『グアテマラシティからアンティグアへ行き、安宿を見つけて、面白そうな日本人カップルに会う』@アンティグア/グアテマラ
1989年4月1日午前7時、僕はグアテマラシティの街角でバスから降ろされた。
この時代のグアテマラシティには、バスターミナルがないので、各会社が勝手にバスを道路わきに止めていた。
グアテマラシティはすべての通りに番号がついている。
道路の標示板を読むと僕がいるのは「Calle 17、 8a Avenida」らしい。
だが、ここグアテマラシティは15のZonaに別れていて、そのZonaごとに通りの番号がつけられているのだ。
だからここがどのZonaなのかが分からないと動きが取れない。
ワンブロック歩くと広い通りに出て、そこに店を広げようとしているおばさんを見つける。
スペイン語で、"Hola! Senora,Donde estamos ?"(やあ、セニョーラ、僕たちは、どこにいるの?)と聞く。
すると、 "Aqui "(ここよ)という洒落た答が返る。
冗談好きなおばさんだ。
町の雰囲気から中心地のZona1だろうとは思っていたが、確かめるとやはりZona1だった。
これで自分がどこにいるのか分かった。
しかし、現在の午前8時前というのは中途半端な時間だ。
早く着きすぎてしまったね。
基本的には、「グアテマラシティは長期に滞在するところではない」という話がある。
観光客が滞在するには町が大き過ぎるし、その割に見るところがない。
グアテマラは地方の町それぞれに、いろんな見るものが散らばっているらしい。
僕はとにかく、ここから1時間ほどの所にある昔の首都アンティグアへは行くつもりだ。
アンティグアはスペイン語学校で有名で、南米旅行者が一休みするところらしい。
ロサンゼルスの安宿「ホテル加宝」にも、アンティグアにいたという旅行者は結構やって来ていたからね。
日本人旅行者がいっぱいいるらしいんだよ。
日本人旅行者がいれば、どこかに日本語の本があるに決まっている。
僕がLAから持ってきた本と交換すれば、4冊ぐらいの本は入手出来るだろう。
しかし、その町との相性というのもあるのだし、アンティグアが嫌なら、このまま南へ下ってもいい。
何しろ最初の計画では、僕は2週間くらいで一気に中米を下って南米へ入るつもりだ。
ところが、メキシコには遺跡がたくさんあり、グアテマラシティまで来るのにもう3週間以上かかっている。
スペイン語は日本でフランス語をやるついでに勉強していた。
ここへ来る前も、スペインのバルセロナで、スペイン語学校に通っていた。
今までの旅行でもスペイン語で苦労した事はない。
無理にわざわざアンティグアで、またスペイン語を勉強することもないんだ。
そうなれば、このまますぐに南へと下ってもいい。
だから、まずは、グアテマラシティに宿を取ってちょっとアンティグアに顔を出せばいい。
アンティグアの町の様子を偵察してみる、というのが慎重な(気の小さい)僕の考える事だ。
まずグアテマラシティで宿を捜すことにした。
「シューストリング」で推薦の「Hotel Centro-America」を見つける。
部屋があるかどうか聞くと、「午後1時に来い」との返事。
これは「とっととアンティグアへ行け」との神のお告げだね。
アンティグアへ行くバス乗り場を尋ね歩き、Calle 18×4a Avenidaからバスに乗る。
バスは一列5人掛けで右に2人、左に3人乗れるようになっていて、通路は狭い。
料金は1Q。
途中の山道からグアテマラシティを見下ろしながら、約1時間でアンティグアに到着。
着いたのは市場の横だ。
まだ午前10時。
バスを降りてとにかく一番近い宿を捜すことにする。
バスを降りて、セントロへと向かう石畳の道をちょっと歩く。
途中に"Posada Refugio"という安宿を見つけて入って行く。
聞くと、シングルが一つだけ空いていた。
窓のない薄暗い部屋だが、文句を言うと「明日になれば別のへやが空くから、変えればいい」との返事。
一泊シングルで水シャワーとトイレが付いて8Q(400円)。
まあ、いいさ。
今日はアンティグアを軽く歩き回って様子を見るだけだ。
腰を落ち着けると決めたあとで、いい宿をさがせばいい。
部屋を決めて荷物を置き、石畳の道を歩いて、ソカロ(中央公園)へ行くと、ソカロに面して観光案内所があった。
愛想のいいおじさんと姉ちゃんがいる。
ここで町の地図とスペイン語学校のリストをもらう。
アンティグアは、早い話がスペイン語学校だらけだ。
町の中心のソカロには、欧米人の若者の姿が多い。
観光客もいるだろうが、スペイン語を勉強中の人が多いみたいだね。
観光案内所から出るとすぐに、日本人のカップルが歩いてくるのに会った。
男の子は背が高く誠実そうで、女の子はほっそりとしてかわいい感じだ。
話しかけると、彼らもスペイン語の勉強中だという。
そういえば横にグアテマラ人の女の子が2人いる。
彼女たちが先生らしい。
やはりここは日本人がスペイン語を勉強するところなんだね。
ちょっと話してみたが、この二人はなかなか話が面白そうだ。
こういう連中ばかりなら、ちょっと長くいてもいいかもしれない。
2人に日本人が集まるという、日本レストラン「ZEN」の場所を聞く。
ついでに、授業が終わったらZENで会う約束をする。
ずいぶん日本人集団とは接触していないが、ここの連中はどんな風なのだろう。
遺跡を見るのも面白いが、人間を見るのは実はもっと面白いのだ。
遺跡見物をちょっと休んで、人間観察に切り替えてみることにしようかしら。
それに移動の連続で、少し疲れてもいることだし。
xxx

中米南下

「ホテル加宝物語」1989 南米ルート 中米北上
world

index

xxx