『チキムラからバスに2時間乗って、キリグアの三叉路へ到着』@キリグア/グアテマラ
1989年4月15日(土)、一日で国境を越えてホンジュラスのコパンまで行って、夕方には、今朝出たチキムラへ戻った。
宿も同じ「ウエスペーデ・リオホルダン」だ。
宿のおやじさんがいやに喜んで、シャワートイレ付の立派な部屋に泊めてくれた。
値段は6Qで、昨日泊まったぼろぼろのベッドしかない部屋より1Qも安い。
なぜなのか分からないが、すっごく嬉しい。
いい部屋に安く泊まれたのは、コパンの遺跡で祈ったせいかもしれないね。
人生になにが起きても、それは神の定めだ。
理由を考えずに、ただ、神の定めをありがたく受け取ればいい。
さて、最初の計画通りに、一日でホンジュラスに入り、またグアテマラへと戻ってきた。
だったら最初からホテルをチェックアウトしなければいいじゃないかと考える読者もいるだろう。
君はなかなか賢い。
しかし、実際の世の中は、本や雑誌に書いてあるように計画通りには決して行かない。
例えば最初から、コパンの遺跡に日帰りするつもりでも、そう計画通りに進むとは限らない。
コパンにもう一日いたくなるかもしれないし、面白い旅人に出会うかも知れない。
一緒に国境を越えたワーホリ夫妻の迷惑もかえりみず、一緒にエルサルバドルまで足を伸ばす気になるかも知れない。
旅行では必ず自分の荷物は自分で持っておかなければならない。

この長期旅行のきっかけとなったのは、僕がロンドンからパリへとドーバーを渡った時だ。
最初はすぐにもう一度ロンドンへ戻ってくるつもりだった。
それでロンドンはビクトリアステーションの荷物預かり所に、大きな荷物を預けておこうか、どうかずいぶん迷ったものだ。
迷った末、結局荷物は預けずに、そのまま自分で持ってパリ行きのバスに乗った。
実際はその後パリからロンドンへは戻らないまま、スペインのマドリッドへと向かい、さらにそのまま北アフリカへと足を伸ばしてしまった。
北アフリカからイタリアへ入り、ヨーロッパを旅行してしまったので、結局、ロンドンへ戻ったのは4か月後になったよ。
もしずーっと4ヶ月も荷物を預け放しにしておいたら、ずいぶんと料金がかかった事だろう(涙)。
これから向かうことになる南米ボリビアの首都ラパスで出会った若者のことを思い出す。
彼は「南米は危ないのでトラベラーズチェックの半分をリマの親戚のところに預けて」いた。
それで結局、手持ちの金が少なくて、チリへと進めなかったのだ。

旅では何が起こるのか分からないのだから、たとえ戻ってくる予定でも、荷物は身につけて置いた方がいい。
ホテルはチェックアウトしておいた方がいい。
僕の場合も一度チェックアウトしたから、いい部屋ももらえた。
チェックアウトしてなければ、昨日のあの汚い部屋に7ケツァル(350円)も払うことになったよ。
前夜に3人で食事をとった、同じ中華料理屋に1人で行って、焼きそばとビールを飲む。
この中華料理屋には、よく働く中国人の娘さんがいたっけ。
結構可愛かったんだけどねー。
この文章を書いているうちに思い出したので、オマケに書いておきます。
その夜は疲れていたし、ビールも飲んだ。
部屋に帰ると、あっという間に眠ってしまった。

翌日はまた、朝5時頃に目が覚める。
4月16日日曜日、この日は、国境を越える緊張感で起きたのではない。
ホテルの中庭に停めてあった4WDが動き出した騒音のせいだ。
早く起きるのは悪いわけではない。
今日はこのままアンティグアに戻るのではない。
実はキリグアの遺跡へ向かうのだ。

キリグア遺跡とは何だろう?
わざわざ訪ねる意味があるところなのだろうか?

キリグア遺跡はチキムラからカリブ海に面した港町プエルトバリオスへ行く途中にある。
コパンに比べれば名前は知られていないし、規模も小さいらしい。

例えていえばメキシコ、オアハカのミトラ遺跡みたいなものかもしれない。
ミトラ遺跡は有名な山頂遺跡のモンテアルバンの影にかくれて目立たない。
行けばなかなか面白い遺跡だと分かる。
でも、ミトラの遺跡を見るためだけに、メキシコDFからオアハカまで、わざわざ10時間もバスに乗ったりはしないだろう。

この場合もそうで、わざわざキリグア遺跡だけを見に長い時間をかけて来ることはしない。
が、チキムラからキリグアの遺跡までは、バスでたった2時間と近いんだ。
今は日曜の朝だから午前中に遺跡を見るにはちょうどいい。
キリグアからはアンティグアまでグアテマラシティ乗り換えで、7時間程度バスに乗れば帰れる。
日曜日にあんまり早くアンティグアへ戻っても何もする事がないしね。
朝5時に起きてしまったわけだが、すぐにバスターミナルへは行かない。
今日は合計で10時間ばかりバスに乗ることになるだろう。
とすれば中米旅行で一番大切なことを処理しておかねばならない。
それはつまり、ウンコ問題だ。
今日の部屋はシャワーもトイレもついているのだから、何回もゆっくりとシャワーを浴びてトイレに入った。

チキムラのバスターミナル(といってもただの広場だが)でプエルトバリオス行きのバスを見つける。
キリグア遺跡までの料金を聞くと2.5Q(125円)。
遺跡に行くにはどこで降りるのか車掌にたずねる。
車掌は「エスキーナ」という言葉を使う。
エスキーナとは角のことで、つまりキリグア遺跡への道は三叉路になっているらしい。
その角から遺跡までは約2キロ。
交通機関はと聞くと、モトシクレータ(バイク)が角から遺跡まで走っていて料金は2Qか1Qという。
外人料金が2Qということだ。

実は出発前にこれだけの情報を入手するのは簡単ではない。
まず第一にスペイン語がかなり出来なければいけない。
それだけではだめで、にこにことした人の良さそうな性格を出して、地元の人とすぐに友達になってしまうこと。
つんつんしていたら、だれも助けてはくれない。

バスは午前7時を5分過ぎて出発した。
バスは大型で、シートはリクライニングする。
アメリカから中古のものを買ってきたらしく、かなり古ぼけている。
出発した時は半分しか席が埋まっていなかったが、長い山刀(machete)をもった人たちが、途中でどどっと乗り込んできた。
バナナプランテーションで働く人たちらしい。
昨日のホンジュラスとの国境へ向かうバスでは、車掌が山刀を預かって束ねていたが、今日は各自で持ったまま。
山刀をもったまま隣に座られてしまったので、ついどきどきして「セニョール、長いですね!エヘヘヘ」と愛想よくしてしまう。
バスはバナナップランテーションの間を抜けてかなりのスピードで走る。
時々停車すると、小さな男の子がバスの中へコーラを売りに来る。
グアテマラではコーラを小さなプラスチックバッグに入れて、それにストローを差し込んだ状態でバッグの口を縛って売る。
なかなか便利だが、そのバッグはコーラを飲んだ後で窓の外へ捨てる。
だから、道端には結構このプラスチックバッグが散らばっている。
掃除をするはずはないのだから、きっとこの世の終わりまでそこにあるのだろう。
2時間ほどすると三叉路に到着したらしい。
車掌が「チーノ(中国人)、キリグアだ!」と、僕に教えてくれる。
あれっ、バスが停まったところはただの道端で、なんにもないんですが…(笑)。
xxx

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx