まっていたホテルを教えてくれた。
その名は「ホテルモラサン」
彼と座り込んで旅行の話をしているうちに列車が入ってきた。
観光列車とは名ばかりで、貨物列車のような車体で窓が小さい。
中をのぞくと座席は向かい合わせで椅子もクッションが効いてなくて、しかも間隔も狭い。
もちろんクーラーはない。
これでサンホセからカリブ海岸へ降りていくのに6時間かかるという。
景色がいいというだけが売り物の列車なのだから、変な席に座って景色が見えなかったらこれは地獄だね。
でもなかなか人気のある列車らしく、出発までには白人の若者で席が埋まった。
出発は午前10時ちょうど。この列車は毎日あるという。
ともだちになった白人旅行者を手を振って見送って、さっきのバスのたまり場へ歩く。
バスでリモンへ行く時間を聞くと「バスは毎時間出発していてリモンまで3時間。
バスはリクライニングシートでクーラー付き」だと。
これじゃあバスの方がいいよね。
でもそれはリモンへ行く時の話だ、今日は考えないことにしよう。
とにかく、今日泊まるホテルを見つけたいものです。

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx