『オルガ先生との一対一のスペイン語個人レッスンが始まる』@アンティグア/グアテマラ
1989年4月6日木曜日、アンティグアのスペイン語学校"CASA SAN SEBASTIAN"での僕のスペイン語のレッスンが始まった。
レッスン開始は朝9時だが、当日の8時45分には学校へ着いてグロリア校長先生にあいさつする。
この時に最初の一週間分の授業料120Q(6千円)を払った。
一週間とは、月曜日から金曜日までの5日間、午前9時から午後1時までの4時間、つまり20時間の個人レッスン料金だ。
計算すると、1時間当り3百円になる。
ただもちろんこの料金は、1989年のことなので、あくまでも参考にしてください。
学校に早く行った理由は、僕がもともとまじめなせいもあるが、それだけではない。
僕は、いままで次から次へと移動を続ける長期旅行をしてここへ来た。
移動を繰り返す旅をしていると、太陽が昇るころには目がさめてしまう身体になってしまったんだね。
この日も早く起きてしまって、それで朝の時間が手持ちぶさたになったのが、学校へ早く行った正直な理由だ。
グロリア先生が紹介してくれた僕の個人レッスンの先生は「オルガ」先生。
インディオの血の濃い、20歳を越えたくらいの、おとなしい若い女の子だった。
中庭に小さなテーブルを持ち出して、向かい合ってレッスンを始める。
同じ中庭には、他のスペイン語学習者も、先生とテーブルを囲んで勉強している。
僕が最初にアンティグアに着いた時、ワーホリ夫妻はスペイン語の先生2人と、4人で町を歩いていた
つまり、スペイン語学習の場所ややり方は、先生と生徒が話し合って、自由に決められる。
アンティグアのスペイン語学校は、基本的に、先生と生徒の一対一の個人レッスンだ。
僕が通うスペイン語学校も、オルガ先生を紹介して、スペイン語を学ぶ場所を提供するだけだ。
特にスペイン語の教科書があるわけでもなく、教え方のシステムがあるわけではない。
家庭教師を雇ったようなものなのね。
だからアンティグアでスペイン語を勉強する時に、何も学校に通う必要はない。
誰かに頼んで、先生を紹介してもらい、その先生から教わってもいい。
ただ、学校というシステムがあったほうが、何かと便利だよ。
授業時間もキッチリと決まっているし。
僕の場合は、アンティグアの定番のレッスンシステムの通りにやった。
午前9時から午後1時まで、途中休みを1回取るだけの4時間ぶっ続けのレッスンだ。
オルガ先生は真面目で、というか、あんまりスペイン語を教えた経験が多くないようだった。
だから、教科書を使って文法中心に教えようとする。
ところが僕は文法にはめちゃくちゃ強い。
それに、一対一の家庭教師をつけていて、動詞の変化を言わされても、それは意味ないよね。
僕は、動詞の変化は、長距離バスの中で「コリンズジェム・スペイン語文法と動詞変化表」を暗記するのが習慣だった。
動詞の変化なんて、動詞変化表を持っていれば、自分ひとりで勉強できるよ。
だから、一対一の個人レッスンならば、スペイン語の文法をやるのは意味がない。
応用、つまりスペイン語会話をした方がいい。
いま思い返すと、そういうことだったんだけれども、僕も基本的にはただの学校秀才なので、文句は言わなかった。
オルガ先生の指示通りに、動詞の変化を暗唱したりしていた。
ぼくはもともと、日本にいた時、NHKのラジオスペイン語講座で、スペイン語を勉強した。
英語はケンブリッジ英検特級(CPE)を持っているし、フランス語はフランス語検定試験2級を持っている。
スペイン語の文法は、まずだいたいのところは、理解している。
いつもスペイン語の小型辞書、コリンズジェム英西辞書をデイパックに入れている。
日本でスペイン語をラジオ学習したあと、ヨーロッパでは、スペインのバルセロナでスペイン語学校に通っていた。
文法的にも一応さらっているし、もともと暗記力はあるので、ほとんど僕の知識を再確認するだけになる。
文法規則を復習するだけでは面白くないので、今までのスペイン語の知識を総動員してオルガ先生を雑談に引っ張り込む。
日本の話を、面白おかしく話すのは、いままでの旅で、外国人旅行者と話をしてなれているから得意だ。
これが外国人に物知りだと尊敬されるコツだ。
外国人の聞きたいようなことを、大げさに話すと喜んでもらえる。
多少、正確さに疑問があるかもしれないが、楽しい、面白い話が喜ばれるものだ。
僕は、外国人に「日本には、いまでもたくさんのニンジャがいます」と、躊躇なく話せるよ。
オルガ先生も純情な若い女の子なので、ついうっかり僕の話に乗ってくる。
が、もともと真面目なので、何とか教科書通りに進めようとする。
4時間のレッスンが終わった時には脳味噌が熱を持ってしまって、頭がボーッとしてしまった。
さらにオルガ先生は親切にも、宿題の作文まで出してくれた(涙)。

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx