『チキムラからキリグア遺跡へ行き、旅行神の言葉を聞いて、アンティグアへ戻る』@キリグア/グアテマラ
1989年4月16日午前7時、チキムラからプエルトバリオス行きのバスに乗る。
キリグアへの三叉路に到着したのが午前9時ごろ。
三叉路でバスが停車して、すぐにバスから飛び降りる。
三叉路は確かに三叉路で、カリブ海側のプエルトバリオスと、グアテマラシティを結ぶ主要道路がまっすぐに走っている。
そのメインの道路から、細い道が1本、バナナプランテーションの中へ通じているだけだ。
目の前にバイクが2台、エンジンをかけたまま停っている。
遺跡への客を待っているのだろう。
僕は「ルイナス・デ・キリグア(キリグア遺跡)!」と叫ぶ。
バイクの運ちゃんは、「ドス(2)」と答える。
つまり2ケツァル(100円)という意味だ。
「ウノ(1)」と僕が言う。
結局、間を取って、1.5Qで話をつけて、バイクの後ろシートにまたがる。
両側が完全にバナナ農園にはさまれた、石がごろごろした道を、ゆるゆると揺れながら走る。
突き当たりにゲートが見える。

このゲートは広大なバナナプランテーションの入口らしい。
あれー、遺跡はどこなのかしらん。間違えたのかしら?
聞いてみると「デレーチャ!(右だよ)」とのこと。
小さな板に矢印があり、そこに「キリグア遺跡」と表示があった。

キリグア遺跡の入場ゲートには誰も人がいなかったが、入場料が書いてある。
「入場料1Q。でも休日はタダ」
アレレ、今日は日曜だぞ。
ということは入場料はタダで、それで誰も人がいないんだ。
「ディスクルペー(すみません)?」と叫ぶと、森の奥から人が出てきた。
「日本人でっか?1Qでおます」と愛想よく言う。
彼の話によると「外国人は日曜割引がない」のだそうだ。
ホントかな〜?まあ、いいさ。

キリグア遺跡はこれまで見たマヤ遺跡と違って、非常にきれいに整備されている。
オルガ先生が言ったように、遺跡全体に芝生が敷きつめてある。
ESTERAという石柱、ZOOMORFOという動物(主に亀が多い)の彫り物、ALTARというその小型のもの。
ZOOMORFOはホンジュラスのコパン遺跡のものとの関連が想像出来るが、他のものはこの遺跡で見たのが最初だ。
石柱自体はマヤ遺跡の特徴で、そこに彫り込まれたマヤ文字で年代が識別出来るという重要なものだ。
しかし、キリグア遺跡の石柱は非常に背が高いのが特徴。
これが入口に近い方に10本近くまとめて立っているのはなかなか面白い。
遺跡の奥へ進むと、マヤ遺跡につきものの球戯場を見つけた。
あちこちで球戯場を見るが、このキリグアのものは特に小さく壁も低い。
おそらく実際には使用しなかったのではないか。

遺跡自体はそれほど大きいものではないので、一時間あると見てしまう。
天気のいい日曜日に芝生におおわれたきれいな遺跡でのんびりすると、ほっとするね。
ほとんど見物客がいないのも素敵だ。
そうそう、あの石柱群のなかから10センターボコインに彫り込まれているものを見つけよう!
入り口のほうにある石柱群へゆっくりと戻る。
ポケットから用意していたコインを取り出して、比べてみる。
うーん、石柱は石柱だしな〜。
どれを見てもよく似ている(当たり前か)。
とにかく一番「せいたかのっぽ」なのはESTERA・Eみたいだよね。
しかし、10センターボコインに刻んである石柱がどれなのか分からない。
石柱の間をうろうろしていると、突然白人に出会った。
すらっと背が高くて、白髪の、品のいいおじいさんだ。
いわゆるサファリルックで決めて、手には「フォダーズ(Fodor's)」のガイドブックを持っている。
このガイドブックは地図が良くないので、バックパッカーは使わないが、遺跡などの説明は詳しいだろう。
「分からなければすぐに聞く」というのが「世界旅行定理」だ。
声をかける。

「エクスキューズミー、サー!コインにある石柱はどれなんでしょうか?僕のガイドブックには書いてないんですよ」
背の高い白人はにっこりと笑って、「私たちは友達だね」という。
ちょっと戸惑ったが、「ええ、もちろん」と、僕は愛想よく返事をする。
「なぜだか分かるかい」とこの紳士は聞いてくる。
僕がどう答えたらいいか戸惑っている。
彼は、「僕らは同じバナナリパブリックのものなんだ」と言って、帽子を脱いでメーカーの名前の書いてあるタグを見せる。
彼の帽子には、「バナナリパブリック」と書いてある。
なるほど、僕の着ているのは、NYのバナナリパブリックのバーゲンで一枚6ドルで買ったTシャツだ。
グリーンの地に胸に大きく黄色で「バナナリパブリック」とある、僕のお気に入りだ。
すかさず、「僕たちは同じ共和国(リパブリック)出身ですものね」と返す。
紳士は穏やかな表情のままで、「君は日本人だね」と聞く。
「僕の知っている日本人の中で、君が一番頭がいい」と続ける。
「みんなそういいます」と答える。
二人で大笑いをする。

ガイドブックを調べてEATERA・Dがコインに刻んである石柱だと教えてもらう。
石柱のまわりをぐるぐると歩いて、コインと見比べる。
振り向いてさっきの紳士を捜すが、どこに消えたのか見えない。
おそらく、あの紳士は、旅行の神様だったのだろう。
遺跡を出て、バナナプランテーション労働者相手の酒屋に入って、ビールを飲む。
酒屋では、「チーノ(中国人)」とからかわれる。
それをニコニコして、やり過ごし、バイクを拾いエスキーナ(三叉路)へ戻る。
道端でバスを待つが、交通量はそれほど多くない。
グアテマラ行きのバスを、エスキーナでつかまえるのは無理だと判断する。
たまたまやってきた、チキムラ行きのバスに乗った。
チキムラのバスターミナルで、出発寸前のグァテ(グアテマラシティ)行きの座席指定バスをつかまえる。
グアテマラシティでも、非常にうまく乗り継いで、チキムラからアンティグアへ7時間で着いた。
結局、金曜日の昼にチキムラへ行ってそこで1泊。
土曜日に、ワーホリ夫妻と3人で、国境を越えてホンジュラスの「コパン遺跡」へ行き、僕1人でチキムラへ戻り、チキムラで一泊。
日曜日は、チキムラを起点にして、「キリグア遺跡」を見て、合計9時間程度で、アンティグアへ戻った。
なかなか充実した週末だったと思うよ。
ところで、最近では、アンティグアから直接、遺跡を見るツアーバスが出ているという情報も有ります。
でも、ローカルバスを乗り継いだ方が、楽しいと思いませんか(笑)♪

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 ユカタン半島一周 南米ルート 中米北上 mexico world beach index


xxx