『海外での語学学習について、自分の体験から、旅行哲学してみる』@アンティグア/グアテマラ
これまで僕の、スペイン語学習歴と、アンティグアでの4時間ぶっ通しの個人レッスンについて説明した。
英語はペラペラ、フランス語も出来る(仏検2級)僕にしても、スペイン語の個人レッスンというのは疲れる。
僕のスペイン語は、日本でフランス語と平行して「NHKラジオスペイン語講座」で勉強した。
バルセロナのスペイン語学校に通っていたこともある(あんまり勉強しなかったが)。
語学のグループレッスンだと、先生が他の生徒に質問している時に、ちょっと休める。
他の人たちの会話に突っ込んだりして、楽しめるもの。
語学の個人レッスンというのは、ホント、逃げられないからね。
頭を働かせっぱなしだ。
こんなスペイン語の集中的な個人レッスンに、普通の日本人旅行者がついていけるだろうか?
常識から考えても、まず長続きはしない。
旅行者がアンティグアでちょっと勉強したところで、ちゃんとしたスペイン語は覚えられない。
スペイン語に慣れて、旅行に最低必要な言葉を少し覚えるだけだ。
旅をしている途中で、話したかったことはあるだろうから、それを覚えられるのはいいよね。
日本でスペイン語を勉強していて、特にさらに会話を学ぼうというのもいい。
ところがいいかげんな旅行記なんかになると、「中米を半年旅行したのでスペイン語がぺらぺらになった」的なことが書いてある。
誰がこんなお伽話を信じるだろう!
海外にいても日本にいても、結局は単語は暗記しなければならないし、文法は理解しなければならない。
挨拶や俗語はただ生活しているだけでも覚えられるが、本物の言葉はきちんと勉強しなければものにはならない。
日本語だって、学校に通わなければきちんとした言葉は覚えられない。
ちょっと旅行をしただけで語学をマスターしたと厚かましく書いている連中が多い。
絶対に、ちゃんとしたスペイン語を話せるレベルまで達しているはずがないんだよ。
1989年のアンティグアには、2種類の日本人がいた。
旅行者とスペイン語学習者だ。
さらにその旅行者はまた2つに別れる。
アンティグア沈没組と中南米旅行者組だ。
アンティグア沈没組はグアテマラに来くるのが最終目的で、アンティグアに長期滞在している。
アンティグア滞在が目的な場合は、スペイン語の個人レッスンに3日も通うと、もうついていけなくなる。
だって、勉強しないといけないんだもの。
アンティグア沈没組とは、机の前に1時間も連続して座った経験もないような人たちだよ。
スペイン語の単語なんかを、机に座って暗記できるはずがない。
3日もまじめにスペイン語の授業に出ると、レッスンに耐えられなくなる。
すると一日4時間の授業を、半分の2時間に変更してもらう(料金は変わらない)。
ただ時間つぶしに、(朝早く起きられないので)昼のわずかな時間出席するようになる。
夜になると町のどこかからでてきて、日本レストランZENに集まるって酒を飲んではいいかげんな話をしている。
これで日本に帰ると「中米を冒険旅行してスペイン語ぺらぺらの冒険旅行者」の一丁出来上り(涙)。
昔だったら、確かに、中米旅行しただけで世間は驚いたものだ。
ちょっとコネさえあれば、世の中を知らない、海外個人旅行といえばひたすら持ち上げる、そのころの朝日新聞に売り込めた。
南米へ下る本物の旅行者はこの状態を見てあきれ果て、ほんの数日滞在してさっさと南へ下る場合も多い。
アンティグアには、スペイン語学校以外は、旅行者にとってそれほど面白いことはないんだからね。
アンティグアは観光名所なので日本人のツアーもやってくる。
町にはスペイン語の勉強に来たヨーロッパやアメリカからの白人だらけだ。
ヨーロッパ風のものもそろっているが、グアテマラのほかの地域に比べれば、物価もそれなりに高い。
本格的な中米旅行の気分は味わえない。
なにも「地球の歩き方」にも紹介してあるアンティグアに留まらなくていい。
もっと南へ下ったコスタリカにも、南米に入ったエクアドルにもスペイン語学校はあるのだし。
ずっと中米を下って来た旅行者が、ここで身体を休めるついでに学校へ通うことはある。
その場合はメキシコ旅行中に実際にスペイン語で苦労している経験があるので、結構マトを絞ってまじめに勉強することが多い。
ここで会った日本人旅行者は、先生に「旅行に必要な言葉だけ」と頼んで、自分が必要と思った言葉だけを書き出して練習していた。
彼はなかなかまじめな男だったが、要領がよすぎて、人間的にはあまり面白くはなかったね。
スペイン語学習者も2種類に別れる。
日本やスペインでまじめに勉強した後で、スペイン語の仕上げにやってきた人たち。
もう一つが、とにかく外国に行けば何とかなると日本を飛び出したグループだ。
「留学」したところで、勉強しなければ、どうにもなりはしない。
「日本の英語教育がだめだから本場で生きた英語を学ぶんだ!」とタンカを切ってアメリカに行く人も多い。
日本人だらけの寿司屋で何年もアルバイトしても、ちっとも英語がうまくなない。
アメリカにいても英語を話す機会がなくて、日本人町の本屋でNHKの英会話のテキストを買うという興味深い人間は実際に存在する。
僕がロサンジェルスの安宿「ホテル加宝」に滞在していた時に、英語を話せない長期留学生にたくさん出会った。
アメリカにいるのに、日本の英会話学校の通信教育を受けている人たちもいる。
今では「アメリカ留学」しても英語が話せない方が普通だ。
これは恥ずかしい話だが本当だ。
実は「帰国子女」の中にも英語のしゃべれない人たちがずいぶんいる。
今では世界中ほとんどのところで、親の海外赴任についていく子供が多い。
海外に出る日本人が多いので、現地の日本人学校で日本語の教育を受けられるようになっている。
海外に長期滞在しても英語を話せない人は珍しくない。
僕がロンドンの「インターナショナルスクール」という一流語学学校に通っていたことがある。
トップのクラスで「ケンブリッジ・プロフェシエンシー(CPE)」(一般的にはケンブリッジ英検特級と呼ばれる)の勉強をしていた。
この試験は、イギリス人でも通らないほど難しい試験だ(僕は合格したが)。
その時に、その下のレベルの「ファーストサーティフィケット」という試験を受けるという、上品な日本人の女の子と知り合った。
彼女は日本の一流銀行員の娘で、3年もロンドンに住んでいいる。
だが彼女のロンドン生活は、日本にいるのとほとんど変わらないとか。
「学校は日本人学校で、家では日本語オンリーで、ビデオも本も日本のものを見たり読んだりしている」そうだ。
英国にいても、日本語だけで生活できるので、英語は買い物に必要な程度の片言しか話せない。
彼女は「3年もロンドンに住んでいて、英語が出来ないのは恥ずかしい」と、インターナショナルハウスに通いだした。
「日本に戻って英語が出来ないと、馬鹿にされるかも…」と、僕に告白したよ。
これが常識だ。
英語のわからない人たちは、「帰国子女」の崩れた発音に騙されてしまうことも多い。
でも、発音が外国風でも、きちんとした事を英語できちんと言えるだけの能力はないのが分かる。
これも今では一般常識だ。
だから「留学した」とか「帰国子女」とかいう人たちには、英語で話しかけないのが大人のマナーだ。
恥をかかせる事になるからね。
世の中で一番恥ずかしいのは、海外に何年も住んでいながら、外国語がしゃべれないってことなんだから。
アンティグアを出る数日前に、スペイン語を勉強している日本人の女の子と通りですれ違った。
声をかけて、呼び止めて、話を聞いた。
彼女は3か月もアンティグアにいるが朝も昼もスペイン語のレッスンを取って忙しい。
日本レストランのZENには一度しか行ったことがないそうだ。
僕も日本人滞在者とあまり会いたくなくて、それで人の少ない時間を選んでZENへ行ってた。
1990年前後は、アンティグアが目的でグアテマラに向かう日本人は、本当に多かったものだ。
僕自身も、ロサンゼルスのホテル加宝にいたとき、アメリカ旅行者にアンティグアを紹介していた(笑)。
ただ、(この文章を書いている)2010年がどうなのか、それはわかりません。
日本レストランの「ZEN」も無くなったしね。
いまの日本人旅行者は、メキシコのユカタン半島のマヤ遺跡を見て回るのが流行っている。
その途中で、グアテマラのティカル遺跡を見て、またメキシコへ戻るようです。
日本でスペイン語の基礎を勉強しておいて、スペイン語会話を鍛えるなら、アンティグアはいいところだ。
欧米人が多いので、いろんな恋愛も生まれたという噂もあります(これは「ホテル加宝物語」にて)。
正直、ロサンゼルスの「ホテル加宝」からアンティグアへ行く人が多かった。
だから、「ホテル加宝」にいた誰々さんが、アンティグアで誰と付き合っているなんて、噂が広まったりしたものだ。
xxx

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx