『ホンジュラスのコパン遺跡から、ピックアップトラックでグアテマラへの国境を越えて、バスへチキムラへ戻る』@チキムラ/グアテマラ
1989年4月14日金曜日に、スペイン語の勉強をしながら滞在しているアンティグアから、ローカルバスを乗り継いで、チキムラへ。
4月15日の土曜日に、グアテマラからホンジュラスの国境を越えて、コパン遺跡へ向かった。
コパン遺跡をワーホリ夫妻と3人で見て歩く。
昼過ぎに、遺跡を見終わる。
ワーホリ夫妻は、もともとグアテマラの滞在許可を更新するのが目的で、72時間以上たってグアテマラへ戻る。
僕は、国境で出国スタンプを押してもらってないので、正式には、グアテマラを出国してない状況だ。
今日中にまた国境を越えて、チキムラへ戻り、明日になって、キリグア遺跡を見る予定。
明日中にキリグア遺跡を見て、アンティグアの僕のホテルへ戻ればいいだけだ。
先程バスを降りた場所へ戻る。
ワーホリ夫妻とは、ここで別れることにした。
彼らはこれからミニバスに乗る。
サンペドロスーラとエルサルバドル国境行きの分かれ道、ラエントラーダへ向かう。
3日後には、またアンティグアのカフェ「ドニャルイーサ」で会えるだろう。
僕はここから朝来た道を逆にたどるだけだ。
簡単なものさ、と考えていたら、なかなかバスが来ない。
スペイン語で、いつ国境行きのバスが来るか尋ねてみる。
「国境行きのバスはいつここに来るんですか?」
「国境行きのバスなんかないよ」が答。
おいおい、冗談じゃないよ。
いくらラテンアメリカの人の答がいい加減だってこんな答は予期してなかった。
少し焦って、また別の人に同じことを聞く。
「バスはないよ。ピックアップならあるけれど」
ほっとした。
僕が乗って来たのはまさしくそのピックアップだしね。
そのピックアップはいつここに来るのだろう。
「ピックアップはここへは来ない」
何だって、じゃあどこから乗れるの?
「プエンテ(PUENTE)のところで待てばつかまるよ」が答。
はてさてプエンテって何だっけ。
これは困った。
僕は中南米旅行中は、ロサンゼルスで買った小型の「コリンズジェム英西辞典」を、いつも肌身離さず持っていた。
ところが、今回はアンティグアのホテルに置いてきたんだ。
まあいいや、プエンテが何でも、その場所さえ解ればいいのだ。
方向を教えてもらって歩き出す。
途中で3〜4人の人にプエンテはどこにあるか聞きながら歩く。
最後の人に「プエンテはどこですか」と聞いたら、こいつは馬鹿じゃないかという顔をして「ここだよ!」と言われてしまった。
そこは橋の上だった。
なーんだ、プエンテって橋のことだったんだ(笑)。
僕はスペイン語の動詞活用を、接続法過去までほとんど暗記してる。
でも、こんな簡単な単語を忘れるようではまだまだ、だね(涙)。
もちろんフランス語の PONT NEUF、英語のPONTOON の語幹PONTはスペイン語ではPUENTEと変化すること。
これくらい、ちょっとでも欧米の言葉に通じていれば常識だったよなー。
ちょっと恥ずかしいかも…。
早起きでぼーっとしていた上に、遺跡を歩き回ったので正常に頭が働かない。
若者が2人、橋のたもとに座り込んでいるので、僕も仲間に入って座り込む。
国境行きのピックアップが来ることを、彼らに話しかけて確かめる。
30分ぐらい、たらーんと待っていた。
ピックアップを待つ間考えていたのは、まあ特に急いでいる訳じゃないのだからコパンの町に泊まっちゃおうかということ。
なかなか人も親切だし、町もソカロ(中央広場)をはじめ石畳の小綺麗な町だからね。
しかし遂に、我が待望のピックアップは到着した。
朝乗った時は日本人3人とアメリカ人の兄ちゃんの4人だけで、ガラガラだった。
が、こりゃどうだ…、なってことだ。
助手席に3人乗ってるのを始め、ピックアップの荷台には荷物と人間と鶏がひしめきあっている。
何とか詰めてもらって隙間を作り乗り込むが、つかまる所がない。
小麦粉の袋みたいなものの上に乗り、その袋の端をしっかりつかむ。
朝と違って今度は上り坂で、しかもこんなに人や荷物を載せているのだからそんなにスピードは出ない。
でこぼこ道なので、突然ぼーんと飛び上がる時がある。
僕の下の小麦の袋ごと跳び上がるのだからヒヤッとしてしまう。
乗っている人や荷物を少しづつ降ろしながら、ピックアップは国境に着いた。
国境まで来たのは3人だけだった。
僕の他は地元の人のようだ。
ピックアップを降りて背伸びをする。
ぐったり疲れてしまった。
運賃を支払おうとすると、運転手は料金は5L(レンピーラ)だと言う。
僕は朝の体験で、地元料金が2Lだと知っているので、2L丁度を手渡して、さっさと国境へ向かう。
後ろから何か叫んでいたが、なにしろ正しい料金だから、すぐに納まった。
グアテマラへの再入国は、朝もらった紙にホンジュラスの出国スタンプをもらう。
それを、グアテマラに提出すれば済んだ。
僕のパスポートの中には、グアテマラを出国してホンジュラス入国した証拠は全く残らないわけだね。
これでコパンの遺跡を見て、無事グアテマラへ再入国出来た。
チキムラ行きのバスは、国境に停まって待っている。
これが最終のバスだという。
運よく最終バスに、間に合ったらしいよ(笑)♪
ほっとして、道端で売っていたビールを飲む。
GALLO(雄鶏)という名前で、 1,5Q(75円)だ。
チキムラに戻って昨日のホテル「リオホルダン」に行く。
すると、ホテルのおじさんが、何故かとても喜んでくれた。
部屋代1泊7Qを6Qにまけてくれた上に、シャワー付きのいい部屋をくれた。
正直昨夜の部屋は、ベッドにマットがあるだけの、かなりひどい部屋だった。
シャワーもトイレも共同だったからね。
明日日曜日には、コパンと対立関係にあったという、キリグアの遺跡を訪れる。
ここでは「バナナリパブリック」の帽子をかぶったアメリカ人(実は旅行の神様)と遭遇した。
僕は「バナナリパブリック」のTシャツを着ていた。
それは、次にディープに語ろうと思います。
グアテマラからホンジュラスの国境を越えて、マヤ遺跡として有名なコパン遺跡を見たのはよかった。
アンティグアから本格的に覚悟をきめて、一度動き出せば、エルサルバドル、ホンジュラスは、一気に通過するつもりだからね。

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx