『ホテルを移動し、TICAバスオフィスへ行き、エンリケ氏と知り合い、観光案内所で情報を入手する』@マナグア/ニカラグア
昨日は変な話に付き合ってあんまり気持ちよくなかったが、今日のマナグアは快晴ですっきりした気持ちだ。
今日やることのまず第一はホテルの移動。
昨日マナグアに着いて、夕方だったので最初に見つけたホテルにチェックインした。
ホテル捜しは最低3回は当たって比較するのが旅行の基本なのだ。
現在泊まっているホテルは3ドルだが、部屋に窓がなく、仕切りはベニヤ板なので、ホテル暮らしを楽しむようなところではない。
これよりひどいホテルには今までも泊まったこともあるのだし、このホテルが大嫌いというのではない。
他のホテルを当たるのは、マナグアでのこの値段が妥当かどうかを確認しなければならないと思っているからだ。
インフレが激しくて物価の調節がうまく行ってない国では、思いがけなく安い値段で一流ホテルに泊まれたりすることがある。
エジプトのアスワンにいた時は(これはインフレのせいではなかったのだが)四つ星ホテルにたった600円で泊まった。
その時に近所のぼろぼろのドミトリースタイルの安宿の値段が120円だった。
40度を越すような気候で500円弱よけいに払えば、クーラーががんがん効いて見晴らしのいい、ベランダ付きのホテルのシングルルームに泊まれる。
エジプトまで高い航空券を買ってやってきた日本人旅行者なら、誰だって四つ星ホテルにするのじゃないか。

安宿旅行者連中は、想像力が足りないのか、ぼろぼろの宿で我慢していた。
安宿旅行者にはそれなりの人間関係があるから、それはそれでいいけどね。
これから後訪ねるアルゼンチンでも、僕が入国する2週間前までは急な為替レートの変動があって、10ドルちょっとでインターコンチネンタルホテルに泊まれたという話だ。
自分の常識や固定観念に捕らわれずに、その場その場で実際に訪ねてみなければ物価もホテル代も交通費も本当のところはわからない。
常識はずれに安くていいホテルが、思いがけなく見つかったりするものだ。
海外旅行の面白いのは日本での常識が通じないところ。
まず近所のこぎれいなホテルを当たって値段をチェックする。
最初のホテルは「エル・コリブリ」といって「シューストリング」にも推薦してある。
歩いていって外から眺めるとなかなかいい。
平屋建てだが白壁もきれいで屋根は椰子の葉で覆ってある。
各部屋の前にはロッキングチェアがあって無理やりに見ればリゾートホテルの雰囲気もある。
ホテルに入っていって尋ねるとシングルで10ドル。
ちょっと高いね…。
でも、ホテルと別棟にレストランがあって、ここで食事が出来る。
ずいぶん迷ったが、部屋を見せてもらうと、結構狭くて机がないのに気付いた。
部屋はなかなかいいのだが、机がないのでは部屋で勉強が出来ない。
裏庭の木陰のテーブルで本を読んだりすることは出来るが、宿泊者の白人が僕を見る目がちょっと冷たいみたいだ。
それにやはりマナグアで一泊10ドルは無駄使いだしね。
次に見つけたのが「ホスピダーヘ・レオ」で、ここは4ドル。
部屋は広いし窓も大きいが、しょせん民宿で部屋は4つしかない。
部屋が明るいのは魅力的なので、現在の3ドルの部屋を出て「レオ」へと移ることにする。
宿を決めたら次はいつもの通り、マナグアからの脱出方法を確認しに行く。
マナグアとコスタリカの首都サンホセを結ぶのは、SircaバスとTICAバスの2つがあるらしい。
別にローカルバスがあるとも聞いているが。
ホンジュラスからニカラグアへ入ってのバスの混み方や乗り継ぎの面倒さを考えると、あるとしてもちょっと使いたくない。
今いるのがTICAバスのオフィスのそばなのだから、とにかく歩いてオフィスを訪ねる。
オフィスでは「サンホセまで25ドル。火・木・土曜日の午前6時発。到着は午後4時」と教えてくれた。
書類の都合があるので切符は2日前までに買うようにと念を押される。
これは国境通過をするので、国境越えのための乗客のリストを作成するようだ。
今日は水曜日だ。
2日前に切符を買うという条件なら明日の出発は無理で、一番早くニカラグアを脱出するとしても土曜日になる。
ということは切符を今あわてて買う必要はない。
25ドルは大金だし、こういう場合は払戻が効かないというのが常識だ。
念の為に混み具合を聞いて「席はあるので明日予約すれば大丈夫」との確約を得る。
まだこの国の雰囲気をつかんでいない。
とにかく町をうろついてみることにしよう。
その時、にこにこして僕の方を見ているラテンアメリカ系の白人中年男性が部屋の隅にいるのに気付いた。
長く旅行を続けていると、自分と同じタイプの旅行者はすぐに見分けがつく。
僕も思わずにっこりして「セニョール、あなたもコスタリカへ行くのですか」と話しかける。
Sircaバスのことを聞くと「観光案内所が知ってるよ」との返事。
そうそう、肝心なことを忘れていた。
新しい町へとやってきたら何をさておき観光案内所へ行って市内地図をもらうというのが旅行の基本。
「インフォメーションへ行きます」と僕が言うとセニョールも「僕も行くよ」と答える。
というわけで2人は友達になり、すぐそばにある観光案内所へと歩いた。
彼の名はフアン・エンリケ・ジャーマス。
背が高くがっしりしている50歳を越したぐらいの話好きの陽気なおじさんだ。
メキシコで建設機械のセールスマンをやっていて、セールスコンテストで日本に行くチャンスがあったのだがその時は2位で残念だったという。
彼は今回は中米旅行だけなので急いではいない。
僕はなにしろ、急いで南米に行かないと、ロサンゼルスを出て、もう2か月たっているのだ。
こんな調子で旅行していたら、南米を一回りするのに2年ぐらいかかる。
しかもニカラグアには特に見るべき遺跡はないのだから、とっととコスタリカに抜けてしまうに限る。
ただ、ここは一応世界から注目された社会主義政権だ。
ニカラグアは複数政党制や言論の自由を保障している新しい形の社会主義というので、日本からも教職員組合や左翼団体のツアーが結構来ていた。
少しは自分の足で歩いておかないと日本に帰ったとき話の種にならないかもしれない。
旅行者にとっては内戦中の国を通過するというのは勲章なのだからね。
何日ニカラグアにいるかというのは、だからちょっとした問題なのだ。
観光案内所は平屋建てだがコンクリート造りのなかなかきれいな建物だった。
中に入ると大柄な黒人女性がどっしりした机に座ったまま愛想よく迎えてくれる。
市内地図が2ドル、「ニカラグア」とロゴの入ったTシャツもドルキャッシュ払いだ。
Sircaバスのサンホセ行きの時刻を聞くと「月・水・金曜日午前6時出発」ということで、つまりTICAバスと交互にバスを走らせているようだ。
ここでは3〜4日前にバスの予約をすることという注意を受けた。
Sircaバスのターミナルは僕のいるところから遠いし、そうなれば朝6時の出発に間に合うように起きたり、それ以前に切符を買うこと自体が面倒だ。
つまり、コスタリカへはTICAバスで下ることになるだろう。

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx