「600ドルを市バスの中で盗られた」という日本人旅行者から声をかけられる@マナグア/ニカラグア
「日本人ですか?ラジカセかウォークマンを買ってくれませんか?」
自分の部屋のドアを閉めて、夜の町へ出ようとロビーを横切っていた時、日本語でこう声がかかった。
いやに日本語がうまいやつがいるなー、と振り向いてみると、日本人によく似た色の黒い痩せた男が立っていた。
日本人目当てに商売でもしているのかしらん。
「アブラハポネス・ムイビエン(日本語がうまいですね)、セニョール」とほめる。
「日本人でしょ?僕はスペイン語がわからないんです」と言葉が返る。
「なーんだ日本人か。いやに日本語がうまいと思った。どうしたの?」
「今日、市内バスでスリに遭ったんです。キャッシュがないのでラジカセを買ってくれませんか」
「僕は荷物を増やさないのが主義で、持ってたラジオやカメラも日本へ送り返したぐらいなんだよ。残念だけど、他の人を当たってよ」
「困ったなー。持ってた600ドル全部とられて、キャッシュが全くないんですよ。コスタリカまでのバス代を貸してくれませんか」
「なーにー!600ドルもキャッシュで持ってたの?どうして?」
「まあ、いろいろとありまして」
ここでドジな日本人に会ったのも何かの縁だ。
誘って一緒に飯を食べに外に出る。
彼が推薦した「マナグアで一番おいしいレストラン」へと少し歩いた。
レストランでステーキとビールを注文して話を聞く。
彼が600ドルもキャッシュで持っていた理由は、メキシコで会った日本人旅行者から「グアテマラから南ではドルキャッシュを闇両替すれば大もうけだ」と聞いたからだと言う。
読者は分かっているだろうが、そんな話はデマだ。
「よくそういう、聞いたふうな話をするやつがいるんだよ。そいつは本当に旅行したの?」
「それは聞かなかったんですけれど、自信たっぷりだったので」
彼は、世界中どこにでもいる「エセ旅行者」の言うことを信じてしまったらしい。
アンティグアの日本レストラン「ZEN」にも、いかにも旅慣れた格好の旅行者たちがいた。
彼らは、自分で行ったことのない、エルサルバドルやニカラグアの話をしていたっけ。
根拠のない話を、さらに互いの噂話でますますとんでもない嘘にでっち上げようとしていた。
それ耳にして、「なるほど、こうやってもっともらしい話が出来るのだなー」と感心した事がある。
世界中どこにでもいる「知らないくせに旅を語る」エセ旅行者は本当に危険だ。
例えば「ドルキャッシュで闇両替して大もうけ」というのは、いかにもありそうな話だ。
しかし僕の世界旅行の経験では、キャッシュで闇両替して大儲けできる出来るところは、トラベラーズチェックでも同じく闇両替出来るのが普通だった。
闇両替が有利な国ではそれを防ぐために、外貨申告書を提出させて荷物検査をしたり、強制両替などの規制を設けてある。
滞在が短ければ闇両替しても使い切れない。
このニカラグアでは60ドルの強制両替があった。
ホテル代はドルキャッシュ払いが原則だし交通費は安いから、この金は食事にしか使えない。
一般的に旅行経験の浅い旅行者に限って大げさな話をしたがるものだが、彼もその例に漏れなかった。
彼はロサンゼルスの入国審査で疑われ、別室に連れ込まれて2時間以上尋問された。
僕はすべての国境を問題なく越えてきので、以前からなぜ入国の時に問題を起こす人がいるのかわからなかった。
入国審査を受けるという事は書類上は問題がなくて航空会社が飛行機に乗せてくれたのだからね。
書類が揃ってないと航空会社の責任問題になるので、だから、最初から乗せてくれない。
これについては別のところで詳しく説明しよう。
「何が原因なの?」と聞いてみる。
「僕が英語が上手過ぎるからじゃあないですか?なぜお前はそんなに英語がぺらぺらなんだと聞かれましたからね」
「じゃあ、留学したりしたんでしょ?」と聞く。
「わかりますか。ニューヨークで3か月学校に行きました。東京でも英語学校に通ってたんです。有名なところだから知ってるでしょ?」と英語学校の名前を出す。
実は彼のいやに自信満々な話し方から「東大かなんかの落ちこぼれかな?」と予想していたのだが、この言葉でがっくり来てしまった。
ただの英語好きの兄ちゃんだ。
「グアテマラで女と一緒にいたとき」と話す。
日本人の女子大生かなんかを引っかけたのだろうと「ふーん」と軽く受け流したが、実はグアテマラの売春婦と同棲していたらしい。
グアテマラの売春婦というのは珍しい話だが、ちょっと安易かも知れない。
アンティグアでは僕の後輩の日本人学生が、白人女を引っかけてたものだ。
こんなふうに自慢話みたいなものがだらだら続く。
彼が推薦した「マナグアで一番おいしい」このレストランも、ただ一度ここで食事したというだけなのだ。
だって彼はたった2日前にマナグアに来たばかりなのだ!
だんだんいらいらして来た。
僕は関西で学生時代を過ごしたので、話にはどこかに「落ち」があると期待している。
人がだらだらと話を続けていると、途中で「どこに落ちがあるんだ!」といらいらする。
彼の話は自慢が多くて、自分を笑うという話術の基本がない。
人間的に未熟なのだ。
あんまり感心しないタイプの人間だ。
ロサンゼルスの入国で問題を起こしたのも、納得の出来る話だ。
アメリカ入国で問題を起こした日本人を、僕は個人的に3人知っている。
共通して頭が固くて冗談の分からないタイプで、あまり付き合いたくない人ばっかりだった。
これで入国時に問題を起こす連中のイメージが出来た。
やはり性格に問題があるということだね。
彼が600ドル盗られたのは、結局、無責任な旅の噂をまき散らす中途半端な旅行者の言う事を信じたせいだ。
600ドルを持ったままでマナグアの市内バスに乗る事はない。
この説明はうまく出来ないようだった。
今までの旅行がうまくいったので、旅行をなめてしまったのではないか。
大金を肩から掛けるポシェット(鍵もかけられない)に入れて満員のバスに乗る。
手を出されない方がおかしい。
彼も少しは旅行の怖さがわかったのではないか。
「長期旅行者というのは必ずいつか泥棒に遭うものなんだよ。ちょっと大金だったけれども、いい経験だとあきらめればいいさ」と、慰める。
問題は彼がドルキャッシュを全く持ってないという事だ。
旅先で日本人にこういう話をされた時は、三つのケースがあるという事を覚えておいた方がいい。
一つは言ってることが本当で、実際に困っている場合。
一つは泥棒話で同情を誘う詐欺。

もう一つは、旅行者仲間の自慢話としての大げさな嘘の一つ。
日本人は同じ日本人から「泥棒にあった。助けて下さい」と頼まれると、いやとは言えない。

僕の知ってる人も北イタリアでお金を全部盗られて、アメックスのオフィスに行く金さえなかった。
駅で日本人旅行者に声をかけて事情を話し、お金を借りた。

フィレンツェのアメックスに行ったら、盗難が多過ぎて再発行のカードが品切れだったという「落ち」がついてる。
ペルーで詐欺にあってリマ空港で寝泊まりしていた学生は、空港で会った日本人から借りた金で何とか2日を生き延びた。

本当に困っている人を目の前にしたら、何とか助けてあげたいと思うのが日本人だ。
それを利用して旅行者にお金をたかる連中も多い。

長期旅行者同士が盗難に遭った話をする時は大げさな尾鰭がくっついているもの。
話半分に聞いておくのがいい。
彼の場合はお金がない訳ではない。
ニカラグアの通貨コルドバもドルのトラベラーズチェックもあるが、ただドルキャッシュがないというだけなのだ。
読者はなぜここでドルキャッシュが重要なのか、不思議に思うだろう。
実は、この時期のニカラグアでは、外国人旅行者はホテル代をドル払いする事になっていた。
彼はすぐにでも南のコスタリカへと下りたいのだが、問題はそのサンホセ行きの直行バスがドルキャッシュ払いだという事だ。
これは何とでもなることだ。
マナグアでなんとかドルキャッシュが入手出来るはず。
観光局も近くにあるのだから、事情を説明すれば助けてくれるだろう。
例えばマナグアでただ一つの高層ビルにあるバンカメへ行ってもいい。
インターコンチネンタルホテルへ行けば、トラベラーズチェックをドルキャッシュに出来なくても、なにか情報は手に入るだろう。
白人の長期帯在者なら裏の裏まで知っているだろう。
ホテルのおじさんに聞けば知っているかもしれない。
何の問題もない事だ。
彼は英語が出来ない訳ではないのだし、トラベラーズチェックもパスポートも持ってる。
ドルキャッシュがなくても何とかなる。
旅慣れていれば何とでも解決の着く話だが、でも彼単独では難しいかも知れない。
こういう旅馴れてない人に頼られるのは困ってしまうね。
人が泥棒に遭った話を聞くことは、どんなつまらないやつの話でも面白い。
一応彼にこの食事でも奢って、当座の資金としてちょっとあげなきゃいけないかなとは思う。
レストランでは一人当たりステーキとビールを4本飲んだが、間違えてビールを3本と計算したらしく33000コルドバ。
つまり、公定レートで5ドル弱。
僕が払おうとしたが、彼は「コルドバはありますから」と割り勘にした。
彼は僕からドルを当然もらえるものと思っているようだ。
もちろん10ドルぐらいはあげようと思っていた。
しかし、何でこんな面白くないやつにわざわざ付き合った上に、お金まであげなければいけないの?
というもっともな疑問が酔っ払った僕の頭に渦巻きだした。
ホテルに戻って、ベニヤで仕切られた自分の部屋に入った。
僕はそのまま内鍵をかけて、ベッドの上に倒れ込んでしまった。
僕は毛布をかぶってベッドに入ったとたん眠り込んだようだ。
翌朝はすっきりと目が覚めた。

今日彼に会ったら、一緒にトラベラーズチェックを替えてくれるところを捜してもいい。
これは彼のためというよりは、「マナグアでトラベラーズチェックをドルキャッシュにするためにうろつく」のは、話として面白いと思ったから。

しかしホテルのマネージャーに聞くと、「日本の若者は朝早く出ていった」との話。
結局何とかなったのでしょう。
旅のトラブルは、金がある限り(それが現金であれ、カードであれ、トラベラーズチェックであれ)解決されるものだ。
ニカラグアでドルのトラベラーズチェックを現金にするやり方は経験できなかったけどね。
xxx

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx