『ニカラグアのマナグアからバスに乗って、コスタリカの国境を越える』@ニカラグアとコスタリカの国境
1989年5月6日。
今日はニカラグアを出て、コスタリカへ入る。
旅立つ時の例にもれず今日も朝4時50分、目覚し時計の鳴る前に起きた。
昨夜、荷物は全部整理してあるのだが、重要な書類をもう一度確かめる。
念入りに荷物をまとめたといっても、昨夜は酔っ払って頭がぼーっとしていたのだ。
こういう時にはいくら気をつけていても忘れ物をする。
今までも、トルコのカッパドキアでバックパックをラックに結びつけておいたチェーンを、そのままホテルの部屋に忘れた。
アンカラから電話をかけてバスに乗って、わざわざもう一度取り戻しに行った。
代わりのダイヤル式のチェーンがアンカラで見つからなかったせいなんだけれどね。
コリンズジェムの小さな英英辞典は、もう5つほど世界中あちこちのホテルに置き忘れている。
本を読みながら寝るので、読みかけの本をベッドに置き忘れたのは数知れない。
大切なものでは、目覚し時計もすでに1個なくしている。
パスポートやクレジットカードなどの重要な物をなくしたことはない。
ある程度のものをなくすのは長期に旅していれば仕方ないことで、それはあきらめるしかないし、当然のことなのだ。
完璧ということは人間の為し得る技ではないのだから。
部屋を出る。
ホテルの玄関のドアには内側から鍵がかかっている。
ドアの前のソファにハウスボーイが眠っているので彼を起こす。
昨夜ホテル代は清算してあるし、今朝出発することも告げてある。
この数日で冗談を言い合っていたハウスボーイ君がすやすや眠っているのを起こすのは何か悪い気がする。
持てあましている2万コルドバ札をチップで渡す。
「ムーチャス・グラシアス・ポールトード!(いろいろとありがとう)」
それでもまだコルドバ札がずいぶん手元に残っている。
国外では両替できないという噂の通貨を持っていると、困るよ。
北アフリカのアルジェリアからチュニジアへ砂漠を歩いて国境を越えた時。
アルジェリアディナールが国外では使えないとの日本のガイドブックの説明をうのみにした。
国境への乗り合いタクシーで一緒だった新婚夫婦にプレゼントしてしまった。
その後で両替が出来ること発見して悔やんだものだ。
アンティグアでの情報では「コルドバは紙くず」という噂だ。
ニカラグアでのコルドバの使いみちの無さから「紙くずかな」とは思うのだが、国境の両替屋に期待する。
TICAバスの事務所はホテルのすぐそばで、着いて時計を見ると5時半。
ようやくあたりが白み始める。
ニカラグア人や白人が5人ほど事務所の前でたむろしている。
6時出発の予定通りにバスがやってきた。
自分の名前が呼ばれ、座席番号を告げられる。
バス会社の職員はタイプ打ちの乗客名簿を読みあげている。
覗き見ると、それには乗客の国籍、パスポート番号、発行期日などがきれいにタイプで打って表にしてある。
国境で提出するのだろう。
バスの予約が2日前までという規則はきっとこの書類を作るせいなのだ。
乗客は次々に名前を読み上げられる。
パスポートを見せて一人一人バスに乗り込む。
手間のかかることをするので、出発は1時間遅れて7時になってしまった。
やっとマナグアを出ると、バスは林の中の平坦な舗装道路を何の問題もなく、とことこと快調に走る。
2時間後に木造平屋建ての白いペンキ塗りの建物の前に着いた。
どうやらニカラグア側の国境検問所らしい。
中米の陸路のイミグレーションオフィスにしてはいやに立派だ。
建物の中で出国審査の待合所の向かいに免税品店があるのを発見。
余ったコルドバで買えるものなら何でも買おうと見て歩くが、すべての商品はドルキャッシュ払い。
ニカラグアでは見かけないウイスキーもワインもある。
エルサルバドルへ入ってからここまでワインを飲んでなかった。
飲みたいが1本5ドルもするので買うのは止める。
コスタリカにはアメリカ人がたくさんいるのだから、安いワインもあることだろう。
パスポートに出国スタンプを押し、外貨申告書を調べた。
この時期は、公定と実勢のレートの差が大きくないし、基本的に生活費は安い。
外貨申告書のチェックも形式だけで、実際に手持ちのお金と照合する事はなかった。
外に出てバスに乗り込むと、バスが動かない。
押してくれと頼まれるので、僕も降りて10人ぐらいでバスを押す。
すぐにエンジンがかかってまた乗り込むと、道路をさえぎっていた踏切遮断機のようなゲートが開く。
ちょっと走ると今度はコスタリカの検問所の建物が見えた。
バスはその50メートルほど手前で止まる。
乗客はバスを降りて歩いて行く。
大きな荷物はバスに残しておくようにと言われる。
ここにいた、いた。
両替商のおじさんたちが僕を取り囲んで、歩きながら声をかけてくる。
「ダラーチェンジ、ダラーチェンジ」
「プエデカンビアール・コルドバ?(コルドバは替わるの)」と僕。
「シー、セニョール」との返事。
よーし、コルドバがコローネに替わるらしい。
ほっとした。
でも、ここでは両替しないよ。
レートが確かめられないんだものね。
両替屋を振りきり、コスタリカの検問所に来る。
まず入国税の印紙を買わなければならないと壁に書いてある。
印紙代が70コローネ。
もちろんコスタリカに足を踏み入れたばかりなのだからコローネの持ち合わせがない。
ということは僕に群がってきている両替屋と交渉しなければならないということだ。
ニカラグアからコスタリカの国境で、コルドバとドルをコスタリカの通貨コローネに交換する。
3人ほどにレートを確かめると、1ドルが85コローネ(1コローネ=1.5円)。
トラベラーズチェックの両替も出来るそうだが、レートは82コローネと悪い。
ドルキャッシュがまだあるのでここで無理にトラベラーズチェックを両替する必要はない。
20ドル札を2枚両替する。
ニカラグアの通貨、コルドバの手持ちを数えると9万6千コルドバある。
これは600コローネに交換できた。
国境でなければコルドバは両替してくれない(もちろんサンホセだって、捜せば両替出来るだろうが、レートはここより悪いだろう)。
これは交渉の余地がないね。
国外では通用しないといわれたコルドバも、国境では両替できた。
大体そういうものなんだね。
xxx

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx