【盗難論】『マナグアの安宿に荷物を置いて、夜中に外出する時に、盗難防止について旅行哲学する』
ホンジュラスのテグシガルパからニカラグアのマナグアまで、ローカルバスを乗り継いで一日で到達した。
これはサンディニスタが政権を持ちコントラとの戦いを続けていたこの時期では、ほとんど不可能といわれていた事だ。
しかし、それなりに犠牲は払っていた訳で、つまり、今朝2時半に起きてから夕方7時の現在まで、全く食事をしていなかった。
特におなかがすいているというのでもない。
僕が旅行している時は一日一食が普通だし、いろんな事情で一日中食事が出来ないという事はよくある。
一日ぐらい食事を抜いたところで、死ぬはずもない。
僕は特に食事についての執着もないし、正直言うと面倒な事だと考えている。
だから、一回旅行をすると結構痩せる。
昔のインド旅行では、帰ってきた時ジーンズのウエストサイズが2インチ(つまり、5センチ♪)小さくなっていた。
ただ、ジーンズを新しく買って自慢をしていたら、すぐにもとに戻ってしまったが。
この時も食欲はなかったが、ただ、ビールだけは飲みたい。
無事に国境を越えた日はお祝いだ。
その思い出を肴にビールを飲めばぐっすりと気持ちよく眠れるだろう。
という訳で、夜のマナグアの町に、出かける事にする。
ホテルを見つけようとうろうろしていた時、この近くに安食堂らしいものは数軒見つけていた。
そこでビールを出しているのも確認してあるのだ。
内戦中のニカラグアの首都マナグアにたどり着いて、ビールでも引っかけに真っ暗な町に一人で出かける時はどうしたらいいのだろう。
ここには2つの問題がある。
一つは留守にした部屋に泥棒が入らないかという問題。
もう一つは、外で襲われる可能性の問題。
もし部屋を離れれば確実に泥棒に入られるし、外に出れば強盗に襲われると決まっているのなら、誰だって部屋を離れるはずがない。
この判断は自分でするしかないが、百パーセント確実という事は世の中には百パーセントない。
旅行者が危ないかどうかわからない夜の町に一人で出かけるのも、これは避けられない。
はっきり言っておこう。
泥棒が本気を出したら絶対に逃げられない。
本当に一人で長期旅行していれば、いつかは泥棒に遭うのは仕方がない。
泥棒にものを取られた事がない旅行者というのは、本格的な旅行をしてないという証拠だ。
慎重過ぎるほど慎重な僕だって、サンディエゴのYMCAの部屋で盗難にあったことがある。
このときは、トラベラーズチェックを200ドルとキャッシュを60ドルぐらいやられてしまった。
現金はもちろん戻ってこなかったが、トラベラーズチェックは、電話一本かけたら、すぐに再発行された。
この時もよく考えれば、部屋の内鍵をかけていなかったようで(実は酔っ払ってて記憶がないのだが)、こちらに非があったと思う。
ナイロビで最初に泊まったホテルの部屋には「部屋に現金を置きっぱなしにすると、盗難を誘う事になりますから、止めて下さい」という注意書きがあった。
これは本当だと思う。
目の前に現金が置いてあって、盗んでも誰にもばれないというのなら、宗教を持たない現代日本人ならみんな盗むだろう。
盗んでも、被害者にとってそれほどこたえない額が目の前にあって、自分が飢え死にしそうだったら僕だって盗むかもしれない(こういう場合は、神様がお金をくれたのだと解釈すればいい)。
ほとんどの盗難というのは盗まれた方に責任があるのだ。
鍵もかからない部屋に乱雑に荷物を広げて、現金が置きっぱなしになっていたら、盗まれない方がおかしい。
ニュージーランドの南島の観光地クイーンズタウンのユースホステルに泊まった時は、宿泊者の半分近くが日本人学生だった。
ベッドの上に荷物を開いたまま置きっぱなしにしてあったり、新品のカメラを壁のフックにかけたままにしてあった。
「いくらニュージーランドは安全」でも、こんな状態では盗られない方がおかしい。
幸い僕がいた時期に泥棒に遭ったという話は聞かなかったが、こんな事をしていたらいつか盗られるに決まっている。
特にヨーロッパのユースホステルで、日本人旅行者の持ち物がよく盗まれる。
日本人は恥ずかしいのか、面倒なのか、なかなか届けないで泣き寝入りしている人が多い。
確かに、こんな盗られ方をしたら話のネタにも何にもならない。
「荷物を鍵もかけずに部屋に置いていたら、中の貴重品がなくなっていた」では、当たり前過ぎて聞いていてもちっとも面白くない。
旅行者が泥棒に遭うからには、ナイフやピストルをつきつけられて欲しいものだよね。
とにかく部屋に荷物を置いておく時はそれなりの事をして、「盗まないで下さい」との意思表示をはっきりさせておかなければならない。
ということは、バックパックは南京錠の掛かるタイプでなければならない。
バッグに鍵が掛からない場合は、世界中のあちこちで荷物を預ける事さえ断られるもの。
バックパックに鍵をかけるのは旅行者の常識だが、登山用のバックパックには鍵がかからないものもあるので、注意して欲しい。
登山用のバックパックと海外旅行用のバックパックは、全く違った種類のものなのだ。
バックパックに南京錠を掛けていても、バックパックごと持っていかれたのでは話にならない。
そのバックパックを部屋の中の家具にチェーンで結びつけて、チェーンにも鍵を掛ける(今はワイアロックがある)。
これで、盗もうとしたら、バッグをナイフで切るしかない。
バックパックがチェーンで固定されていても、バックパックに鍵がかかっていても、器具を使えば壊すことは可能だ。
ほとんどの泥棒は、わざわざこんな難しいところから盗まなくても、もっと盗みやすいところから盗むだろう。
バッグを切られれば「泥棒に盗まれた」とはっきりする。
盗まれたとはっきりすれば大騒ぎも出来るので、旅行話のネタにもなる。
実際の盗難とは、取られたのかどうかわからないという場合が多い。
盗難を防止することは不可能だが、盗難しにくくすることは出来る。
盗まれた時は盗まれたとはっきりさせることが重要。
盗られたのか自分で使ったのかわからないまま金がなくなっているという状態が困るんだから。
これが部屋の中に荷物を置くテクニックだ。
外出する時の話をしよう。
夜中でも昼間でも、強盗に本気で狙われたら旅行者はあきらめるしかない。
それを避けるには、まず、金がない格好をする。
日本人はどんな格好をしていても金があるというのは世界中の強盗諸君の間では常識だ。
普通の旅行者は日本のままの格好でいやに目立つので、薄汚れた長期旅行者をわざわざ選んで襲う強盗はいない。
強盗君に襲われても、取られる金が許容範囲なら「どこどこで強盗に襲われた!」という面白い話が出来る。
「アメリカでは20ドル札を一枚持っていれば強盗に遭った時それで許してもらえる」という話がある。
これが本当かどうかはともかく、取られてもいいだけの金を持っていく。
食事に行くのならその食事分程度の金という事だ。
僕の場合は、国境で替えたばかりの60ドル分のコルドバがある。それを30ドル分ぐらいポケットに突っ込む。
この程度なら強盗も満足するだろうし、僕もあきらめがつく金額だ。
ロサンゼルスのリトル東京の夜道を酔っ払って歩いていて襲われ、500ドル盗られた人を知っている。
アメリカで500ドルといったら、これは大金だ。
500ドルを守るために抵抗して、酷く殴られて怪我をしていた。
治療費も(保険がないので)結構かかったという話だ。
これは、「命があっただけ幸せ」という話で、もともと大金を持って夜の町をふらふらしていた事に間違いがあるのだから、抵抗してはいけない。
旅行者は盗られてもこたえないくらいのキャッシュを持って外出するというのが常識。
強盗にあったら抵抗せず、怪我をしないようにする。
クレジットカードやトラベラーズチェックの控えパスポートなどの重要書類はコピーして置く事も基本的な事だ。
僕の場合はバックパックのポケットやディバックの中、それにアーミージャケットの胸ポケットなど数カ所にコピーを入れてある。
万が一全部取られても再発行出来るようになっている。
書類のコピーがあってもお金を全部取られたらどうしようもないと考える賢い読者もいるだろう。
その通り。
万が一のために100ドル札を一枚スニーカーの底に隠してある(といっても、泥棒は旅行者が靴の中に金を隠している事も十分知っているけれどね)。
ここまで用意していれば、とにかく命さえあれば何とか旅は続けられる。
バックパックをベッドのフレームに結びつけ、部屋のドアに備えつけの大きな南京錠を掛ける。
その上に自分で持ってきた南京錠をもう一個掛ける。
これはインド旅行の時の癖だ。
自分の錠を掛けていると、他人は部屋に入れないのでベッドメイクや部屋掃除をしてくれない。
今は夜にちょっと食事に出るだけだから、念には念を入れておく。
ホテルの構造は、ベニヤで区切った小部屋が中心のロビーを囲むように配置してある。
いわゆるコロニアル風の建物だと、この中心は中庭になっているのだが、ここは屋根がある。
つまり、各部屋のドアはすべて内向きで、こっそりドアを破るのは不可能だ。
このコロニアル風の建物というのは、外から侵入するのも難しいが、中に入ってこっそり部屋に忍び込む事も難しいという、完全な泥棒よけのための建物だとわかる。
ニカラグアに入国した日に、泥棒にでもあったら大変だ。
それにマナグアで問題が起これば、普通の国とは違って再発行や手続きが面倒なのだ。
次のコスタリカやパナマに入ればアメリカ人だらけなのだから何とでもなるが、この国だけは念には念を入れて用心をしておくつもりだ。
外出する格好は100ドルを隠したスニーカーを履き、いつものようにジーンズとバナナリパブリックのTシャツ、米軍のアーミージャケットを羽織る。
アーミージャケットのポケットには書類のコピー、ジーンズのポケットに30ドル分程度のコルドバ札。
これで準備完了だ。
xxx

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx