「コスタリカからの出国切符をパナマ行きにするが、パナマへ行くかどうか、迷っている」@サンホセ/コスタリカ
ニカラグアからコスタリカへの入国審査で気になってたこと。
それがコスタリカ入国に、出国切符が必要だったこと。
バス会社では、大丈夫だと言われていたので、何も用意してなかった。
南米への切符は、コスタリカで買う予定だったからね。
70コローネで印紙を買って、入国審査の窓口へ並び、パスポートを差し出す。
入国審査官はパスポートを激しく振って、何も出て来ないのを確かめる。
「ボレート(切符)!」と大声を出して、パスポートを僕に突き返した。
「切符がなければ入国出来ない。切符を買え!」と言う。
「セニョール!どこで切符を買うんですか?」
「そこだ!」と答えが返る。
その声に後ろを振り向く。
そこには手回しよくTICAバスの切符売り場があった(笑)。
入国審査の窓口の向い側のカウンターでコスタリカから外国(ニカラグアかパナマ)への出国切符を売っている。
聞くとコスタリカの首都サンホセからマナグアまでの切符が千コローネちょっと。
マナグアからサンホセまでの切符の値段25ドルよりずっと安い。
つまり、マナグアで往復切符を買わなくて正解だった訳だ。
僕はものごとを深く考える、しつこいおじさんなのだ。
ちょっと待てよ。
定番ガイドブック「シューストリング」には、「コスタリカからの出国用バス切符は結局使えないことになる」と書いてある。
ということは払戻しが出来ないのだろう。
僕はコスタリカからパナマへと下るつもりだ。
それなら、コスタリカからパナマへの切符を買っておけば無駄にはならない。
パナマへ行くかどうかについてはちょっと迷っている。
パナマは治安が悪く、物価が高い。
もちろんホテル代も高い。
ではなぜパナマへ下ろうとするかというと、南米ぎりぎりまで中米を下ったという言い訳が欲しいからだ。
案外知らない人が多いが、実は中米から南米にバスで下ることは出来ない。
中米と南米の間パナマとコスタリカの間の地峡「ダリエンギャップ」には道路がない。
道路がないといっても陸路なのだから、もちろん無理すれば通れない訳ではないし、一応ルートもある。
「South America on a Shoestring」を読めば、この間の通り方が詳しく説明してある。
時期にもよるが案内のインディオを雇って1〜2週間で通り抜けられるという。
確か日本人の自転車旅行者が、ダリエンギャップを通過した話を雑誌に書いていた記憶がある。
無理にこんなルートを取ることはない。
普通は中米から南米へは飛行機を使うことになる。
僕は中南米旅行をしているから、基本的には中米を下って、パナマまで行くのがいいとは思う。
パナマまで無理に下っても金がかかるだけなら、コスタリカから南米へ飛んだ方がいい。
パナマから南米へ飛行機をつかうとしたら、パナマからの航空券はコスタリカで用意することになるだろう。
なぜならパナマに入国するにも又、出国切符が必要という情報があるからだ。
コスタリカにはOTECという有名な旅行代理店がある。
中米旅行者の間では安い切符を売っているという評判だ。
パナマから飛ぶにしても、コスタリカで切符を買って予約しておく。
そうして、出来るだけパナマでの滞在時間を少なくするようにするのがいい。
1989年のこの時期、パナマは治安が悪くて、物価が高いという評判だった。
無理して、パナマまで行く必要があるだろうか。
全く無駄な切符を買うよりは使う可能性のある切符を買う方が前向きだよね。
それも切符代の差はたった6ドルぐらいなんだもの。
これは一瞬に頭にひらめいたことだ。
それに「迷った時は前進する」これは旅行の第7法則だ。
そこでサンホセからパナマへの、バスの片道切符を購入することにする。
1515コローネ。
出国切符を買うとすぐに、入国スタンプがもらえた。
時計を見ると、まだ午前11時。
バスの出発は午後1時で30分前に建物の裏に来るようにといわれる。
この建物にはカフェテリアがあるので、ビールを飲む。
入国するというのは、いくら国境を越えるのが簡単な国でも一仕事だ。
無事に入国スタンプをもらうまでは、どんなトラブルが起きるかわからない。
だから、気の小さな僕は、いつも緊張している。
無事国境を越えたあとの、冷えたビールはとてもおいしい。
12時30分に建物の裏に行くと、バスが待っていた。
すぐに乗り込むのかと思ったがそうではない。
自分の荷物を持って、石で出来た細長い台の上に載せるようにいわれる。
今度は税関のチェックだ。
僕は何も問題になるようなものは持っていない。
日本の赤いパスポートを見せるとノーチェックで通してくれた。
背の高い白人男性はどうやら目をつけられたらしく、荷物の隅々まで詳しく調べられる。
バスは午後1時を少し過ぎて出発した。
隣に荷物を調べられたアメリカ人が座った。
「旅行をしてるの?」と話しかける。
彼の名はトム。
ニカラグアにボランティアで働きに来ていたと言う。
中米は全部旅行しているらしい。
パナマはどんなところなのか、行くべきかどうかについてアドバイスを求める。
「危ないよ。物価も高いしね」という答。
彼が持っていたパナマの「バルボア」コインを記念にくれた。
パナマでは紙幣はアメリカドルをそのまま使っていて、ただコインだけを鋳造しているという話は聞いていた。
彼がくれたコインはアメリカのクオーター(25セント)と全く同じ大きさで、ただ図柄が違っているだけだ。
実はパナマへ入国する理由を無理やりに考えた時、このコインを入手するというのもあった。
コスタリカへのバスの中で手に入ったということは、「パナマへ行くな」との神のお告げだろうか。
きれいに舗装されたパンアメリカンハイウェイを、バスはゆったりと走り、コスタリカの首都サンホセに近づく。
トムが道路わきの丘一面に生えている木を指さして、「ケン、あれがコーヒーの木だ」と教えてくれる。
右手に非常に近代的な空港の白い建物を見る。
すぐにバスはサンホセに入り、TICAバスのターミナルに到着する。
到着は午後5時半。
予定は午後4時着だったが、1時間半程度の遅れは中南米では予想通り。
これからすることは、ホテルを捜して夕食をとるだけ。
英文ガイドブック「シューストリング」によると、サンホセのメインストリートAvenida 2のTICAバスターミナルの近くに安宿がたくさんあるらしい。
歩いて目に入った、いかにも安そうな宿に入ってみる。
最初のホテルの部屋はベニヤ板で仕切られて壁の上部に透き間がある。
これで200コローネ(300円)。
だいたいこれが最低のラインらしいね。
まだ時間があるので、かなりきちんとしたホテルの値段も一応調べることにする。
一つの国の状況は、別の国と全く違うことがある。
思いがけない安い値段でいいホテルに泊まれる、ということは案外あるものだ。
世界旅行主義では「ホテルは最低3軒あたること」となっている。
一筋横のAvenida Central を歩いて見かけた中級ぽいホテルに入って料金を聞く。
1泊40ドルとのこと。
1泊40ドルは、長期旅行者の泊まるレベルではない。
レセプションのおじさんの僕を見る目が冷たい。
よれよれの格好で、汚れたバックパックを背負っているのだから、まっ、仕方ないが。
「デマシアード・カーロ(高すぎまっせ)」と言うと、急に25ドルまで下げてきた。
アメリカから飛行機で飛んできたのならともかく、中米を陸路で下って来た場合は金銭感覚が変わってしまっている。
米国内ならば、25ドルの部屋は安い方かな。
中米旅行をしていて、ただ寝るだけに20ドル以上使うなんて考えられない。
安宿街へと戻り、同じレベルの安宿を次々に4軒当たる。
最終的に"Hotel Avenida Segunda" に決める。
シングルで300コローネ(450円)。
今度はきちんとした壁のある部屋だ。
部屋はベッド一つが入ると一杯で、テーブルもベッドランプもない。
ドアにはYaleの鍵がついているので、安全性は高い。
新しい町での最初の夜は慎重にしないといけないから、これでいいだろう。
ホテルの並びの中華料理屋に行って、チョップスィーとスープを頼む。
冷たいビールを3本飲みながら考える。
2週間の予定の中米旅行が2か月以上かかってしまった。
早く南米へ入らなければならない。
考えるのは、どの国から南米旅行を始めるかということ。
南米大陸を一筆書きでぐるっと一周するつもりなのだから。
サンホセでは、南米への航空券の値段を調べる。
パナマの情報を集めて、それに応じてパナマまで下るかどうかも決まる。
あんまり考えても仕方ないのだ。
うろうろしていれば、どこかで決定的な神の啓示が現れる。
人に出来ることはとても少ない。
何かを決定する力もない。
すべては神の定めで、僕はそれにただ従うだけだ。

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx