『ワーホリ夫妻と語り合ったこと』@アンティグア/グアテマラ
思い出しながら書いてみると、ワーホリ君は、最初オーストラリアへワーホリに行った。
しかし、都会は日本人だらけなので、わざわざ農場へ行って、ファームスティをしたそうだ。
農場だから、他に日本人はいなかった。
そこで、オーストラリア人と一緒に働いたら、英語がスムーズにしゃべれるようになったそうだ。
「日本人1人だけで、オーストラリア人の中で仕事をするならば、英語は上手になるでしょうねー」と、ナットクする。
ファームステイが終わって、都会へ戻って、ぺらぺらと英語をしゃべった。
すると、オーストラリア人から「下品な英語だ」と注意されたんだとか(笑)。
ワーホリ君は、「自分を馬鹿にできる能力」がある。
「自分を笑う」のは、日本人にはなかなかできないことで、これからも、やはり海外暮らしが長いんだと思った。
日本人の英語コンプレックスについても、僕たちは話が合った。
僕は、ロンドンで「ケンブリッジ英検特級(CPE)」を取った後だったが、ロサンゼルスに滞在中、日本人と英語についていろんな体験してた。
だから、「日本人は結局英語はうまくならないね」という諦観がある。
僕は、日本人と英語について、いろんなアイディアがあるので、それを語る。
彼も何しろ、オーストラリアでファームステイして、オーストラリア訛りの下品な英語はペらペらだ。
バンクーバーへ行って、そこでもワーホリをしていた。
海外経験は長く、またワーホリをしている日本人の実態も熟知しているわけだ。
二人とも、話にオチをつけて、盛り上げる気がある。
だから、話せば話すほど、大笑いできた。
いま思い出せるのが「始めて外人と英語で話をして、思い上がった日本人」のこと。
ワーホリ夫妻は、アンティグアへ来る前に、中米で、白人数人と一緒にいる日本人の若者(♂)と出会った。
その若者は、ワーホリ夫妻が英語がしゃべれないと決め付けて、白人たちとの通訳をしたそうだ。
その通訳というのも、「どぅーゆーらいく、○○?」程度の、レベルの低いものだった。
ワーホリ君は、英語をペラペラしゃべると、恥をかかせるというので、日本語でしゃべり続けたそうだ。
「いい加減な通訳してましたよ(笑)」というオチをつける。
僕も、「日本人と英語」についての、面白話はたくさんストックがあるので、それを披露する。
まあ正直、他の人間の勘違い話を次々と面白おかしく話すというのは、これは才能でもある。
他人の面白話をするときは、自分も一緒に落とさないといけない。
これも、日本的な考えだと、とても難しいことなんだよ。
日本人の話は、ただ、週刊誌で読んだり、テレビで見た話を、オウム返しで繰り返すだけなんだから。
日本人の話は、本当に面白くなくて、オチもなく、知性も感じられない。
先日東京でトレーニングしている時、ストレッチのマット上で、日本人同士が世間話をしていた。
1人の日本人が、「アメリカインディアンと日本人は遺伝子的にとても近い」という話をしていた。
これはなかなか、悪くはない話だが、それを広げられないんだね。
相手の日本人も、「あーそうですか。知りませんでした」で終わってしまう。
これだから、日本人は欧米人と付き合えないんだよ。
互いに、「アメリカインディアンと日本人ということから、何か面白い冗談を言わなければっ!」と、次々に冗談が出てくるところなんだけどね。
日本人の社会生活では、人と違った、変わったことを言うと、差別されてしまう。
だから、日本人は、できるだけ面白いことを言わないように努力する。
自分で考えることが出来ないので、テレビで言っていたこと、テレビのお笑い番組で見たこと、しか言えない。
ワーホリ君と僕は、できるだけ冗談を言いたいので、話が長くなってしまったよ。

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx