『アンティグアでの、僕の平凡な一日の流れを語ろう』@アンティグア/グアテマラ
こうして、僕のアンティグア生活は、始まった。
1989年4月1日にアンティグアへやってきたが、ホテルやスペイン語学校を決めるのに時間がかかった。
これから行く予定のニカラグアのビザ申請受領に2日使った。
その時間を利用して、グアテマラシティの見物をした。
実際にスペイン語の勉強を始めたのは、だから、4月6日になった。
アンティグアを出て、エルサルバドルへ向かったのが、4月29日。
だから、アンティグア滞在は、ひとまとめにして1か月といえるだろうね。
その一日は、だいたいどんな流れだったのか、それを記録しておこう。
まず、朝起きるのが、午前7時ごろ。
学校が始まるのが9時で、それが13時(午後1時)まで、というのが最初の約束。
僕は、すぐに、オルガ先生と相談して、午前8時から午後12時(正午)へと変更した。
僕は早起きなので、レッスンが午前9時だと、朝の時間を持て余してしまうんだ。
さて、HOTEL PLACIDOの2階の部屋で目を覚ます。
中庭をぐるりと廊下が囲んでいる。
2階の廊下から下を見る。
というのが、このホテルでは、トイレとシャワーは共同だ。
そのトイレとシャワーのが一緒になった、バスルームが2つ、1階にある。
だからまず、朝のトイレをするときに、部屋が空いているかどうかを、2階から見てチェックするわけだね。
朝7時に起きる人間はそんなに多くないので、だいたいは空いている。
同時にシャワーも浴びるので、洗面道具を持って2回から1階へ降りる前に、確認していた。
時々2つともふさがっていることはあるからね。
トイレすませ、歯を磨き、シャワーを浴びる。
つまり、僕は朝シャワーで生活していた。
欧米人もだいたいは朝シャワーが普通だ。
僕は思っているんだけれど、日本人のように、毎日夜にお風呂に入るのは、身体に良くないんじゃないかな。
実際、僕は旅をしていて、ほとんどはシャワーで済ませていた。
時々、ちゃんとしたホテルに泊まって、バスタブがあると、ゆっくりと浸かる。
お湯に浸かっていると、頭がボーっとして、ふらふらしてしまうよ。
フランス人は、ほとんどバスタブに入らない。
一年で石鹸の棒を1本しか使わないとか。
それの方が身体には(皮膚のためにも)いいとおもうよ。
フランス人は、夜にエッチをするときは、ビデを使うので清潔だしね。
学校に行くと、オルガ先生と小さな机をはさんで、すぐにスペイン語のレッスンが始まる。
僕は、学校秀才なので、こういうときは、本当にキッチリと勉強する。
個人レッスンの時は、とにかく自分で話すことが大事だ。
先生の話を聞いていても、自分の勉強にはならないんだから。
とはいっても、先生はスペイン語で文法を説明するんだけどね。
ただ、僕のように、スペイン語の文法を一応知っていると、先生の言いたいこと、言っていることは予想が付いてしまうんだよ。
途中で一回休息が入って、他の生徒と話をしたりする。
僕が行った学校は、日本人は僕1人で、他は欧米人の若者や30歳前後のスペイン語学習者がほとんどだ。
思い出すと、彼らとは、軽くあいさつをする程度で、それほど深い付き合いはしなかった。
正直、アンティグアは、外国人だらけなので、同じ国から来た友達は必ず見つかるしね。
僕がいたバルセロナのスペイン語学校だと、クラスは結構まとまってた。
お昼は、違った国の学生で一緒に集まって、食事してたりしたけどね。
アンティグアの学校にいた、デンマーク人の20歳くらいの女の子を覚えている。
彼女は、ほっそりとした身体で、なかなかの美人で、金髪だった。
まだまだ大人になりかけた雰囲気で、僕に前夜ダンスを踊って疲れた話をした(これは英語)。
「トゥットトゥー♪」などと歌いながら、手を上げて、僕の前で軽く踊ってみせてくれた。
彼女が踊ってる時に気が付いたんだけれど、彼女は金髪の腋毛の処理をしてなかった。
それがいまも記憶に残っているんだ。
「ひょっとして、腋毛で僕を誘ってたのかなー?」とか、「誘いに乗らなくて、可哀想なことをしたなー」とかね。
このあとも出てくるが、アンティグアでは、日本人と欧米人の恋愛もよくある話だった。
僕はアンティグアのスペイン語学校では、外人の友達は作らなかった。
というのが、僕が学校が終わると、とにかく、1人で食事をしたかったのね。
僕は常に、本を読んでいた。
アンティグアでは、日本レストランのZENの奥に、日本の文庫本の書棚があった。
アンティグアにいる時は、思い切り日本語の本を読みたかったんだ。
僕は食事の時にも本を読むので、1人で食事をしないといけないわけだ。
学校が終わったら、まず、一度ホテルの自分の部屋へ戻って、そのあとソカロへと出る。
次にZENへ行って、読み終わった本を返却し、新しい本を借り出す。
あと、学校の宿題を済ませてしまう。
「DONA LUIZA(ドニャ・ルイサ」という、お屋敷を改装した喫茶店にはよく通ったものだ。
アンティグアにいるほとんどの人間が、ドニャルイサのテーブルでコーヒーを飲み、スペイン語の宿題を済ませていた。
ここに来れば、誰か知り合いと出会えたものだよ。
ソカロに面した「CAFE JARDIN」には、結構通っていたね。
ソカロには、現地の人たちが店を出していたりしたが、ソカロ周辺には結構面白いお土産屋なんかもあった。
喫茶店に入ると、スペイン語教師と個人レッスンしている人たちもちらほらいた。
アンティグアは世界中の人が集まるところで、レストランもバラエティに富んでる。
中華料理店もあれば、ピザ屋もあった。
日本レストランのZENもあったわけだが。
僕は混雑がいやなので、人の少ない、午後4時ごろに1人で食事を取ることにしていた。
夜には、ワインやビールを買って、軽くサンドイッチ程度を部屋で取ってたかな。
アンティグアは、小さな町だし、ソカロ周辺に行けば、誰かと出会う。
日本人だったら、まずたいていはZENか、ドニャルイサへ行けば、見つかる。
ソカロでボーっとしていても、日本人と会ったりする。
アンティグアの町を歩いていると、知らない日本人とばったり出会うこともある。
日本人と会えば、一応言葉を交わして、時間があれば、スペイン語の話や、旅の話をする。
何もすることがないときは、ZENのテーブルで食事をして、そのあとお茶を飲んで時間を潰す。
このように、静かに、穏やかに、僕のアンティグアの一日は過ぎていったのでした。

xxx

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx