『観光案内所(INGUAT)でニカラグア大使館の位置を確認して、バスでビザを申請しに行く』@グアテマラシティ/グアテマラ
1989年4月3日に、アンティグアのスペイン語学校を「CASA SAN SEBASTIAN」に決めた
スペイン語学校の校長のグロリア先生のアドバイスで、宿を「HOTEL PLACIDO」にする
泊まる場所と学校が決まれば、あとはひたすら勉学に励めばいいだけ。
しかし僕は学校を、4月6日の木曜日からにした。
というのは僕が何のためにここにいるかを考えてみればわかる。
僕は中米を陸路で下っている旅行者なのだ。
これから行く国のビザを取っておかなければならない。
これからの中米、つまりホンジュラス、エルサルバドル、ニカラグア、コスタリカ、パナマでビザが必要なのはニカラグアとパナマだ。
旅行法則「ビザは隣の国で取る」に従って、パナマのビザは隣国のコスタリカで取ればいいだろう。
旅行者に評判のいいコスタリカには、どっちにしても少し長く滞在するつもりだしね。
ニカラグアのビザを取るのはホンジュラスでもエルサルバドルでも可能だろうが、不可能かもしれない。
というのは、この時期、ニカラグアはサンディニスタの社会主義政権下だ。
エルサルバドルやホンジュラスは、確か、反社会主義勢力が政権を握って、内戦状態だという。
グアテマラだって、反政府勢力のゲリラが出没していたんだから。
グアテマラシティにニカラグア大使館があって、そこでビザが取れることは聞いているからね。
たとえビザが取れるとしても、特に見るものもない(だろうし)、エルサルバドルやホンジュラスに、ビザのためだけに滞在するのは無駄だ。
アンティグアで少し休んだ後は、一気に中米を下ってしまうつもりだ。
グアテマラにいる時にニカラグアのビザを取った方がいい。
グアテマラシティの見物もまだ済ましていないしね。
1989年4月4日朝7時半、アンティグアのバスターミナルからグアテマラシティ(これをこちらでは、単に「グァテ」と呼ぶ)へのバスに乗る。
バスはグァテのセントロへは行かず、グァテへ入ってすぐ途中の小さなバスターミナルで止まってしまった(ZONA8)。
みんな大人しくバスを降りる。
僕も訳が分からず後に続いた。
道端で乗り継ぎのバスを待つ人もいる。
ただ、僕の旅行者としての勘と、先程山道からグァテを見下ろした感じからすれば、ここはそんなにセントロから離れてはいない。
手許にあるガイドブック「South America on a Shoestring」には、グァテの簡単な手書き風市内地図がある。
まだグアテマラシティを歩いてないので、町を見物しながら、歩き回るのが一番だ。
ローマでだってずっと歩き通した僕に、グァテの中心部を歩けないはずがない。
グアテマラシティは道路標示がきちんとしているのを確かめてあるのだし。
バスの止まった高台の道から坂を下りて、グァテの町中へと入った。
ごたごたとしているが、予想通りに道路標示ははっきりしている。
さて、僕がここからどこへ行くと思う?
すぐにニカラグア大使館へ行くと思うようでは、君は旅行を知らない。
ニカラグア大使館に行く前には、ニカラグア大使館の位置を確かめないといけない。
ガイドブックには、もちろんニカラグア大使館の住所が載っている。
が、いくら信頼出来るといっても、3年前に出版された本だ。
こういう国際情勢の変化の激しいところでは、大使館が移動している事も十分考えられる。
また、大使館と領事部が別々の場所に離れている事もよくあるのだ。
そして、ビザの取れる場所を知っているのは、観光案内所に決まっている。
グアテマラの観光案内所は「INGUAT」というが、ここの出しているグアテマラ地図は有名だ。
ロサンゼルスの「トーマスブラザーズ」という旅行用品専門店にも、INGUATが出したグアテマラ地図が売ってあった。
が、これがなんと6ドルもした。
アメリカで6ドルと言ったら大金だ。
だから、ロサンゼルスでは地図を買わなかった。
とにかくINGUATへ行っていろんな資料を入手するのが第一だ。
INGUATの住所は手元にあるが、スペイン語の練習ついでに、歩きながら人に道を聞いてあるく。
聞いた人から次々と「INGUATもinformacion turistica(観光案内所)も知らない」との答が返る。
これはおかしい!
読者が多分思うようにおかしいというのではない。
僕がおかしいというのは、中南米の人たちの「知らなくても教えるという親切さ」がここのグアテマラ人には無いこと、なんだ。
ラテンアメリカで道を聞けば、みんな必ず親切に教えてくれるものなんだ。
たとえ聞かれた場所を知らなくてもね(笑)。
だから少なくとも3人に道を聞いてみんな一致していれば信じればいい(3人の言うことが同じだなんて、そういう事はまずないけれどさ)。
グアテマラの人たちが「知らない事を知らないと告白する正直さ」を持っている。
これがラテンアメリカ一般の標準からみるとおかしいということなんだよ。
グアテマラの人たちはインディオの血が多くて、ラテン系らしくないという話もあったね。
普通の人がINGUATの位置を知らないのは、これはしかし当然だ。
例えば日本では有楽町の国電のガードのすぐ横に、観光案内所がある(あった)のだが、知っている人は少ない。
人間は自分に関係のないところは、しょっちゅうその前を通っていても意識しないもの。
旅行の情報は旅行者に聞かないと分からないという事になる。
つまり留学生や海外在住者に旅行情報を集めさせようとしても無理だ、という事なんだけどね。
INGUATの住所は「シューストリング」にある通りで、しかも立派なビルディングだった。
誰から教えられなくても、住所がわかっていれば、見つけるのは簡単だった。
英語の話せる女の子から、ロサンゼルスで6ドル(700円以上)したグアテマラ地図を2.5Q(125円)で買う。
グアテマラ市内のバス会社のリストをもらう。
中米の他の都市と違って、グァテには中心的なバスターミナルというものがない。
いろいろな会社が町のあちこちに散らばっている。
だからこの、バス会社のリストは大切だ。
僕が用事を済ませて観光案内所のオフィスを立ち去ろうとすると、中年の日本人が声をかけてきた。
彼は、中米のホンジュラスから南米のコロンビアへの往復切符で旅をしてきた。
実はこの時期、ホンジュラスでは両替の差で、航空券が安く買えるということだった。
ホンジュラスからコロンビアへの往復切符を買って、コロンビアへ飛んだそうだ。
帰りに、ボゴタ(コロンビア)からテグシガルパ(ホンジュラス)への飛行機に乗るとき、搭乗拒否をされた。
ホンジュラスからの出国切符を持ってないので、片道切符では乗せられないという理由。
そこで彼は、コロンビアからグアテマラへの切符を買って飛んできたのだとか。
グアテマラだと、出国切符が無くても入国できたのか、それとも、往復切符を買ったのかはわからないが。
結構興味深い旅ネタなので、本来ならば、もっと話をしてもよかった。
ところが、僕はとにかくニカラグア大使館にビザを取りに行かなければならない。
それと、この日本人旅行者が、それほど面白くないと判断した。
気が合うならば、例えば、一緒にニカラグア大使館へ行って、途中で話してもよかったんだし。
旅を長く続けて、いろんな旅行者に出会っては話をすることを繰り返すと、人間を即座に判断できるようになる。
この日本人は、旅ネタとしては面白いが、人間としては僕には合わないタイプだったんだね。
「僕はアンティグアにしばらくいますから、またそちらででも会いましょう!」と声をかけて別れる。
2度と会うことはなかったが。
ニカラグアのビザを取れるところを確認すると、やはり移動していた。
地図で確認すると、結構遠くて、歩いて行くのはちょっと無理。
バスでの行き方を確認する。
混みあったバスに乗り込んで、立ったまま地図を広げる。
カーブを曲がる度に、地図の上でバスの位置を想像しながら、現在位置の見当をつける。
というのはバスの窓の位置が低くてどこを走っているのかさっぱり分からないからだ。
まして、グァテの特徴である道路標示板などは、バスからは読み取れない。
思い切って適当なところで降りて、住所を確かめると、やはり降りるのを急ぎ過ぎたようだった。
グァテの高級住宅街を朝の散歩としゃれて、30分ほど歩いた。
ニカラグアの領事館は高級住宅街の一角にあった。
特に変わった建物ではなく、普通の高級住宅に、国旗を立てているのでそれと分かる。
警備の兵隊はいやに愛想のいい若者で、暇つぶしに適当な世間話をした。
写真を2枚と25ドル、それとビザの申請用紙を記入して、パスポートを預ける。
明日4月5日の午前9時から午後2時半の間に、取りに来るようにといわれる。
これで、さしあたりの問題点、「ニカラグアのビザ申請」は、終わった。
明日、またまたここへ来て、ビザを受け取ればいいだけだ。
時間があるので、グアテマラシティの見物でもしましょうか。
グアテマラシティにも、中央公園や国家宮殿(NATIONAL PALACE)、大聖堂(CATEDRAL)なんかあるみたいだ。
xxx

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx