『スペイン語学校を【CASA SAN SEBASTIAN】に決める(スペイン語とフランス語英語をまとめて論じる)』

【ティカル4号神殿の上から1号、2号、3号神殿を見る(2007)】
僕はスペイン語については、結構しゃべれる方だと思う。
読者の皆さんの話のネタに、ここで英語フランス語スペイン語の比較をやっておこう。
日本でフランス語学校に通っていた時に、ある人から「フランス語をある程度やった後でスペイン語に手を出せば半分の時間でマスターできる」と聞いていた。
これは常識らしい。
僕の経験からは、さらに「英語をかなりやっていれば、フランス語は簡単」だ。
つまり、英語の格式語(難しい言葉)はそのままフランス語に置き換えられるのだ。
例えばamputate(英:切り離す)は amputer(仏)、同じくilluminateは illuminer、inscription やintroductionはそのままだ。
だから、僕のように英語の単語をかなりのレベル知っていれば、フランス語の単語そのものの暗記は簡単だ。
フランス語からスペイン語になるとこれはもっと簡単。
文法がほとんど一緒なので、単語を移し替えるだけだ。
先の例で言うと、それぞれamputar,iluminar,inscripcion,introduccion となる。
日常会話のレベルではこんな言葉をしょっちゅう使う訳ではないが、ちょっと深く勉強して新聞でも読むようになればほとんどの単語は想像出来るのだ。
日本人には、英語が出来ないからとスペイン語やフランス語をやる人も多いし、それでぺらぺらになる人もいる。
それなら逆に英語をやれば良いと思うのだが、逆はなかなか難しい。
その原因は、英語は覚えなければならない単語が多過ぎるからだね。
フランス語やスペイン語は単語が少ない代わりに動詞が激しく変化する。
初心者はこれに恐れをなすのだが、慣れてしまえばほとんど見当がつくので全部を覚える必要はない。
しかもスペイン語の動詞の変化が多いのは、単に発音と綴り字との規則の関係で仕方ない部分があって、実際はそれほどでもないのだ。
僕はフランス語をアーベーセーから始めて3か月たつと、NHKのラジオ講座のスペイン語のテキストをフランス語に置き換え出した。
そして、フランス語とスペイン語を一度に勉強していたよ。
この世界一周旅行の途中、バルセロナでスペイン語のクラスをとっていた。
旅行中にはマイアミやLAのダウンタウンでスペイン語を使って話をしていた。
メキシコへ入ってから今まで、毎日スペイン語を使って旅行して来た。
しかし、旅行でスペイン語を使っているからますますスペイン語が上手になると思うなら、君は外国語も旅行も本当には知らない。
旅行に必要な言葉は本当に少ないので、どんどんまともな言葉を使わなくなる。
例えば、きれいな英語をしゃべるのは英語学校にいる時が一番だ。
いいかげんにしゃべっても通じてしまう実際の社会で生活し仕事をしていると、言葉は、どんどん崩れてくる。
だから、英語をきれいに保つには常に勉強をしなければならない事になる。
スペイン語についても同様で、旅のスペイン語なんかは、(実際は)単語さえ並べれば通じてしまう。
それなのに、わざわざ文法を勉強し直すのは、これは趣味の領域に入るという訳だ。
僕がここアンティグアでスペイン語学校へ通う理由は、旅に必要だからではない。
「中米へ来たらアンティグア、アンティグアへ来たらスペイン語学校」という中米旅行の公式に従う事が一つ。
学校に通って自分のスペイン語をきちんと整理し直したいという知的欲求が一つ。
もう一つは、スペインでスペイン語学校に通った経験があるので、中米でもスペイン語学校に通うという更なる経験を積み重ねること。
僕はなにしろ、「世界旅行者」なんだからさ。
スペイン語もまともにしゃべれず、日本人宿に長期滞在して、日本人とつるんでいただけで、中南米旅行自慢をしたりしない。
そんなレベルのエセ旅行者諸君とは、はっきりと違うんだよ(笑)。
僕の英語は必要以上に難しい言葉を使う。
「もっと分かりやすく」と、レベルの低い翻訳会社から要求される事があるが、僕は敢えてそうやっている。
つまり、格調の高い言葉を使いたいのだ。
もちろん普通に旅行をしている時に、関係代名詞や接続法を使って話す機会は全くない。
スペイン語の先生と、きっちりしたスペイン語を話したいと思う気持ちがある。
なぜって、アンティグアでは先生と生徒が一対一の個人レッスンで、いくらでもしゃべりまくれるからだ。
おしゃべりな僕としてはこれはおいしい。
ZENでもスペイン語学校を紹介してあげるといってたが、ZENが紹介する学校なら日本人だらけに決まっている。
世界中の英語学校は日本人だらけで、そのことは僕が実際に確認してある。
こんなところまで来て日本人と一緒に学校に通いたくないのでこれはだめだ。
アンティグアの観光案内所では学校のリストをくれるだけで、どこどこと推薦してくれる訳ではない。
「どこでも一緒」というアドバイスをもらう。
確かに、どこでも個人レッスンなら、学校の問題ではなくて先生の問題になるだろう。
だったらどこでもいい。
ソカロに面した教会で祈った後で、学校を捜して歩き出す。
もらった学校のリストを手にしてかたっぱしからドアをたたくが、時間が早過ぎたのか閉まっているところが多い。
最初にドアの開いた学校が"CASA SAN SEBASTIAN"だ。
門を入ると中庭が広くとってあって、誰もいない。
勝手知ったる他人の家。
どんどん入ると、歯を磨いている白人が一人いた。
彼におしえてもらった部屋に入ると、そこにいたのが校長先生のグロリアさん。
年齢は50歳前後で、スペイン系の血が混じった、褐色の肌をした、目のきれいなすらりとした知的な美人だ。
スペイン語で話しかけると「スペイン語がおじょうずね」とお世辞を言ってくれる。
グロリアさんはとても英語の上手な人で、グロリアさんは僕に英語で話した。
僕は意地でもグロリアさんにスペイン語でしゃべって練習しようとする。
スペイン語の学費が一週間120Q(6000円)。
月曜日から金曜日までの週5日で、毎日9時から午後1時までの個人レッスン。
ここらで6000円と言うと大金だが、計算すると1時間あたり300円だ。
これは安いだろう。
日本なら個人レッスンだと、どんなに安くてもこの十倍以上するからね。
月曜日から始めることにした。
ついでに「キシエラ・エンコントラール・ウナアビタシオン(部屋を捜したいんですけどね)」と聞いてみる。
スペイン語学校では民宿を世話してくれる、という話を聞いていたので、その条件を知りたかったのだ。
アンティグアでは、民宿に泊まると、2食付きで一週間80Q(4000円)で泊まれるそうだ。
僕は朝食は食べないし、夕食はビールでも飲みながら豪華にとるつもりなので、民宿に泊まって食事付きというのは無駄だ。
僕は、小さな落ち着いた、ホテル泊まりにしたかった。
勉強も出来るし、プライバシーも守れるしね。
色っぽい校長のセニョーラ・グロリアが、学校の近くの"HOTEL PLACIDO"を教えてくれた。
つまり僕は、朝一番でスペイン語学校を決めて、その学校の紹介でホテルを決めたわけだ。
早速ホテルを移動して、また学校へ戻って、ホテルを紹介してもらったお礼を言う。
また、学校をいつから始めるか、どのようなレッスンをするのかについて、話をする。
ただ、僕の予定は、まだ決まってない。
グロリアさんに一週間だけじゃなくて、ひょっとしてしばらくいるかも分からないと言う。
すると、「最初の一週間は120Qだけれど、次からは一週間ごとに10Qづつ安くなる」んだって。
「そうすると3か月いるとタダになるんですか」と聞くと、「そうよ」との返事。
ちょっと変わった人だった、このグロリアさんは。
レッスンの合間に校長室でコーヒーを出してくれるという話なので、朝食はこれですませる事にした。
さてこれで、なんとか居心地のいいホテルとスペイン語学校を決めた。
次は、ガンガン勉強をするのかと思うと、これが違うんだよ。
世界旅行者にはまだやらなければいけないことが残っていたのだ。
それは、中米を下るため、これから旅する国のビザを入手することだった。

「ホテル加宝物語」1989 中米南下 ユカタン半島一周 南米ルート 中米北上 mexico world beach index


xxx