『エンリケ氏とマナグア市内を観光して回り、現地通貨のコルドバがほとんど食事以外では使えないことを確認した。』@マナグア/ニカラグア
TICAバスのオフィスで知り合ったエンリケ氏と、安宿街を抜けてマナグア湖の方向へと歩き出す。
ぼくらがいるマナグアの安宿街をもう一度説明しておこう。
国際線のTICAバスのターミナルのそば、観光案内所のそば、目を上げるとピラミッド型の白亜のインターコンチネンタルホテルが青空を背景にそびえる。
外国人向けのホテルが集まっているマナグアの中心部から歩いてける距離のところ。
ところが道を歩くと、そんな観光の中心地には見えない。
ごく普通の住宅街で、建物は平屋建てがほとんどだ。
マナグアでは目立つ高い建物と言えばただ一つ、バンクオブアメリカの高層ビルでこれが目印になっている。
中央郵便局へ歩く途中、急に建物がなくなって空き地が続いているのに驚く。
町の中心地域がぽっかりと空白になっているのだ。
エンリケ氏が歩きながら説明してくれる。
1972年の大地震以来、マナグア市の中心部は放棄されたままで再建されていない。
全世界から送られた援助物資は、独裁者ソモサ一族によって私的に流用された。
ソモサ一族に対する怒りが、1979年のサンディニスタ革命への原因の一つになったのだと言う。
この何もない空間自体が革命記念と言えるかな。
マナグア湖のそばの中央郵便局へ歩く。
いつもの通りに、まず絵ハガキを出そうというわけだ。
ラテンアメリカ諸国では中央郵便局で、2種類の商人に会うことが出来る。
闇両替商と絵はがき売り。
マナグアの中央郵便局は、まわりに何もない空間にぽつんと立っている。
両替商も絵はがき屋も、どちらもいないのは仕方ないかも知れない。
さっきの観光案内所で絵ハガキを買っておけば良かったと後悔しながら、窓口で尋ねると段ボールにはいったばらばらの絵ハガキを出して来た。
ずいぶん古いものばかりだ。わざわざ絵ハガキを印刷する余裕もないのだろう。
その中からサンディニスタの兵士が銃を持って笑っているやつを選ぶ。
一枚3500コルドバ。
郵便料金は改定が間に合わないのか、一枚当たり日本へも米国へもたった600コルドバ(10円)だ。
あんまり安いので不安だったが、ちゃんと日本へ到着した。
崩れたままになっているカテドラルを3階まで上り、国家宮殿へと歩いた。
国家宮殿とは国会議事堂のこと。
サンディニスタが国会議員を人質にとって立てこもるという有名な事件があったところだ。
入口で簡単なチェックがあっただけで自由に建物の仲をうろつくことが出来たが、こんな警備で大丈夫なのだろうか。
国会議員人質事件の時も警備兵は誰も抵抗しなかったという話だし、こういうところがいかにもラテンアメリカらしい。
入口の正面階段のところには、サンディニスタ革命を描いた大きな壁画があった。
朝から歩き回って疲れたので少し遅い昼食をとることにする。
安宿街へと戻り、エンリケの勧める「エル・シピティーオ」というレストランへ行く。
このレストランは非常にきれいで洗練されていて、外人旅行者専用という雰囲気だ。
レストランでは、洒落たデザインのTシャツも売っているが、やはりドルキャッシュ払いだ。
メインディッシュはスープとフレンチフライ付きのステーキ。
それにサラダをつけて、よく冷えたビールを3本飲むとこれで3万5千コルドバ(5ドル)。
結構豪華でしょ。
こんな食事は一日一回で十分。
どんなに金を使おうとしても、1日で10ドル使うのは無理だ(ここでは10ドル分のコルドバという意味だ)。
Tシャツを買おうかと考えたのは、もしコルドバで買えるのなら、なるべくコルドバを使いたかったからだ。
強制両替が60ドル。
国境で5ドルちょっとコルドバにしたので60ドル分を超すコルドバを持っている。
一日必死で飲み食いして10ドル使ったとしても一週間分ある。
予定では土曜日に出るから(土曜日はバスに乗ったままで金は使わない)、ニカラグアには4日しかいない。
まるまる半分のコルドバが残る。
問題はこのコルドバを国境で再両替出来るかどうかだ。
基本的にはその国の通貨はその国で使い切るのがいい。
コルドバはまた状況が違う。
コルドバはこのレストランでも観光案内所でも、Tシャツをドルキャッシュでないと売らないくらい、自国でも信用のない通貨なのだ。
よく見ると手持ちの5千コルドバ札は5百万コルドバ札の上に黒いスタンプで5000と押してあるだけ。
つまり、ラテンアメリカでよくあるように1000の位を一度切り下げたということだ。
ぴかぴかに新しい手の切れそうな札は2万コルドバ札で、これが今の所一番大きな額面らしい。
5万コルドバ札が出るのも、間もないことだろう。
いつ再度切り下げをして2万コルドバが20新コルドバになってもおかしくはない。
インフレは一時の狂乱状態から少しは落ち着いたようだが、いつまた始まるかわからないのだ。
ホンジュラスとの国境では確かに公定レートより10パーセント程度いいという、おとなしいレートでコルドバを売っていた。
インフレも激しいのだからコルドバの買値は恐ろしく低いはずだ。
僕が出国の時に果たして買ってくれるかどうかもわからない。
だとしたら、思いきり飲み食いして、何かお土産でも買って使い切っておいた方がいいだろう。
これが旅行経験豊富な僕の素晴らしい考えだ。
宿泊代が一泊ドルキャッシュで4ドルなのだから、長く居たら得するというのでもない。
この程度の宿代は中米のこの辺では常識的で、特に安い訳ではない。
エンリケ氏と一緒にインターコンチネンタルホテルへと歩く。
こういった一流ホテルには必ず英語の本や何かのお土産、または剃刀の刃や石けんなどがあるだろうし、それをコルドバで買えればうまくコルドバを処理出来る。
なーんて頭がいいんだろう。
だてにこんなに長期旅行をしている訳ではない。
しかし、これだけコルドバが通用しないのだ。
ひょっとしてインターコンチネンタルホテルではコルドバが使えるのではないかという希望的観測も、あっさりともろくも打ち破られた。
ホテルでも全部がドルキャッシュ払いというのではないが、輸入品や気のきいたお土産はすべてドル払いになっている。
コルドバで買えるのは、例えば郵便局で3500コルドバで買った絵はがき。
これは6千コルドバで売っていた。
ホテルの店でニューズウイークを見つけた。
アメリカ国内版の最新で3月8日号で2か月も前のやつだが、一応新品だ。
丁度読み物に飢えていたので買うことにする。
定価が2ドルだが、ここでは2.5ドル
税金が10パーセントつくという。
2.75ドルになる。
ここでも旅行の役に立つことを教えておこう。
怪しげな店やデューティフリーショップでドル払いすると、まともにお釣りを渡さないことはよくある。
お釣りをもらうと、聞いたこともないような国のコインが混じっていたりする。
自国の通貨に信用がないこういう国では3ドルを渡したらお釣りの25セントがあるのかどうかを強く確認しておかないと、うやむやにされて結局3ドル払うことになってしまうのだ。
僕の場合は「クオーター持ってる?」と確認して確実に25セントコインを手にした。
ホテルに帰ってシャワーを浴びようとすると、水が出ない。
聞くと月曜と木曜日はこの地域は給水停止になっているということだ。
あれー、今日は水曜日じゃないか。
でも、そんなことをいちいち気にしていては、旅行なんか出来ないさ。
くみ置きの水をバケツですくって身体を洗い、さっぱりしてベッドに横になり、ニューズウイークを読み出すが、アメリカ国内版なので国際情勢がほとんど載ってない。
久しぶりに英語でニュースを読むと世界とつながっている気は確かにするよね。
暗くなってからエンリケと待ち合わせをした「エル・シピティーオ」に行く。
彼はもう来ていて、若いウエイトレスを口説いていた。
じゃまをしては悪いので、軽く挨拶をして別のテーブルに座る。
ビールを飲みながらニューズウイークを読んでいると、いやに読むのが早くて、一冊読み終ってしまう。
もう一日いただけで、すっかりここになじんで一か月もいたような気になった。
なじんだとは聞きやすいが、はっきり言うとちょっと飽きたんだ。
とっととコスタリカへ下るか。
土曜日までの時間つぶしにはニカラグアの有名な2つの都市、グラナダとレオンへ行こうかな。

xxx

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx