『日本レストランZENで、日本語の文庫本を読み、ワーホリ夫妻と話が盛り上がる』@アンティグア/グアテマラ
中米グアテマラの古都アンティグアにある日本レストラン「ZEN」については、これまでいろんな噂を聞いていた。
「ホテル加宝」で会った中米旅行者も、イスタンブールで会った世界一周の自動車旅行者も、中米と言えばZENの話をしていた。
ここアンティグアは、南米に下る時にちょっと骨休めするにはちょうどいい位置にある町。
スペイン語の学校がたくさんあるので勉強するにもいい。
また、メキシコからマヤの遺跡を追いかけて旅していると、自然にグアテマラシティまでやってきてしまう。
グアテマラからまたメキシコへ戻る旅行者にしても、アンティグアを折り返し点にして休むには、丁度いいところにある。
とすると、日本人は山ほどやってくるというわけだ。
日本人が集まれば日本人の溜り場が出来る、これが旅行の大法則。
1989年には、世界中に有名な日本人宿があった。
アフリカ中東方面では、ナイロビでは「リバーハウス」、カイロの「オックスフォード」、イスタンブールの「モーラ」があった。
ロサンゼルスだと、この時期、「ホテル加宝」と「ホテル大元(ダイマル)」が日本人旅行者で賑わっていた。
もちろん僕も、ホテル加宝でいろんな情報を集めて、中南米旅行に出たわけだけどね。
これから進む南米だと、サンチャゴの「五月女」、リマの「ニシウメ」が有名だった。
バンコクでは「ジュライホテル」が有名だったので、いずれ行ってみたいものだ。
1989年の日本人の旅行という場合は、かなりの長期旅行がメインだった。
長期旅行の途中で旅に疲れて、こういう日本人宿へ行けば、クターッと休めるのがよかったね。
それに、日本人宿では、日本語の本がたくさんあるしね。
日本食を作ったりするところもあるし、もちろん、旅の情報が集まっている。
この時代の日本人旅行者は、中米へ来れば、グアテマラはアンティグアの「ZEN」へ行くと決まっていたもの。
もちろん、レストランなのだから、日本人に合う食事も食べられるだろう。
ZENはソカロからワンブロック外れた、カテドラルの裏側の通りにあった。
入口の門を通ると中庭が広く、中庭を囲む建物がレストランになっている。
入った時は開店直後のせいか、テーブルに座っている客は少なかった。
奥にテーブルがあって、そこに3人ほど日本人がいるのを見つけた。
「こんにちわー!」とさわやかに挨拶して近づく。
僕をじろりと見るが、それほど愛想よくはない。
「イヤー、ここがZENですか。いいところですね」と、話を続ける。
「あれ!やはり日本の本がいっぱいありますね。良かった♪僕もロサンゼルスから3冊ばかり文庫本を持ってきたんですよ」と、ぺらぺらしゃべり続ける。
なぜセールスマンみたいに話すかというと、最初にこの日本人コミュニティーに食い込もうと考えているからだ。
それと、自分が持ってきた本を寄付したと見せておけば、本も借り出しやすいしね。
このようにして、無事にZENの日本人コミュニティーに、無理やりに食い込んだ。
持ってきた文庫本をZENの本棚に入れて、めぼしそうな日本語の本を取り出して、テーブルで読み出す。
実は長期旅行者へのお土産は、週刊誌や雑誌が一番いい。
この時代、ヌードが多い割には安い「週刊プレイボーイ」は世界中の日本人宿で人気があった。
海外で航空便で送られてきた、日本の雑誌の最新号を買うと、700円ぐらいする。
日本で200円ならたまに買ってもいいが、物価の安い海外で700円も出して日本の雑誌は買えないよ。
だから、日本の雑誌(特にヌードが多いもの)お土産で持っていくと、とても喜ばれる。
これが分かっていれば旅慣れた本物の旅行者と言えるだろう。
同様にアフリカや中南米の日本人には日本語の本はどういうものでも、涙が出るくらいありがたいものなのだ。
僕がここで堂々と日本語の本を読めるのも、自分で文庫本を3冊も持ってきたからだ。
ただ存在感があるだけではなくて、一応の義理を果たしているんだ。
だから受け入れてくれるのだ。
本を読んでいるうちに、ソカロで会ったカップルがやって来た。
テーブルを一緒にして、食事を頼む。
話をするとすぐに、お互いが好きになった。
ソカロで立ち話した時から、気が合うとは思ってたんだけどね。
なかなかキモチのいい二人だった。
残念だったのは、二人が本当に結婚していたことだったかな。
というのは、最初に会った時、僕はこの日本女性が、ちょっと好きになってたからね(笑)。
これからの僕のアンティグア生活はこの輪堀(ワーホリ)夫妻との交遊が縦糸になって進む事になる。
輪堀という名前はちょっと変だが、もちろん僕がこの旅行記のために、いま仮につけたものだ。
実は、夫の輪堀(ワーホリ)くんは、なんとオーストラリアでも、カナダでもワーホリをしていたという、ワーホリ王だったんだよ。

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx