『POSADA REFUGIOから、HOTEL CONTRERASへ移り、HOTEL PLACIDOに落ち着く』@アンティグア/グアテマラ
アンティグアは小さな町だが、昔の首都らしく、碁盤の目状に石畳の通りがある。
その首都が移動したのは、地震が起きて、アンティグアの町が崩壊してしまったからだとか。
確かに、崩れたままの教会の建物が、そのまま残っていたりする。
僕は町を歩いていて、すっかりアンティグアが気にいってしまった。
ロサンゼルスを出てから3週間が過ぎたが、これまでほとんど連日動き続けだ。
ちょっと一か所に落ち着いて身体も休めたかったことだし、アンティグアでスペイン語の勉強をする事にしようかな。
それにはとにかく居心地のいいホテルを捜さなければならない。
取り合えず泊まった「POSADA REFUGIO(ポサーダ・レフヒオ)」は、気がつくと「歩き方」にも載っていた。
アンティグアの小さなバスターミナルからソカロへ歩く左側にあって、誰でも気付くホテルだ。
ただ、いやに白人が多いのが問題。
白人にもいろいろいるが、一般的に白人がワイワイと集まっているところでは、正直、日本人は居心地が良くないもの。
一人旅の白人旅行者だと、結構ディープな話を交換したりして、理解しあえたりするものだが。
日本人の若者がワイワイ集まっているところの知的レベルが高くないのと同じ意味で、白人集団は避けたいものだ。
そういう意味では、このホテルはあんまり感じが良くない。
決定的だったのは、夕方帰ってきたら、僕の部屋の鍵がフロントになかった。
朝チェックインして、すぐに町に飛び出した時、掃除をしていた男の子に鍵を預けたのにフロントに届いてないんだ。
「掃除の男の子に預けた」と言っても、顔を覚えていないので特定出来ない。
こんな時、部屋に荷物をほどいたままほうっておくと、取られても誰なのか分からない事になるね。
僕は荷物に鍵をかけてチェーンでベッドに結びつけておいたので、何も取られてはいなかったけれど。
ちょっとでも気になる事があれば、それは神様からの「他のホテルへ移れ」というお告げだ。
その点は旅行していれば簡単、すぐチェックアウトすればいいだけなんだからね。
だから翌朝は、アンティグアを歩いて、まずはホテル捜しをした。
アンティグアでスペイン語の勉強をするなら、下手すると1か月以上いることになるかもしれない。
だから感じのいいホテルをみつけるのが大切。
町をうろうろして見つけたのが、ソカロから1ブロックの"HOTEL CONTRERAS"。
きれいなしっかりした3階建てのホテル。
入口を入ると、吹き抜けが大きく場所を取っている。
フロントには誰もいない。
「ディスクルペ!(すみませーん)」と叫ぶ。
すると中肉中背で口髭を生やした、感じの良さそうなセニョールが現れた。
部屋を見せてもらう。
なかなかきれいでシャワーもトイレもついていて20Q(千円)。
しかし、グアテマラで一泊千円では、ちょっと高すぎるよ。
部屋に机と椅子を運び込ませて、長期滞在するからと、部屋を15Q(750円)に負けさせる。
試しに、このホテルに一泊してみたが、どうもしっくりと来ない。
宿泊客が少な過ぎるので、夜もシーンとしている。
これでは盗難が心配になる。
というのは、このホテルの鍵には大きなプレートがついていて、外に持ち出しにくい。
フロントに預けると、フロントの奥のボードにこの鍵をかける。
しかも、フロントにほとんど人がいない。
長期に滞在するのにいつもバッグに鍵をかけたままにしているわけには行かない。
このホテルだと、泥棒にあう可能性が高い。
泊まるホテルの基本をここで語っておこう。
大きいホテルか小さなホテルかの、どちらかにする事。
中途半端なホテルは避けること。
大きいホテルはいろいろな設備が整っているので過ごしやすい。
泥棒にねらわれる確率が低い。
大きなホテルでは、泥棒は小汚い長期旅行者風の人間なんか狙わない。
金持ち風の、スキだらけの宿泊客をねらうに決まっているのだから。
ただ、大きいホテルは一般に値段が高いのが問題かな。
チュニジアなどのリゾートホテルなんかだと、20ドルも出せば、日本で3万円はする立派な部屋に泊まれる。
だから、余裕があれば、たまにはゼイタクをして泊まる事を勧めるけどね。
これに対して、小さいホテルは目が行き届いているので、宿泊者以外の外部の人間が入ってうろうろする事は無理だ。
ホテルの人間の目が届く小さなホテルで、バッグにしっかり鍵をかけておけば、まず盗られる事はない。
結局、一番危ないのが、中途半端に大きなホテル。
こういうところは訳の分からない人間が入って来ても注意出来ないし、宿泊者も少ないのでねらわれる確率も高い。
ここはその大きくもなく小さくもない一番泥棒にねらわれやすい大きさのホテルで、しかも鍵の管理が心配だ。
それとやはり、15Qは高すぎる気もするよね…。
次の日、スペイン語学校を捜しながら、町を歩いた。
学校を"CASA SAN SEBASTIAN"に決める。
色っぽい校長のセニョーラ・グロリアが、学校の近くの"HOTEL PLACIDO"を教えてくれた。
地元の人から教えてもらうと、「当り」だったね。
"HOTEL PLACIDO"は、中庭をホテルが取り囲む形になっている。
今までも中米のあちこちで出会った形式だが、このホテルは2階建てで庭を取り囲むベランダが広い。
中庭は狭いが植物でびっしり。
このホテルはもともと個人の邸宅で、それを改造してあるらしい。
だから部屋の数は10程度。
門を入ったところにフロントがあって、そこにいつも2〜3人の若者がいる。
僕の部屋は2階のシングルルーム。
なかなかいい。
シャワーもトイレも部屋の外にあるが、部屋にはベッドと、どっしりした机がある。
部屋の電気が少し暗いのが難点だが、それを除けば満点だ。
昼間なら、ベランダにある机で本を広げられるだろう。
値段は1泊が8.25Q(410円)だが、一週間前払いをすると一日あたり、7.5Qで、つまり375円。
最初のホテルより安いし、とにかく白人旅行者が集団でうろうろしないのが良い。
同じ宿泊者の白人も、ヒッピータイプの、なよなよしたやつで、邪魔にならない。
受付の男の子と軽い冗談を言い合っても、いい感じだ。
というわけで、僕のアンティグア生活はこのホテルになった。

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx