『アンティグアは、人がまた出会う場所』@アンティグア/グアテマラ
アンティグアは中米旅行者やスペイン語学習者の集まるところ。
ヨーロッパや北米からの白人も多い。
メキシコからグアテマラへ旅をすれば、一応アンティグアへは立ち寄るものだ。
中米旅行のあちこちで出会った人間と、ここで再会することになる。
スペイン語学校へ行き始めたばかりのころ、学校が終わっていつもの通りソカロに面したカテドラルに入って祈ろうとした。
「ハーイ、ケン!」と声をかけられる。
さて、誰だろう?
この中米旅行記の愛読者なら、以前予告しておいたのを思い出すかもしれない。
そう、一緒にアメリカとメキシコの国境をグレイハウンドで越えた、西ドイツの青年ラルフ君だ!
彼とはバハカリフォルニアで一度別れてメキシコシティの町中で再会して以来だ。
話を聞くと、彼は僕と別れた後でメキシコシティから直接ユカタン半島へ進み、ビーチでゆっくりしていたそうだ。
こんなところでまた会えるとは本当に偶然だね。
アンティグアは中米旅行者が必ずやってくるところ。
町が小さくて、その中心のソカロ(中央公園)へは誰でも来る。
それを考えれば、この再会は不思議ではないのかもしれない。
彼とは、ソカロに面した小さな喫茶店に入って、互いの旅の話をした。
とてもいい感じの、素直な男の子だったね、ラルフ君は!
別の日、バスターミナルからソカロへと歩いている時、後ろから肩をたたかれた。
振り向くと、見覚えのない白人が2人だ。
「Tu te souviens de nous?(テュトゥスブィアンドゥヌ=僕たちを覚えているかい?)」
とフランス語で言葉を続けてくる。
見覚えはないが、僕がこの旅で、出会ったフランス語をしゃべるやつといえば‥‥
わかった!思い出した!
彼らは僕がテオティワカンのピラミッドへ行った時ローカルバスに乗っていた。
フランス語をしゃべる、ちょっと無愛想な、フランス系カナダ人2人組だった。
久しぶりにあったので懐かしくて、彼らとはちょっと立ち話をしたよ。
旅行者の出会いはこれだから面白い。
二度目に会えば、当然、最初に出会ったときから再会するまでの、いろんな話があるものだからね。
海外個人旅行が面白いのは、旅先で出会う人がみんな、興味深い話を持っているってこと。
日常生活の付き合いでは、まず、話すことがない。
日本人の共通の興味といえば、プロ野球か、芸能スキャンダルしかない。
テレビでコメンテーターが言っていたことの、オウム返しだ。
これでは、話す意味がないよね。
旅先で出会った人と、面白い話をしていれば、再会した時はもっと面白い。
これこそが旅の本当の意味なんだよね。
これはまた、いろんな例が出てくるでしょう。
xxx

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx