『ニカラグアのビザをゲットし、アンティグアで写真を焼き増しして、グアテマラシティの観光を済ませる』@グアテマラシティ/グアテマラ
1989年4月4日、アンティグアからグアテマラシティへ行って、ニカラグアのビザを申請する。
そのあと、時間があるので、グアテマラシティを見物することにした。
ニカラグア大使館のある高級住宅地から、またバスに乗って、セントロへ戻る。
まず中央公園(PARQUE CENTRAL)を歩く。
中央公園に面しているのが、国家宮殿(PALACIO NACIONAL/NATIONAL PALACE)。
歴史のありそうな、堂々とした建物で、この建物が観光名所のひとつだ。
国家宮殿は実際に官庁が入っていて、仕事をしているとか。
内部に入るには、身分証明書、つまりパスポートが要求された。
僕は、ニカラグアのビザを取るために、いまパスポートをニカラグア大使館に預けたばかり。
係員の人に、スペイン語でそれを説明して、パスポートの預り証を見せたら、内部に入れてくれた。
海外でパスポートにビザをもらう時に、パスポートを預ける。
そのあとで、お金を両替しに銀行へ行ったら、身分証明書がないからと両替を断られることもある。
それも、実は建前のことが多いけどね。
僕はパスポートのコピーや、国際学生証を身分証明書にして、銀行で両替してもらったことが何回もある。
パスポートを手放す時は、その前にホテルのチェックインや銀行での両替は済ませておいた方がいいよ。
逆に言うと、ホテルに預けたパスポートを手許に確保するためには、「両替」を口実にすれば、スムーズだってこと。
続いて同じ中央公園に面しているカテドラルに入って、祈ろうとした。
これはたまたま工事中とかで、入れなかった。
その代わりに、18 Calleにあった教会(IGLESIA)で、神に祈りを捧げた(REZAR)。
お腹がすいたので、「Los Pollos」という24時間オープンのチキン屋で、チキンと缶ビール。
18 Calle と4a Avenidaの角から、バスに乗る(25センターボ/12円)。
バスは朝僕が降りたバス停で止まり、アンティグア行きのバスに乗り継いで、アンティグアへ到着(1ケツァル/50円)。
日本レストランのZENへいって、ビフテキと白ご飯(6Q)を食べる。
ビールの大瓶を1本(4.5Q)飲んで、最後にお茶(0.5Q)で締めた。
ZENから出たところで、アンティグアに来た日に話をした、ワーホリ夫妻とばったり会う。
アンティグアのソカロ(中央公園)へ行って、世間話をした。
このワーホリ夫妻とは、なぜか、いくら話をしても、話が尽きないのが不思議だ。
特に男性とは僕は、ものすごく気があったが、適当なところで話を切り上げる。
僕は、ソカロ近くの写真屋で、持ってきたパスポートサイズの写真の焼き増しを頼んだ。
日本のちゃんとした写真館で撮ってもらったネガがあるからね。
ケニアのナイロビでも、日本から持ってきたネガで焼き増しした。
そのあとアフリカ諸国や中東、東欧でビザ集めをしているうちに、写真のストックが心細くなってしまった。
これから南米やオーストラリアまで足を伸ばすのだから、こういう安そうなところで写真を焼き増しするのも手だ。
12枚で16Q(一枚70円)。
日本だと安くて一枚250円なので3000円する。
写真の出来上りは非常に良かったよ。
翌日、4月5日の朝に乗ったバスは、昨日とは違って、グアテマラシティのセントロの「18 Calle と4a Avenida」まで直行した。
「6a Avenida」へ行って、2番バスに乗り、ニカラグア大使館へ。
パスポートのニカラグアビザを確認すると「1か月有効のシングルエントリービザ」だった。
ニカラグアのビザをもらった後で、そのまま歩き、競馬場のそばまで進んだ。
広々とした公園がある。
ここに「MUSEO NACIONAL DE ARQUEOLGIA Y ETNOLOHIA(National Museum of Archaeology and Ethnology/国立考古学民俗学博物館)」がある。
外から見ると大したものではないし、客も少ない。
まあ、博物館で見学者が多いというのは最低なので、人が少ないのはいい事だよ。
建物はなかなか凝った作りになっていて、マヤ遺跡の出土品の展示がある。
特にティカル遺跡の大きな模型があるよ。
いまは、ティカル遺跡のビジターセンターにもティカルの大きな模型があるが、1989年はなかった。
ジャングルに埋もれたこの大都市の過去の姿を想像出来てあらためて驚いてしまう。
さらに、この地帯は昔ヒスイが特産物だったらしく、特に「ヒスイ室」が設けられている。
なかなか面白い展示物があった。
じっくりと見ると半日はつぶれるだろう。
グアテマラシティにはこれぐらいしか見るものは無いのでは。
セントロには安宿がいっぱいあるし、中華料理屋も屋台もあるけどね。
結局グアテマラシティは旅行途中に通過するところで、特にそのために長くいる必要は無い。
バスで1時間のところにあるアンティグアで、身体を休めるのがいいでしょう。
なぜかこの日は、「15calle 3-65」で、アンティグア行きのバスをつかまえた。
アンティグアの僕の部屋に戻ったら、午後8時にワーホリカップルがやってきた。
これは、昨日別れる時に、「僕がニカラグアのビザを取ってきた後、明日夜にまた話そう」と、約束していたから。
3人で喫茶店へ行って、また話をした。
確かに、時々男性同士なのに、ものすごく気が合って、話が尽きないってこと、あるんだよね。
さて、僕は明日(4月6日)から、本格的なスペイン語の個人レッスンを受けます。
僕のアンティグア生活は、スペイン語学校と、このワーホリカップルによって、形作られて行った。
もちろん、アンティグアの町を歩いていて出会った人、ZENで知り合った人もいたっけね。
その人たちについては、日記形式ではなくて、テーマごとに書いてみようと考えてます。
成功するかどうかは、お楽しみにね♪
xxx

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx